25歳からチャレンジできること5つ!人生の転機になる年齢だからこそ挑戦をしてみよう

自分磨き最終更新日:2019年7月9日

25歳という年齢はまさに人生の転機といっていい年齢です。

周囲には結婚、出産、転職など、ライフステージの変化を迎えた知り合いもパラパラと現れ出す時期です。

自分自身のことを見つめ直す機会も多くなってきたのではないでしょうか。

20歳を超えて大人として見られ、30歳という年齢も近くに見えてきたこの年代だからこそ新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

そこで今回は25歳からチャレンジできることをご紹介します。

チャレンジする女性

転職し新しい職場にチャレンジ

仕事をしている人は、一日の時間が仕事で終わってしまうこともあるでしょう。

何も社会について知らない学生時代のうちに思い描いていた仕事と、今の仕事にギャップを感じている人もいるのではないでしょうか。

もし、自分の姿を客観視してみた時に、就いている職業について違和感を感じているとしたら、今の経験がなりたい自分の将来像にとって何の糧にもならなさそうであれば仕事を思い切って変えてみることも人生の転機になります。

25歳であれば、最初に就職した会社でもそろそろ仕事が慣れてくる頃です。

責任のある仕事や後輩の教育も任される年代になってきていて、仕事に面白さを感じている人と、ルーチンワークになってしまい自分のスキルアップを感じられない人に分かれて行きます。

もし仕事にやりがいを感じられなくなったら、違う職種にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

思い切って気になっていた仕事をスタートさせることで、仕事に対する意欲も向き合い方も違ってくるでしょう。

また、今まで経験したことのない分野にチャレンジすることで、自分の思わぬ才能を発揮することもできるかもしれません。

まずは自分が何をしたいのか、十年、二十年後の将来どうなっていたいのかという点から考え始めるといいでしょうか。

ワーキングホリデーに出る

海外に出かけると今までの価値観が変わったり、新しい世界が広がることが多いと言われています。

ですが、単に勉強しに行く留学ではなく、ワーキングホリデーに出かけてみるのもいいでしょう。

多くの場合、ワーキングホリデーの年齢制限は30歳までとなっています。

25歳以上の年齢でもワーキングホリデーを体験することもできますが、海外で働く経験をその後の仕事に活かそうとすれば帰国後に仕事を探す上でもハードルの低い25歳頃が妥当な年齢と言えるでしょう。

お金を稼ぎながら海外に滞在することで、海外で働くことの厳しい現実も分かります。

語学の壁や文化の壁など、きっと想像以上の困難が待ち受けていることでしょう。

しかし、その壁を乗り越えた先に、人としても一回り成長して戻ってくることができます。

また、ワーキングホリデーは結婚後にはなかなかできないことです。

旦那を置いて数ヶ月〜1年近く海外で一人暮らしをするのはとても寂しいですし、まだワーキングホリデーという文化がそれほど浸透していない日本では親戚や周囲の目も気になることもあります。

ましてや子供がいるのであれば、ほぼ難しいと言えるでしょう。

まだ結婚を焦らなくてもいい自由な年代、25歳という年齢が妥当です。

さらに、ワーキングホリデーはレストランでのサーブや観光ホテルでの勤務など肉体労働も多いので、まだ体力に自信がある20代のうちがいいでしょう。

婚活をスタートさせる

25歳はまだ結婚を焦るような年齢ではないですが、早くに結婚をしたいと考えている人や恋愛から遠ざかっていると感じている人であれば、早めに婚活をスタートさせるのも人生を充実させるための一つです。

結婚を意識する年だと、たくさんの人と出会いたいのが本音ですが、社会人になってしまった途端受け身でいるとなかなか新しい出会いなどないものです。

近年ではお見合いパーティーのような形式以外にも、趣味を通して自然に出会うことができる形式のものもあります。

スポーツを一緒にしたり、旅行にいったり、自分の趣味を広げることもできるでしょう。

そうやって恋愛をすることは、将来いい結婚に結び付けるために必要なことです。

さらに婚活市場では20代半ばはかなりのアドバンテージと言えるでしょう。

20代のうちは自然に恋愛をしたいと思い、30代になってから婚活を始める女性は少なくはありません。

どうしても若い女性の方が人気になりますので、早めに婚活をすることは決して損になることはないのです。

恋愛から遠ざかってしまうと結婚したいという意識も遠ざかってしまうので、将来家庭を築きたいと思っている方は、25歳から婚活にチャレンジしてみることをオススメします。

将来に結びつく資格を探す

終身雇用という形態が崩れつつある近年では、新卒で就職しても正社員で働けない人が増えています。

契約社員や派遣社員だといつ仕事がなくなってしまうか、不安になる方もいるでしょう。

そして、転職が当たり前になっている現代では、学生時代よりも就職してからの方が長く働いていける仕事を探すケースが多くなっています。

今の雇用形態にこだわらず、生涯働き続けるためにも、転職市場に置ける自分の価値を上げて行く必要があります。

もし、何から始めたら良いかが分からないという方は、25歳から将来に結びつく資格を取得するのもオススメです。

看護師や介護士などの医療系は、しばらくは無くなることがないと言われています。

景気の変動にも影響しにくくこれらの資格は社会人になってからチャレンジする人も多いので、一生働ける仕事の資格としても最適なので、一つ保険として持っているのもいいでしょう。

また、税理士や会計士という仕事も将来独立できる可能性が高いので、人生を充実させる資格としてふさわしいでしょう。

こういった資格はかなりハードルが高く、学生時代に学んでいた方でも、もう一度しっかりと勉強し直すことが必要になります。

年齢が高くなれば高くなるほど学習していた期間にブランクができてしまうので、できるだけ学生時代に学んだ知識を活かすことができる期間で取得するようにしましょう。

運動を習慣化してみる

20代半ばになると、10代や20代の前半と比べて新陳代謝が下がってくることにより、太りやすくなります。

昔は何もしないでも細い体をキープできていた人でも、同じような生活習慣を続けることにより、確実に体のラインが変わって来ます。

また、同様に体力の衰えを感じることも増えてくるでしょう。

この状態は、年を重ねるごとにどんどん悪化していきます。

つまり、運動を始めるハードルもどんどん上がっていくのです。

健康に気を使う必要が出て来て、さらにハードルの低い今が運動を習慣化するには良いタイミングと言えるでしょう。

道具もいらず手軽に始められるウォーキングやランニングから始めるのも良いですし、今若い女性の間で流行っているヨガやピラティス、ジム通いも女子力向上に繋がるのでオススメです。

形から入りたいという人は、可愛いウェアを揃えてテニスやゴルフをするのも良いでしょう。

これらの人気スポーツは、社会人になってからでも新しいコミュティを広げることにも役立ちます。

最近では、サイクリングやボルダリングといった、男性のするイメージの強いスポーツも人気が出ています。

ぜひ、お気に入りのスポーツを見つけてみてください。

充実した20代にするためにチャレンジしよう

20代を充実させるということは、その後の人生を豊かにするための一歩に繋がります。

20代の折り返し地点に来ている今、もう一度自分の人生を見直してみる、というのは決して大げさなことではありません。

今の自分に必要なことは何か、きちんと見定めた上で、新しい世界に足を踏み入れてみましょう。

 

    「25歳からチャレンジできること5つ!人生の転機になる年齢だからこそ挑戦をしてみよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く