20代社会人女性が始めたい趣味8つ。和な習い事で知的さを身につけよう

自分磨き最終更新日:2019年6月18日

20代は一生のうちでも最も女性が輝く年代とも言えます。

特に働く社会人の女性にとっては、仕事にプライベートにと、ビビットな毎日を送っていることでしょう。

日々忙しく過ごしているそういう女性のために、人生をより充実させるためにオススメの趣味をご紹介します。

キーワードは「和」です。

和食を極めて胃袋をゲット

最近若い女性の間で「和」に関する趣味が人気になっています。

ひと時代前までは「和の趣味」というと「古臭い」「年寄じみている」というイメージが強かったのですが、今はむしろ新しくオシャレな趣味という印象に変わりました。

そこで趣味としてまずオススメしたいのが「和食作り」です。

料理は生活する上で必要なスキルの一つです。

洋風が好きという人もいるでしょうが男性はやはり家庭的な肉じゃがや味噌汁、魚の煮物といった「和」の料理に心ひかれる人が多くいます。

色んな和食を研究し、薄味から濃い味のものまでさまざまな献立を20代のうちに作れるようになっておくと、健康にも良いですし人生において役に立ちます。

料理上手という評判がつくことで理想的で素敵な彼氏との出会いもあります。

料理を苦とするのではなく、楽しく趣味として作ることができると良いですね。

和菓子作りで女子力アップ

和風の料理も良いですが、料理は少し難しいと感じる場合には和のスイーツ作りをはじめてみてはいかがでしょうか。

スイーツ作りだとあまり包丁は使いませんし、不器用な人にも始めやすいですよ。

ケーキやチョコレートなどの洋菓子ももちろん人気ですが、社会で働く大人な女子には、和菓子作りがオススメです。

市販のものではなく豆からあんこを作ったり、餅菓子や練りきりなどを一から自分で作りあげる楽しみは格別です。

和といっても饅頭やお団子、寒天などさまざまな種類のお菓子があるので、自信がない人ははじめは簡単なものから挑戦してみるのもいいでしょう。

ほかの人があまり手を出さない領域だけに、女子力アピールのためにも効果大と言っていいです。

自分のためだけに作ってももちろん良いですが、腕を磨いて友人や職場の人にもお裾分けできると話も盛り上がり、より作る楽しみが増えるので大変オススメですよ。

和裁で女性としての魅力度を高める

洋裁が好きで、自分で小物や服を生地から作ることを趣味にしている女性は珍しくありません。

女性にとって裁縫のスキルを身に着けておくことは、人生において何かと役に立ちますし、女子力アップには欠かせないジャンルと言っていいでしょう。

そこで和のスイーツと同様、裁縫もあえて周囲の人がやっていないような和裁にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

