バーテンダーの彼氏を持つことのメリットとデメリット5つ。話し上手でも浮気の心配がある

彼氏を作る 恋愛最終更新日:2019年6月29日
バーの店舗

夜のきらびやかな世界で、オシャレなカクテルを作るバーテンダー。

そんなバーデンダーがあなたの彼氏になったらどうしますか?

友だちにも自慢できますし、やはり憧れですよね。

しかしバーテンダーの彼氏を持つのも、いいことばかりではありません。

今回はバーテンダーの彼氏を持つことのメリットデメリットをご紹介します。

メリット1:バーテンダーの彼の事を友だちに自慢できる

自分の彼氏がバーテンダーならば、オシャレでかっこいいですよね。

バーテンダーは「そのバーの顔」とでも言うべき存在ですので、基本的にはかっこいい人が多いはずです。

いわゆるイケメンではなかったとしても、雰囲気がかっこよくヘアスタイルやファッションなどもオシャレな人が多いでしょう。

また、それだけでなくバーテンダーは身なりに気をつけている人が多いので、友だちにも自慢したくなりますよね。

かっこよくてオシャレな身なりで、さらに身のこなしなんかもスタイリッシュなバーテンダーは、もうそれだけで「自慢の彼氏」になります。

また、バーテンダーは専門的な知識が必要な職業でもあります。

女性は専門性のある男性に弱いので、友だちを彼氏のお店に連れて行って、慣れた感じでお酒を作っている彼氏の姿を見せるだけでもかなりの優越感が味わえるはずです。

メリット2:バーテンダーは話し上手聞き上手

バーテンダーは接客業です。

カウンターをはさんでお酒をつくりますので、お客さんとも近い状態で話すことが多いですし、基本的にお客さんはお酒が入っているのでラフに話しかけてくれることも多いでしょう。

そのため、バーテンダーの男性は他の男性よりも人の話を聞くということに慣れています。

ただ単に話を聞くだけではなく、ちょうどいいタイミングで相槌を打ったり、もっとしゃべりたそうにしている人の話をうまく引き出したりすることもお手の物です。

そういったことが職業の一部でもあるため、必然的に人の話を聞くのがプロ級にうまくなるのでしょう。

男性は女性の話を聞くのが苦手な人が多いのが一般的ですが、バーテンダーの男性であれば、あなたの話もうまく聞いてくれますし、話下手な相手にはうまく話を聞き出してくれるので、会話がなくて気まずいということもありません。

また、話を聞くだけでなく自分から話をするのも得意な人が多いのがバーテンダーの特徴です。

無口だけれどだれかと何かをしゃべりたくてバーにやってくるお客さんは、案外たくさんいるものです。

そういったお客さんに対応するために、しゃべりの技術を磨いているバーテンダーは少なくありません。

さらに、さまざまなお客さんとしゃべる機会のあるバーテンダーは話の引き出しがとてもたくさんあります。

話題が豊富ですし、さまざまなジャンルに対してとても詳しい人が多いので、話をしているだけで楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

デメリット1:勤務時間が夜なので、会える時間が少ない

お酒を作る職業なので、もちろんバーテンダーの仕事は基本的に夜に行うものです。

あなたが同じように夜に働く仕事をされているのならばちょうどいいのですが、ほとんどの女性が基本的に働く時間は、朝から夕方までですよね。

そのため必然的にバーテンダーの彼氏とは全く正反対のタイムスケジュールで生活をするケースが多くなります。

また、バーテンダーは基本的には土曜日や日曜日、祝日なども仕事です。

そうなると休日も合わない場合が多いので、会えるのは基本的にお店の中だけということにも考えられます。

仕事帰りに二人でどこかにご飯を食べに行ったり、休みの日の昼間にふたりで遊びに行くというような生活は、基本的には送れません。

ですから、そういったことは先に理解して、後々付き合った時に彼氏を困らせてしまうようなわがままを言わないように気をつけてください。

デメリット2:女性客との接客もあるので、浮気が心配

バーテンダーはサービス業ですので、ある程度はしょうがないとは思うかもしれませんが、女性客との出会いが多いので浮気が心配だというデメリットもあります。

レストランなどの飲食店などのサービス業よりも、圧倒的に突っ込んだ話をしやすいのがバーですよね。

バーではお酒の力や暗い照明などの力も手伝って、ついついバーテンダーさんに誰にも言っていなかったような秘密を打ち明けてしまいたくなったり、仕事やプライベートでの悩みや愚痴などを聞いてもらいたくなったりしてしまうものです。

あなたの彼氏も、もちろんそういった話を聞いたりするのも仕事のうちですので、女性客に話しかけられれば、楽しげに話さなければいけません。

また、暗い店内でオシャレにカクテルなどを作る彼の姿にときめいているのは、もちろんあなただけではないということを肝に銘じておかなければなりません。

人はお酒が入ると積極性が増してしまうものです。

あなたの彼氏に惚れている女性客が、彼を誘惑してしまうようなこともきっとあるでしょう。

あなたの彼氏がそのような誘惑に負けないかどうかはわかりませんので、あなたはいつまでたってもやきもきしてしまうでしょう。

かと言って、彼氏が浮気をしないか心配なあまり、毎日カレのバーに入り浸ってしまってはいけません。

なぜなら、毎日のようにあなたがいては彼の仕事の支障になってしまうことが考えられるからです。

そうなってしまうと、彼氏からうざがられてしまう可能性もあります。

また、仲のいいお客さんとのメルアドやLINEを交換し、メールをしている姿を見て浮気と思ってしまうような人ならば、バーテンダーとお付き合いするのは難しいでしょう。

なぜなら、バーテンダーである彼にとってお客さんとメールやLINEのやりとりをすることもある程度は仕事のうちだからです。

あなたはそういったことは割りきって、おおらかにお付き合いできるような懐の大きい女性になれるように努力していく必要があります。

デメリット3:両親に紹介しにくい

彼との将来を考えた時に、女性はいつかは自分の両親に紹介したいと考えるものですよね。

しかし年代的に両親に彼の職業がバーテンダーであると話すと、両親が心配したり、なかなか理解してもらいにくかったりするかもしれません。

両親もあなたのことを心配して「もしも今後その人と結婚をして、生活をする時間が全然違うのに大丈夫なのか」ですとか「その人は昼夜逆転の生活をしていて、身体は大丈夫なのか?ちゃんと健康なのか?」などといったことを考えてしまいます。

もちろんバーテンダーに偏見のない方もたくさんいらっしゃいますが、一般的にバーテンダーは正直あまりいい印象を受けにくい職業です。

親としては「娘には出来れば安定した職業についている男性と付き合ってほしい」というのが本音です。

バーテンダーの彼氏を両親にいきなり会わせる前に、あなたがきちんと両親に彼のことを説明しておくと良いでしょう。

良心にもいずれはカレに会ってもらえるように、通常よりも慎重に段階を踏んでいく必要があります。

バーテンダーはステキな職業だけどデメリットも多い

バーテンダーはとってもステキな職業です。

「いつかは付き合ってみたい」と考えている女性も少なくはないでしょう。

しかしバーテンダーと付き合うことにはデメリットもあります。

デメリットを意識しながらも、良いお付き合いができるようにお互いに努力をすることが大切です。

 

    「バーテンダーの彼氏を持つことのメリットとデメリット5つ。話し上手でも浮気の心配がある」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。