整形せずに美人になるために心がけたいこと

最終更新日:2015年2月13日

「美人にはなりたいけれど、整形は恐くてできない」と考えている人はたくさんいます。

「恐い」と思うのであれば、整形以外のやり方で美人になる方法を考える必要があります。
そこで、整形を一切せずに美人になるにはどうするべきかをご紹介します。

1.念入りにスキンケアをするように心掛ける

肌のキレイな人は、それだけで美人に見られます。たとえ、顔の作りがそれ程良くなかったとしても、「肌がキレイ」だと、それだけで女性を美しく見せてしまうのです。なので、美人への第一歩は、徹底したスキンケアです。

スキンケアの化粧品にこだわることも大切ですが、規則正しい生活を心掛けたり、バランスの良い食事を心掛けたりして、肌の良い習慣を身に付けましょう。又、外出する際は、UVケアなども忘れてはいけません。

肌に良い習慣を身に付け、それを繰り返すことで、時間はかかったとしても、美肌は手に入れられます。地道に努力してみましょう。

2.メイクの腕を上げる

女性は、メイク次第でいくらでも変身することができます。メイクの技術があれば、色々なタイプの美人に変身することができるのです。
今はメイクに関する情報もたくさん出ているので、それらを研究し、メイクの腕を上げてみましょう。ちょっとしたコツさえ掴めば、整形級の変身ができます。

「メイクの技術に自信がない」という人は、デパートのコスメカウンターなどに行き、1度プロにメイクしてもらい、コツを勉強してみることもオススメです。他人からメイクしてもらうと、いつものワンパターンメイクからも抜け出せて、新しい発見もできます。

そして、毎日の生活の中で行うメイクを適当に行わず、きちんと意識して行ってみましょう。そのことが、メイクの腕を上げるための練習になるのです。

3.明るい表情を心掛ける

顔かたちが生まれつき良くても、表情が乏しかったり、暗い表情の人は、魅力が半減してしまいます。逆に、顔かたちがそれ程良くなかったとしても、表情が魅力的だったりすると、それだけで美人に見えてしまうものです。美人になりたい、と願うならば、まず大切なのが表情です。

笑顔を筆頭に、明るい表情をするように心掛けましょう。それだけで自分を取り巻く空気が変わってきます。1人になった時に、鏡を見ながら自分の表情を研究し、明るい表情を自分の顔に刻み込んでしまいましょう。

恥ずかしがり屋の人は特に、「明るい表情をする」ということを、最初は気恥ずかしく感じるかもしれません。でも、何度もトライして、その表情を自分のものにしてしまいまそう。明るい表情を完全に自分のものにすると、自然に明るい振る舞いができるようになります。

心にも余裕が生まれてくるので、オススメの方法です。

4.美しいものに親しむ

日々美しいものに親しんでいる女性には、独特の美しいオーラがあります。「美人になりたい」と思ったら、このオーラをまとう努力が必要です。
芸術や花など、日常生活の中で意識しながら美しいものに囲まれると、いつしか自分自身も美しくなっていきます。家の中にそれらを取り入れる余裕がないという人は、文化財や芸術施設・公園などに足を運んで気分転換をしましょう。

そのようにして美しいものに親しむ習慣ができると、自分の中にも美しいものの波動が吸収されるようになります。また、美しいものに触れることで心が癒され、精神的に余裕も生まれます。

そうすると、女性らしい美しさが、自然と滲み出るようになってくるのです。

5.所作を美しくするように意識する

顔かたちやスタイルがそこまで優れていなくとも、所作の美しい女性は、美人オーラに満ち溢れた存在です。毎日の生活の中の所作を、美しいものにできるよう、意識してみましょう。

例えば、姿勢を正したり、物を丁寧に扱ったり、話し方や言葉遣いに気をつけたりするだけで、女性の印象はがらりと良いものに変わります。大切なのは「ゆっくり」と「丁寧さ」と「凛とした雰囲気」です。

これらを身に付けた女性は、整形などしなくとも、例外なく美しく見えてしまいます。

6.人生全てを前向きに楽しむ

美人の条件には、「人生の全てを前向きに楽しむ」という要素は不可欠です。どんなつらいことがあったとしても、前向きに楽しもうとする女性からは、例外なく大きな美人オーラが発散されています。

逆に、どんなに顔かたちやスタイルが良くても、愚痴が多かったり、ネガティブだったりする女性からは、美人オーラが感じられません。
それだけポジティブな生き方が持つパワーというものは凄いのです。前向きな姿勢と行動力は、どんな人でも美人に見せてしまう魔法があります。

外見だけでなく内面を磨いて美人に近づこう

「美人」とは「顔かたちの美しさ」と「内面から出る美しさ」両方を兼ね備えている女性のことを言います。

外見を整える努力をする傍ら、自分の内面を磨こうとする女性からは、美しいオーラがどんどん発散されます。そのような女性には、もはや、整形などという表面的な付け焼刃は必要なくなってしまうのです。