編みこみ初心者が簡単に編み込みを行う方法。ヘアアレンジのレパートリーを増やそう

最終更新日:2015年5月1日

編み込みって難しそうなイメージがありますよね。
三つ編みならできるけど編み込みは…と思っている人も多いと思います。
そんな人のために編み込みの手順をご紹介します。

1.編み込みの準備をする

初めて編み込みをするときはきちんと髪の毛をとかしておきましょう。
そして使うものを準備しましょう。

使うものはゴムとくしです。
ゆわくゴムの他にもう1つ編み込む時に編み込まない方の髪の毛を束ねておくゴムを用意します(ヘアクリップでも可能です)。

その他霧吹きもあると便利です。
髪の毛の質によっては必要ない人もいますが髪の毛がサラサラして束ねにくい人は少し濡らしておくと髪をまとめやすくなります。


2.編み込む場所を決めて髪をわける

まず、編み込みをする場所をきめます。
編み込みをする場所によって髪をとる量など違ってきます。

最初は前や横の部分的な編み込みからはじめると練習になると思います。
後ろでの編み込みは髪の毛全部を編み込んでいく場合が多いので最初は難しいです。

場所を決めたら編み込む部分と編み込まない部分をわけます。
くしの持ち手の先端の部分で髪の毛を分けるときれいにわかれます。

編み込まない部分はゴムでゆわいておくかヘアクリップでわけておくと編み込みがしやすいでしょう。


3.表編みの編み込み

編み込む部分の髪の毛の束から最初に編み込む分だけくしですくいます。
この時最初にすくう毛は編み込みの土台となるので比較的しっかりとりましょう。

すくった髪の毛の束を3つにわけて、3つに分けたもので三つ編みを1つ作ります。
3つのうち両端の髪の毛の束を編み込んでいきます。

2つ目の三つ編みを作るとき、一方の端の髪の毛の束を三つ編みの要領で中央にもっていきます。
今度はその後に今もっていった毛束の下の毛をあいている手であらたにとって中央にもっていき最初にもっていった毛束といっしょにします。

同様にもう一方の端の髪の毛の束も中央にもっていきその毛束の下の毛をあらたにとって中央にもっていき一緒にします。
これを繰り返していきます。

編み込んでいる時のポイントとして編み込んでいる毛束を比較的下にむけて少しひっぱるような感じに編むとたるまずきれいに編み込みができます。
上にむけて編み込んでいくとしっかりと編み込むことができず仕上がりがあまりよくありません。

この作業を繰り返していき編み込む毛がなくなったら残りの毛を三つ編みにして下の方まで編んでいきます。
最後にゴムでゆわえれば完成です。


4.裏編み込みの方法

編み込む部分の毛の束から最初に編み込む部分の毛束をすくいます。
ここまでは表編みと一緒です。

3つに毛束をわけて顔側に近い毛束を中央の毛束の下にくぐらせて中央にもっていきます。
中央の毛束が顔側にきました。

次に逆側の端の毛束を中央の毛束の下にくぐらせて中央にもっていきます。
最初に顔側にあった毛束が逆端にきました。

次に編み込みを始めていきますが、3つの毛束を右手で混ざらないように持ちかえます。
そしてまた顔側の毛束を中央の毛束の下にくぐらせて中央にもっていきますが、その際に左手で毛束の下の毛をあらたにとって右手で持っている顔側の毛束と一緒に中央にもっていきます。

同様に3つの毛束を左手で混ざらない様にもちかえて逆側も端の毛束の下の毛をあらたにとって一緒に下にくぐらせ中央にもっていきます。
これを繰り返していきます。

その際、編み込みながら編み込んだ毛束の量をみて取っていく量を調節してください。
取りすぎると編み込みがどんどん大きくなってしまいバランスが悪くなります。

編み込む毛がなくなったら手順4と同じように残りの毛は三つ編みにしてゴムでゆわいて完成です。

コツをつかんで編みこみを加えたヘアアレンジのレパートリーを増やそう

表編みは新たにとった毛を中央の毛束の上から中央にもっていく、裏編みはとった毛を中央の毛束の下にくぐらせて中央にもっていくというのが違う所であとはほとんどかわりません。
三つ編みを片方の手でもってもう一方の手ですくって編み込んでいくという動作は最初は難しいかもしれませんが、慣れてきます。
編み込みのコツをつかんでいくと色々な部分の編み込みができるようになります。

のばしかけの前髪などを編み混むとじゃまにならずかわいくアレンジできます。
ただ、のばしかけの髪は裏編み込みよりは表編みの方がきれいに仕上がります。

裏編みは三つ編みがうきあがるような仕上がりなので短い毛があると三つ編みの途中部分からはみだしてきます。
表編みだと全体的になじんでいくような感じなので目立ちにくいのです。

両サイドの編み込みはガーリッシュなイメージに、後ろで全部の毛を編み込んでいくと落ち着いたイメージになったりと雰囲気を変えることができます。

コツをつかんでヘアアレンジのレパートリーを増やしていきましょう。