3回以上肉体関係を持っているのに告白されない時の対処法

最終更新日:2016年2月23日

特定の男性と3回以上肉体関係を持っているのに男性から一向に告白してこないということも時にはあります。

これは女性にとって大変不安なことですしこのまま関係を続けていいものか、迷うことも少なくないでしょう。
そうした状況に置かれた女性のために、おすすめの対処法を5つご紹介します。

1.次回の誘いは断り、彼氏の反応を見る

最初の対処法は少し距離をおいてみるという方法です。

肉体関係が3回以上になっても、男性から何も言ってこない場合は、
その次の誘いの時一度断ってみましょう。

「そんな気分になれないから」とか、「なんだかちょっと、距離を置いてみたいから」というようなあいまいな理由をつけて断りましょう。

その時、彼氏がどんな反応をするかで、彼氏の心理を見極めるのです。

彼の返事の仕方や表情、熱意の表現などによって、
彼が自分のことをどう思っているのか何が目的で肉体関係を持ってきたのか、計ることができます。

2.直接、真意を問いただす

「そういうやり方はまだるっこしい」という方は、直接彼氏に真意を問いただすという方法を取るといいでしょう。

いったいどういうつもりで関係を求めてきたのか、今はどんな気持ちでいるのか、ダイレクトに質問するのです。

問題解決には、もっとも手っ取り早い方法ですが、男性に引かれてしまう恐れもなくはありません。ですから、「絶対に関係を壊したくない」と思うような男性の場合は、使わないほうがぶなんな方法と言っていいでしょう。

「とにかく事態をはっきりさせたい」という方におすすめします。

3.そういう目的のつきあいだと割り切る

その男性に対してそれほどの情熱を感じていないのなら「結局、彼氏はそういう目的のつきあいを求めているのだ」と解釈、判断し、こちらもそのつもりでつきあうという対処法もあります。

関係を断るのも嫌だし、直接真意を確かめる勇気もないという女性におすすめです。

4.自分から告白する

彼氏に対する愛情が強い場合は、思い切ってこちらから告白してみてはどうでしょうか。

実は彼氏も同じ気持ちでいて、けれど照れ屋な性分のために、口に出して告白することを躊躇している、というケースも大いにありえます。ですから、彼氏がそういうタイプの男性のように感じられたら、自分から告白してみましょう。

すでに3回以上肉体関係を持ってきているのですから、彼氏もある程度の好意は持っているはず。告白の成功率は低くないと考えていいでしょう。

5.きっぱり別れて関係を捨てる

もう1つが悩んだり迷ったりしていないで、あっさり別れてしまうという対処法です。

3回以上もしているのに告白してこない男性には早々に見切りをつけ、別の男性との出会いを求めるのも前へ進むためには有効な方法の一つと言っていいでしょう。

活発で、なんでも白黒はっきりつけたいという性格の女性におすすめの対処法です。

以上、5つの方法を紹介しましたが、彼氏に対する自分の気持ちの強さと、性格に応じて、ふさわしい方法を選択するといいでしょう。