ダイエットに最適な運動の時間帯はいつ?朝、昼、夕方とNGな時間帯をご紹介

ダイエット 自分磨き最終更新日:2015年5月31日

健康や美容のために多くの人が行っているダイエット。

ですがそんなに簡単なものではなく途中で挫折してしまったり、また頑張りすぎて逆に体調を壊してしまう人もいるようです。

やはりダイエットで大事なのは「いかに簡単に痩せることができるか」ということです。無理なダイエットは継続してできないので結局一度痩せてもまた体重が元に戻ってしまうことがほとんどです。

そこでここでは効率的に痩せるために運動に適した時間帯についてご紹介します。

1.夜就寝する前の運動はNG

夜になり就寝する時間に近づくにつれて人間の体は睡眠する準備を整えます。

具体的には深い眠りにつくことができるように徐々に深部の体温が低くなります。そこで運動をしてしまうとせっかく深い眠りにつけるように準備した体がもう一度目覚めてしまい、深い眠りにつくことができなくなってしまいます。

となると日常生活に支障をきたし、それがストレスとなりダイエットに悪影響を及ぼす可能性も考えられます。できる限り夜就寝する前、だいたい21時以降の運動は避けるようにしましょう。

2.午前中かお昼が最適

運動するということは脂肪を燃焼させるという働きもありますがもう一つ代謝をあげるという働きもあります。

運動をするとその後6時間ほどは代謝があがり、体が脂肪を燃焼しやすい状態になります。

ですので朝や昼など、何か活動をする前に一度運動をすることで普段の何気ない生活をしているだけなのにいつもより脂肪が燃焼されるようになるのです。ですので多くの方がこれから活動する時間帯に入る午前中やお昼に運動をすることはとても効果的なことなのです。

3.夕方の運動もおすすめ

午前中やお昼にできればいいのですがそれが厳しい方は夕方の16時ごろに運動することもおすすめです。

なぜなら夕方16時ごろは人間が一日のうちで一番体温が高い時間帯で、その分代謝があがっており脂肪を燃焼しやすいからです。

また午前中やお昼とは違いすでに体が起きてから時間がたっているので筋肉が温まっており、ケガをしにくいというメリットもあげられます。朝と夕方で1日に2回ずつ運動できれば言うことなしです。

4.食後すぐの運動は避ける

食後すぐの運動はやめましょう。

その理由としては食後というのは体にエネルギーが満ち溢れている状態で運動をしてもそのエネルギーを使うだけだからです。

脂肪の燃焼というのは体にエネルギーがない状態なのにも関わらずエネルギーを必要としている時に仕方なく体が脂肪を燃やしてエネルギーを生み出すことを指します。

お腹がいっぱいの状態では体にエネルギーが不足することはほとんどないので、結果的に脂肪の燃焼にはつながらず、ただお腹が減り筋肉がつくだけとなり効率がとても悪くなってしまうのです。

また消化不良の原因にもなり体の調子を崩す原因にもなります。食後は最低でも2時間程度は時間をおいてから運動するようにしましょう。

 

    「ダイエットに最適な運動の時間帯はいつ?朝、昼、夕方とNGな時間帯をご紹介」への感想コメント一覧

  1. 1. ちい2018/05/24(木) 14:49

    脂肪の燃焼のメカニズムが分かり、貴重な情報でした。
    今まで間違った方法をやっていたようです。
    脂肪を燃焼させるのに効果的な方法が分かったので、早速試してみます。

この記事への感想を書く