彼氏が彼女に冷めてる時の行動や仕草のサイン7つ。あなたへの愛情が薄れている黄色信号を見逃さないようにしよう

恋愛最終更新日:2019年6月5日
彼女に冷めてる彼氏

彼氏から別れ話をされてからですと、ふたりの関係を修復するのはなかなか難しいものです。

そうなってしまう前に普段の何気ない彼氏の行動から自分に対して気持ちが冷めている証拠となるサインが出ていないかを見極めることが大切になってきます。

彼氏からのサインに気づいて早めに対処しておきましょう。

そこで今回は彼氏の気持ちが冷めはじめている事がわかるサインをご紹介します。

1.彼女の話をいい加減に聞くようになった

一般的に女性は男性よりも話をすることが好きで、男性は女性の聞き役になるというケースが多くあります。

付き合い始めたばかりの時に男性が女性の話をよく聞いてくれるのは、女性に興味があり、もっとよく知りたい、嫌われたくないと思いがあるからです。

また彼女の事が好きなあまり、彼女がしている話の内容自体が面白くなかったり興味がないことであったとしても苦痛をあまり感じることもなく、じっくりと傾聴します。

しかし交際期間が長くなっていくと、男性は彼女の方に興味が薄れてきます。

そうなってしまうと、わざわざ自分が興味のない話には付き合わなくなってくるのです。

もしも彼氏があなたの話を聞き流すようになったと感じ始めたら、それは彼氏の気持ちが冷めてるというサインだと言えます。

興味が薄れて来ているので、興味を持ってもらうようにしていく必要があります。

具体的には新しい趣味をはじめてみたり、今よりも少し距離をとるなどです。

そうすることで今でと違うあなたを感じ取り、また興味を持ってくれるようになるはずです。

2.自分が作った料理を黙って食べるようになった時は彼の愛情が薄れているサイン

交際前や交際開始直後は、彼氏は彼女が作ってくれた料理を食べるときには必ず褒めてくれたり、もしも褒めてくれなかったとしても前向きなコメントをしてくれるものです。

美味しい場合にはもちろん「このおかず、おいしいね」と褒めるでしょうし、万が一あなたのお料理が彼の口にあわないという場合でも、あなたのお料理に関心を持ってくれます。

そして、優しい言い方で細心の注意を払いながら「美味しいけれど、もっとこうしたほうがいいかもね、そうしたらきっともっと美味しくなるかもよ」などとあなたの気分を害さない程度に意見をしてくれるはずです。

彼氏があなたの作ったお料理に対してこのようなコメントをしなくなってしまった場合には、彼氏の気持ちが冷めてきているという可能性があります。

なぜなら、あなたが自分に料理を作ってくれていることに対してありがたみを感じていないことが予想できるからです。

またはあなたが自分に料理を作ってくれたことに対して、ありがたみを感じていないどころか何も感じていないという可能性もあります。

あなたが作るお料理に対して関心がなくなってきていて「どうでもいい」とさえ思っているのかもしれません。

あなたとあなたが作り出すものに対して興味が薄れているサインと言えます。

3.彼が休みの日に勝手に予定をいれるようになった

交際開始直後は、お互いにより長く一緒に時間を過ごしたいと思うものです。

長く付き合っているカップルであっても良好な関係であれば、デートの回数や頻度は減ったとしても休日を一緒に過ごしたいという気持ちはあるはずです。

そのため、休日に自分のスケジュールに予定が入りそうになったり、予定が入ってしまったような場合には、パートナーに情報共有をするといった行動を自然と取るはずです。

しかしながら、もしもあなたの彼氏がこの情報共有をしなくなったとしたら、それはあなたに対する気持ちが冷めている可能性があります。

「もし自分の休日に予定が入った事を相手が知っても、なんとも感じないであろう」、もしくは「自分の休日とあいつの休日はもう関係がない」と感じているからです。

4.会社のイベントや、ほかの友人との外出が多くなった

あなたとの予定よりも会社のイベントや、ほかの友人たちとの予定を優先するになったら、彼氏の気持ちが冷めている可能性が非常に高いと言えます。

あなたの彼氏は彼女であるあなたと過ごす時間よりも、他の人たちと過ごす時間の方が楽しいと感じているのです。

彼氏が進んで他の知人や友人と遊ぶ予定を入れはじめたら、注意が必要と言えるでしょう。

また、そのことに対して彼氏があなたに謝ってこなかったり、当たり前のような態度をとってきたような場合には彼氏の気持ちがあなたから離れていっている可能性がとても高くなっています。

5.彼があまり笑わなくなった時は要注意

あなたとお付き合いする前や、付き合い始めたばかりの頃は楽しそうによく笑っていた彼氏が最近はあまり笑顔を見せなくなったのであれば、注意が必要です。

あなたの彼氏はあなたと一緒にいることに苦痛を感じ始めているのかもしれません。

また、あなたのワガママにうんざりしてもう笑顔を見せるのも嫌になったと考えられるからです。

もしあなたの彼氏があなたが楽しい話をしていてもニコリともしなくなったり、一緒にお笑い番組などを観ていても反応が薄くなってしまったような場合は彼氏の気持ちがあなたからどんどん離れて行っている可能性があります。

6.以前よりもボディタッチやスキンシップが少なくなった

男性にとって彼女とイチャイチャしたり、抱きしめ合ったりすることはとても重要なことです。

多くの男性は、彼女と抱き合っているときにこそ幸せを感じるからです。

そんな男性が彼女とのボディタッチやスキンシップを嫌がるようになってしまったら、それはもうふたりにとってはかなり危機的な状況を意味しています。

以前は出かける前に必ず行ってきますのハグやキスをしてくれていたのに、最近はしてくれなくなっていませんか。

他にもあなたから彼氏を抱きしめても抱きしめ返してくれなくなったりした場合は、修復不可能なくらい彼氏の気持ちが冷めていっていることも考えられます。

とても悲しいことですが、彼氏から別れを切り出される前にどうにか手を打ったほうが良いでしょう。

7.あなたの前で彼が身なりを気にしなくなってきた

以前はファッションに気を使っていたり、ヘアスタイルもしっかりと整えていたような彼氏が彼女であるあなたの前では身なりを気にしなくなってきたら、それも黄信号です。

例えばあなたの前では髪の毛をぼさぼさにしていても気にしなかったり、パンツ一丁であなたの家の中をだらしなく歩き回っていたりなどです。

そういった場合は、あなたの彼氏はあなたのことを女性として見ることができなくなってきたという可能性が考えられます。

このような場合は、あなたは自分自身のことも振り返ってみる必要があります。

あなたは彼氏の前でいつもスッピンでいたりしていませんか?

だらしないファッションで、眉毛も描かずに彼氏と一緒に過ごしていませんか?

それが毎日続くようになると彼氏はあなたのことを女性として見ることができなくなってきます。

そのため、彼氏の身なりもどんどんだらしないものになっていくのです。

お互いにお互いがいやになってしまう悪循環におちいってしまいます。

お家デートであったとしても、たまにはばっちりメイクをして彼氏を出迎えたり、ランジェリーを新調してみたりするなどあなたの方も女磨きをがんばりましょう。

彼氏の出す危険信号を見逃さないようにしよう

彼氏はきっとなんらかの危険信号を発信しています。

別れ話に発展してしまわないうちに、危険の芽をつみとりましょう。

そうすることで良いカップルになっていくはずです。

 

    「彼氏が彼女に冷めてる時の行動や仕草のサイン7つ。あなたへの愛情が薄れている黄色信号を見逃さないようにしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。