相手へ愛をきちんと伝える方法とは。愛していることをきちんと伝えよう

恋愛 夫婦生活最終更新日:2018年4月28日

あなたは自分が愛する人へしっかりと「愛」を伝えていますか。

愛する恋人、大好きな家族、大切な友人など、あなたが愛を伝えたい人はたくさんいるでしょう。

しかし、人はしっかりと意識しなければ愛を伝えることをおろそかにしてしまいがちなものです。

愛を伝えると言ってもどうすればいいかわからない…という人もいますよね。

そこで今回は、相手への愛を伝える方法をご紹介します。

1.相手が喜ぶことを進んでしてあげる

相手への愛を伝える方法として一番効果的なことは、相手が素直に喜ぶことを考えてそれを実行してあげることです。

相手にとって何をしてもらうことが嬉しいのか考えること、それを実際にしてあげること、それが相手への愛です。

例えば仕事で疲れて帰ってきている恋人にご飯を作ってあげること、体調が悪い家族のために普段やっている家事を代わってあげることなど、相手が本当に喜ぶことをしてあげることが大切です。

そしてそれは「更にこんなことをされたら嬉しいと思うだろうな」と思ったことをプラスアルファしてあげるともっと効果的だと言えるでしょう。

ただご飯を作るのではなく、相手の好物に挑戦してみたり、工夫を凝らしてみるなどしてみると、相手は喜び「自分は愛されてるんだなあ」と実感することは間違いなしです。

2.好きだということを率直に伝える

相手に愛を伝える方法はたくさんありますが、何かをして間接的に伝えるよりもしっかりと言葉にして率直に愛を伝えることが必要になることもあります。

普段から感情表現が乏しい人や、恥ずかしがり屋の人などは、その人に対してどんな思いを抱いているのか、なかなか素直に伝えることは少ないでしょう。

自分はその人のことを愛していても、それを伝えようとしなければ相手は愛を感じ取ってくれないことは多いのです。

相手に愛を感じているのでれば、定期的にその愛を率直に伝える機会を設けましょう。

相手と接していて、相手のことを愛おしく思うことはあるはずです。

例えば、恋人がデートで自分をエスコートしてくれて、その姿をかっこいいと感じたとき、あなたは恋人のことを愛おしく思うはずです。

そんなときはしっかりと自分の愛を、つまり相手のことを好きだということを伝えましょう。

愛は自分が思っている以上に自然に伝わるものではないので、時として率直に伝えようとすることが非常に大切です。

3.相手の好きなところを伝える

愛を伝える際に必要なのは、自分がなぜ、どれだけ相手のことを想っているのか、具体的な言葉や行動です。

上では直接愛を伝えることが大切とお話ししましたが、そのとき単純にただ好きだと言うよりはなぜ相手に愛を伝えたいのか、相手のどこが好きだと具体的に示すことが大切です。

なぜなら、具体的に愛を伝えてもらうことで、相手は「自分のことをしっかり見てくれている」という気持ちになり、より愛を感じてくれるからです。

まずは、一度冷静になって自分は相手のどんなところが好きなのか考えてみましょう。

顔なのか、人格なのか、生き様なのか、なんとなくの雰囲気なのか、自分が感じている相手の魅力はたくさんあるはずです。

ぼんやりとその人に愛を感じているだけでは、いざ具体的に好きと言う気持ちを伝えようとしても、自分はその人のどんなところが好きなのか分からないことも多いかもしれません。

しかし、その人に愛を伝えたいのなら、冷静に考えれば自分が感じているその人の魅力というものが自然とわかってくるはずです。

4.相手の体調や気分を気遣う

愛がない相手のことについては無関心かもしれませんが、自分が愛おしく思っている人の安否はいつでも気になってしまうものです。

元気にしているかどうか、つい過剰に心配してしまったり、少しでも体調が優れなければ何か病気なのではないかと焦ってしまう気持ちもありますよね。

そんな気持ちを「相手への気遣い」として相手に伝えると、相手は「こんなに心配してもらえるなんて、愛されているなあ」と感じてくれることが多いです。

愛があるからこそ、その人に元気で、健康でいてもらいたいという気持ちを感じ取ってもらうことが大切です。

ただし、このとき注意しなければならないのは、この心配が相手にとってストレスではならないようにすることです。

過剰な心配や気遣いは、監視や束縛と捉えられてしまうことがあります。

あくまで体調を気遣っての言葉だと認識してもらうようにすることで、相手のストレスにはならず、愛を感じてもらえることでしょう。

相手へ愛を伝えよう

特に付き合いの長い友人や、生まれたときから一緒にいる家族などは、自分の愛を伝えることをさぼってしまいがちです。

愛を伝えることは関係性を円滑に保つために非常に大切なことです。

そして、伝えた愛は相手がしっかり受け取ることで、今度は相手が愛を伝えてくれるでしょう。

愛を伝えることは関係性を向上させてくれるのです。

面倒臭がらず、自分の愛を素直に相手へ伝えていきましょう。

 

    「相手へ愛をきちんと伝える方法とは。愛していることをきちんと伝えよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。