30代女性が今のうちにやるべきこと3つ!40代、50代の人生に向けての準備

最終更新日:2014年10月28日

30代女性が絶対やっておくべきことというのは、一体なんでしょうか。

30代は、自分の人生の方向性をまだまだ色々な方向に舵取りすることができる年代です。
その30代女性が、30代のうちに絶対やるべき3つの事についてご紹介します。

1.人生のビジョンを考える

30代女性は、まだ結婚していなかったり仕事に迷いがあったりする年代とも言えます。

逆に言えば、自分が考える人生に向けて、再スタートを切るということもできるのです。

30代女性がこの年代にやっておくべきこととして、自分がどういう人生を送りたいかということをもう一度深く自分に聞いてみて、人生のビジョンを考えるということが大切なのです。

例えば仕事にまい進したいのか、結婚したいのか、それによってライフスタイルややるべきことも随分と変わってくるでしょう。

そして何より結婚して子供を持ちたいのかということ、これは30代女性として真剣に考えておくべきことです。

最近は高齢出産も一般的になりつつありますが、それでも肉体的リミットは否定できません。

何も考えないまま40代に入ってしまい、自分が望む人生とは違ったということにならないように、しっかり考えておきましょう。
自分で考えた結論なら、どういう人生の方向を進むにしても、きっと満足いく人生となるでしょう。

2.人生プランに合わせて必要な貯金をしておく

30代女性が絶対やるべきこととして、自分の人生プランに合わせた貯金をしておくということです。

結婚するにしても一人で生きていくにしても、それに必要なお金というものを貯金しておく必要があるのです。

30代女性は、働き盛りでもありますから、手にする収入のある程度を、必ず貯金しておきましょう。あまり切り詰めすぎてもしんどいですが、比較的貯金をしやすい30代で貯めておくということは、将来のあなたを必ず助けてくれることにつながります。

また、それに合わせて収入アップにつながりそうなスキルを身に着ける努力をしたりするのもよいでしょう。特に独身女性は、時間も収入もかなり融通がきくことがおおいので、ここで頑張って貯金をしたり、スキルを身に着けておくべきです。

3.将来を考えて体調管理を徹底する

30代女性は、まだまだ見た目も若く、無理もききます。

しかし、実際は白髪がちらほら出始める人もいますし、冷え症がひどくなって老化を感じ始める人もいるでしょう。

30代女性が絶対やるべきこととして、体調管理を徹底するということが必要です。この年代から体調管理を意識しておくということは、40代や50代になって必ず役にたちます。

年に一回の健康診断だけでなく、定期的にヘルスチェックをしたり、スポーツジムなどを利用して運動不足を解消しましょう。

また、必要に応じて保険に入っておくということも大切です。病気になってからでは保険にも入れませんので、健康である30代からそういう準備を整えておく必要があるのです。

30代の準備が今後の40代、50代の人生にいきてくる

30代女性がこの年代で準備しておくことは、必ず40代や50代で役に立ちます。自分の将来に対して備えをするということは、あなたの人生が素敵なものになる一歩につながるのです。