和装というと着物が思い浮かびますが、他にも自分で着るために夏祭り用の浴衣を縫ったり、彼氏のために浴衣を手作りしてあげたりするのも良いですね。

市販されている浴衣をプレゼントされたことがある人はいるでしょうが、彼女から「手作りの浴衣」を作ってもらったことのある人はなかなかいないはずです。

手作りの浴衣をプレゼントすると、きっと「凄いね」「手先が器用だね」と誉められること間違いなしです。

裁縫も女性の趣味として、実用的でかつ魅力的なものです。

お城めぐりで知的かつアクティブになる

「歴女」という言葉も今やすっかり定着しました。

歴史好きの女性、特に戦国武将にハマる女性を称して「歴女」と呼んでいますが、趣味としてオススメしたいのが「城めぐり」です。

社会人女性の強みは、趣味にある程度お金をかけられるということでしょう。

日本全国を「お城」をテーマに旅行するというのは、知的かつアクティブな、20代女性にぴったりの趣味です。

この趣味を通じて交友関係を広げることもできますし、男性との出会いのチャンスも増えるにちがいありません。

お城や歴史好きな男性だけでなく、旅行好きな男性とも会話が盛り上がることでしょう。

お城を巡ることでその地域の勉強もできますし、一石二鳥の趣味と言えますね。

仏像鑑賞で知的で精神的な向上を目指そう

お城巡りもいいですが、さらにマニアックな趣味として仏像鑑賞もオススメです。

数年前には阿修羅像が話題になり、特に若い女性が展覧会に殺到したというニュースが紹介されていました。

仏像の新たな魅力を今の女性たちが発見したと言っても良いでしょう。

先入観なしに直感的にものごとの本質をとらえる女性ならではの発見です。

専門的な知識がなかったとしても、仏像を心の目でみることは知的で精神的です。

人から一目置かれる趣味と言えます。

書道やペン習字で教養の高さを見せよう

現代の日本人共通の弱点は「字」を書くことではないでしょうか。

結婚式などの受付で筆ペンを渡され、上手に書けずに困って恥ずかしかったという経験をした人も少なくないはずです。

毛筆だけでなく、文字を書く機会そのものが減っているために「字が下手」と自覚している人が増えているのです。

そこでオススメしたいのが、趣味としての書道やペン習字です。

最近は若い女性の書道家が注目されたり書道ガールズが話題になったりと、書道にかかわる女性も増加しています。

こういうものはできるだけ若いうちに始めたほうが効果がありますから20代の今こそ、始める適期と言っていいでしょう。

何かの書類など直筆が必要なとき、キレイな字を書くことができると周囲からの印象もよくなります。

汚い字よりもキレイな字を書けるほうが、自分自身でも書いていて気持ち良いですよね。

茶道で礼儀作法と集中力を学ぶ

20代にもなったら、きちんとした正しい礼儀作法を習得したいと考える人も多いでしょう。

そんな人にぜひオススメしたいのが茶道です。

茶道では「お点前」などの作法はもちろん、基本的に正座をして取り組みますので自然と背筋がピンとなり姿勢が良くなることが期待できます。

さらに相手にお茶をたてることで、日本独特の「おもてなし」の心を自然と学ぶことができます。

細かい作法にはじめは戸惑うこともあるかもしれませんが、茶道では日常生活では自然に身につきにくい和室でのマナーなど、たくさんのことを学ぶことができます。

動作が優雅に、そしてキレイになりますので自分を輝かせることができる素敵な趣味だと言えますよ。

8.空手や護身術で心身を鍛える

今の時代、女性を狙った痴漢や強盗などの犯罪が増えています。

特に仕事で帰宅が遅くなる女性は帰り道などに怖い思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

防犯ブザーなど自衛するものを持つのも一つの手ですが、それに加えオススメしたいのが空手や護身術で自分を鍛えることです。

専門の道場などに通い、プロから指導してもらうことで鍛えるのもよいですし、身近に知識のある方がいれば教えてもらってもよいでしょう。

趣味として長く続けていけば心身ともに鍛えられますし、もしものときには必ず役に立つはずです。

自分の身は自分で守る、そんな強い女性になりたいですね。

財力と体力がある20代から趣味を始めよう

20代の働く女性は、ある程度の財力と体力がありますので、かなり幅広い趣味に挑戦することが可能です。

上記を参考に、いくつか気になるものをピックアップしてみてください。

自分のためだけに力を注げる20代だからこそ、後々の自分の役に立つ趣味を見つけ、充実したよりよい人生を実現してください。

 

    「20代社会人女性が始めたい趣味8つ。和な習い事で知的さを身につけよう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/06/11(月) 12:07

    5の書道が気になります。大人になってからというもの案外人前で文字を書く機会が増え、その度に恥ずかしい思いをしています。誰も見てないし気にしなくても良いとは思うものの、やはり字が綺麗な人って憧れます。

  2. 2. nori2018/06/13(水) 16:47

    あんこ作り好きです。手作りあんこでおはぎを作ってプレゼントすると喜ばれました。今度は和裁にチャレンジしたいです。浴衣を作れたらかっこいいですね。

この記事への感想を書く