女性が2回目のデートを成功させるためのポイント

最終更新日:2016年2月23日

初めてのデートは、まだお互い緊張があるので、それほど親密になれていない状態です。

しかし、2回目のデートは、少しずつ2人の距離が縮まる大事なイベントです。

ここで気を抜いてしまうと、最初のデートで好意をもってもらえたのに、イメージが良くない方へと変わってしまう危険もあります。

そこで、2回目のデートを成功させるにはどうしたら良いかご紹介します。

1.ファッションの手を抜き過ぎない

初めてのデートは、どんな人でも気合いが入ります。

そのため、張り切って勝負服を着て行く人も多いでしょう。

そこで好印象を持ってもらえたからと言って、2回目のデートでファッションの手を抜き過ぎると失敗します。

2回目のデートは確かに、初めての時よりも2人の距離が縮まっています。

しかし親密になるまでには、まだ段階を踏む必要があります。

そのため、2回目のデートでいきなりどうでも良い普段着で行ってしまうと、最初の勝負服とのギャップがあまりにも激しいため、「だらしない」というイメージに変わってしまいます。

これでは、せっかく2回目のデートにこぎつけても意味がありません。

気合いの入り過ぎたファッションをする必要はありませんが、最低限、女性らしくかわいらしいファッションをするように心掛け、服装に関しては手を抜き過ぎないようにしましょう。


2.いきなり馴れ馴れしくしない

最初のデートである程度仲良くなれたからと言って、2回目のデートでいきなり馴れ馴れしい態度を取ることは感心できません。

2回目のデートでは、まだ2人は完全な恋人同士にはなりきれていないということを自覚しておく必要があります。

特に、相手のことが好き過ぎてしまうと、「早くもっと仲良くなりたい」「もっと自分のことを知ってもらいたい」と前のめりになり、馴れ馴れしく接してしまう人がいますが、これは好感度を下げてしまう原因です。

相手のプライベートなことを根掘り葉掘りしつこく聞くことも、嫌われる原因です。

「私が私が」という態度や、まだ親しくもないのに恋人気取りをする態度を嫌う人は、思っている以上に多いものです。

まずは相手の話を聞き、相手をリスペクトする謙虚な態度を取ることが大切です。

2回目のデートで節度を持って仲良くなることが、今後良い関係を築いていくことに大きく役立ちます。

3.お酒を飲み過ぎない

2回目のデートでお酒を飲む、という可能性もあります。

この場合、お酒の飲み方には充分配慮するべきです。

2回目のデートに限ったことではありませんが、お酒は飲み過ぎないように気をつけてください。

特に、お酒が弱い人・酔っ払った時の行動に自信がない人は、普段以上に気をつける必要があります。

お酒が入った時、人は、どうしても自分の中の嫌な部分を晒してしまいます。

しかも、本人は無意識にやってしまっており、やった後の記憶がない場合もあるというのが余計に厄介です。

お酒は、「普段は良い人」の人格をも変えてしまう場合があることを心得ておくべきです。

2回目のデートを成功させたいと思ったら、節度あるお酒の飲み方をしましょう。


4.終電までに帰る

2回目のデートがとても楽しかった場合、ついついもっと相手と一緒にいたくなってしまいます。

しかし2回目のデートでは、そこをぐっと我慢しましょう。

どんなに楽しかったとしても、どんなにもっと相手と一緒にいたかったとしても、必ず終電までには帰るように心掛けましょう。

間違っても、気持ちの高揚に任せて、2人で外泊などしてはいけません。

男性は意外と、デートの終盤での女性の態度をしっかり観察しています。

どんなに楽しくてもきちんと終電までに帰る女性は、大人として信用され、本命彼女候補として大切にアty買ってもらえます。

しかし、テンションが上がったままだらだらとデート引き延ばす女性は、「好きという感情に流される安っぽい女性」とみなされ、本命候補からは外されます。

5.お互いが楽しめるようなデートプランを2人で考える

デートで行ってみたい理想の場所はたくさんあるかもしれませんが、デートは2人でするものです。

自分1人が楽しんでも、相手が楽しんでいなければ、デートではなく「こちらのワガママにただ付き合ってもらっただけ」になってしまいます。

そのため2回目のデートでは、行き先を2人できちんと相談して決め、2人が納得するデートプランを立てましょう。

相手の趣味や好きなものを予め聞いておき、相手も楽しめるようなデートプランの提案をすると、相手も喜んでくれます。

相手が出してきてくれたデートプランも、もし自分の理想と違ったとしても、何かの形で生かせるように配慮すると、好感度がぐんと上がります。

2回目のデートを成功させよう

最初のデートで持ってもらえた好感をそのまま継続してもらえるか、そして、少しずつ2人の距離が縮まるかのボーダーラインとなるのが、2回目のデートです。

初めてのデートよりも緊張がなくなってきていることを有効活用して、相手をよく知り、相手とコミュニケーションを取りながら、自分本位ではないデートをすることが大切です。

自分だけでなく、相手も喜ぶデートにすれば、2回目のデートは大成功です。