カロリーが低い外食6つ。外食でも低カロリーに抑えよう

最終更新日:2015年9月27日

体型などが気になり出して、ダイエットを試みてはいるけど、仕事や友達との交流などに出かければ外食する機会も多くなりますよね。

外食すると、食べたいものがたくさんあって食べ過ぎたりしてしまいます。

今回はそんなカロリーが低い外食のメニューをご紹介します。

1.蕎麦やうどん

ざる蕎麦、かけ蕎麦でも良いですが、天麩羅などを付けるともちろんカロリーが高くなります。

しかし、蕎麦だけでは物足りない時ってありますよね。

そういった時は、ニシン蕎麦やとろろ蕎麦といった、トッピングの具材自体がヘルシーなものを選ぶと良いでしょう。

うどんでも釜たまうどんなど、シンプルなものが低カロリー。

カロリーが高いものというのは、基本「美味しい」と思うものはだいたい高カロリー。

「味気ないな」など少し寂しく感じるものは低カロリーなものです。

もちろん、低カロリーのものを選んでおきながら、大盛りにしたりすればそれだけカロリーも乗りますので注意が必要です。


2.丼ぶりもの

丼ぶりものでオススメは、鉄火丼か親子丼です。

どうしてもお肉が良いという場合は牛丼も良いでしょう。

鉄火丼やマグロ丼はヘルシーな上に、高血圧を予防したり、老化防止、動脈硬化防止など健康に必要な免疫力を高める効果があり、特に赤身は高タンパクで脂が多くありません。

そして、魚の中でも1番DHAを多く含んでいるので、コレステロールを抑えて血流を良くするといった良いことづくめの食べ物です。

また鉄火丼やマグロ丼であれば満腹感・贅沢感・満足感も味わえます。

親子丼は、鶏肉ですのでヘルシーです。

お店によっては1度焼いて脂を落としたりしてから煮卵とじするところもあります。

ボリュームがありますし、600~700kcal程度に抑える事ができますので、ランチなどで摂取しても充分に消費できるカロリーです。


3.パスタ類

パスタ類は太る・高カロリーなイメージがありますよね。

しかし、それは選ぶパスタソースなどの種類によります。

生クリームをふんだんに使用したカルボナーラはもちろん想像通り高カロリー。

炒めたベーコンなどもたくさん入っていて美味しいですが、ダイエット中などは避けるべきパスタです。

トマトソースなどはオススメです。

もしくは、和風パスタ。

あまりオイルを使用していないものや、魚介類などが具材として入っていると良いでしょう。


4.カフェ

最近のカフェのランチでは、雑穀米などを取り入れたヘルシーランチを出しているところが多く、女性に人気もあります。

おかずなどにも工夫を凝らし、おからや豆腐、鶏肉のトマトソースで炒めたものなど、ヘルシーでも満腹感を味わえるボリュームもあり、スープにも生姜など燃焼系のものを付けてお手頃価格で出しています。

こういったカフェのランチは、年々進化していて、野菜もオーガニックのものを使用したり、高カロリーの定番のカレーでさえも低カロリーに抑える為に、色々工夫されていますので、オシャレなカフェでも楽しむ事ができます。


5.ファミレスも侮れない

ファミレスには色々なメニューがあり、今はメニュー表にカロリーも表示されています。

意外と低カロリーな食事メニューが多く存在しています。

しかし、それをいくつか組み合わせて摂取すればカロリーも合計されますので高くなります。

1品で満足できるもので低カロリーなメニューを探してみましょう。

また、ファミレスは時間を問わず利用でき、朝のモーニングタイムも専用メニューが出てきました。

朝ごはんとして利用しても和食・洋食を手軽に低カロリーで楽しむ事ができ、ディナーとしても利用できるところですのでオススメです。


6.ヘルシー系のファストフード

ファストフード店でも、パンから野菜からこだわっているお店があり、ハンバーガー類は高カロリーの代表ではありますが、さっぱりしたバーガーでヘルシーに楽しめるお店も増えてきています。

挟まれているものは、高カロリーのパテではなく、ハムやゆで卵、オニオンスライス、オリーブ、トマトといったバランスの取れた具材が挟まれていて、パンの焼き加減や、苦手な具材は外してもらう事も可能です。

なにより、ソースがしつこくなくて、アッサリしているので食べやすく、胃もたれする事もありません。

テイクアウトも通常可能ですが、店内でももちろん楽しめますし、ドリンクセットなどもありますので、ランチなどで利用すると良いでしょう。

いかがでしたか?外食でもお店によっては低カロリーに抑える事ができる食事が用意されているところはたくさんあり、中にはメニューも豊富に揃えているところもあります。

低カロリーな外食をしよう

用途に合わせてそういったお店を利用する事で、カロリーを抑える事が可能です。

しかし、基本は食べる量。

過度にあれもこれもと食べ過ぎると結局は高カロリーとなりますので、1品でも満足感が得られるものを選びましょう。

せっかくの外食ですので、カロリーを抑えつつ楽しめるお店で食事をすると良いでしょう。