カップルのベストな身長差は13センチ!二人の視線が合うことが大切

恋愛最終更新日:2014年10月26日

「身長なんて関係ないよ!」と口では言うものの、やっぱり女性なら、男性の背の高さってちょっと気になってしまいますよね。

恋人同士ならばよくあるシーンごとに、カップルのベストな身長差を考えてみましょう。

1.並んで歩いてサマになるのは13センチ差

いきなり細かい数字ですが、きちんと根拠があります。
例えばあなたが身長160センチの女性だとしましょう。

身長差10センチ、170センチの彼とのデートに、あなたはおしゃれなハイヒールを選ぶでしょうか。
ちょっと悩んでしまいますよね。

女性の脚を一番美しく見せるヒールの高さは、身長÷30+2と言われています。
160センチの人なら7センチ強のヒールがベスト。

これでは彼との身長差は3センチ以下になってしまいます。

では、身長差15センチ、175センチの彼ならばどうでしょう。

この場合、あなたがヒールを履いてもなお8センチ近い身長差があります。
女性の頭部の全高は平均約23センチ、8センチといえばその35パーセントをも占める数字です。

そんな彼とあなたの視線はなかなか交わることはなく、お互いに寂しい思いをすることになりそうです。
そうなると10センチでは小さすぎ、15センチでは大きすぎることになります。

そのちょうど中間よりやや大きい13センチが、一緒に歩く彼との最適な身長差といえるのです。

2.熱い抱擁を交わすのにちょうどいい13センチ差

恋人同士なら、熱い思いに駆り立てられて硬く抱きしめ合うこともままあります。
そんなとき、あなたと彼の身長差次第では、あなたの頭の収まりが悪くなってしまいます。

せっかくの抱擁も居心地が悪いと残念ですよね。
ここでも登場するのは13センチ差です。

男性の頭部全高は平均約24センチなので、彼の頭部の半分よりほんの少し下のところにあなたの頭のてっぺんがくることになります。

この身長差なら、あなたがちょっと彼の肩に顎を乗っけてみるにもたやすく、また、甘えてその胸に埋まることも容易にできるのです。

3.座った時には7センチ差程度でも大丈夫

日本人の座高が身長に占める割合は、53.5パーセントだそうです。
あなたが160センチなら座高は85.6センチ、彼が173センチなら92.6センチということになります。

7センチの差なら、あなたは彼を見上げる必要がありません。
彼があなたの頭を撫でてあげたいと感じた時にも、肩や腰に腕を回すのにもちょうどいい差です。

お互いの視線を交えるにも、座っている状態なら7センチ程度の差はなんでもないので安心なのです。

最も恋に落ちやすい身長差は20センチだけれど

「最も恋に落ちやすい男女の身長差は20センチである」という研究結果があるそうです。

しかし、いくら伸びてきたとはいえ日本人男性の平均身長は172センチ前後です。

かたや女性の平均は160センチ弱、おまけにヒールも履きますよね。

可愛い姿も見てもらえて、抱き合うにも座って語り合うにもちょうどいい13センチ差は親しみと見栄えの両方を兼ね備えていて、その上現実的な数字なのです。