男性を勘違いさせてしまう女性の行動とは。笑顔や視線でも勘違いさせることがある

最終更新日:2015年12月23日

好きだとか言葉にも出した事がないのに、一定の男性から誘われたり好意を持たれているような言動があったりするのは、もしかしたらあなたがその男性に対して勘違いをするような事をしてしまっている場合もあります。

今回はそんな男性を勘違いさせてしまう女性の行動についてご紹介します。

1.ボディタッチ

男性がもっとも勘違いしやすいのが、ボディタッチ。

それが軽いものだったとしても、男性からすると好意を持たれているなど勘違いしやすくなります。

特に太ももや頭や手などは要注意です。

そもそも、人の身体の一部に触れる行為は親しい間柄などの場合がほとんどで、相手からすると気を許しているように感じられます。

また、太ももにはリンパがあるので男性もそこに手を置かれると、ドキッとしたり気持ちに何等かの変化をもたらすとも聞きます。

手も握るといった行為は、普通の友達や同僚などの関係であればほぼあり得ない事です。

頭をポンポンしたり撫でたりする事も同様です。

普段されない事をされるという事は勘違いされてもおかしくはない行動と言えます。


2.包み込むような笑顔

会話している中で、満面の笑みで優しく微笑むことがあるでしょうか。

男性は微笑みに弱いので、自分と話していて楽しんでくれている、一緒にいるのを楽しんでくれていると思う場合もあります。

無愛想ももちろん良くはありませんが、ずっと見つめながら微笑み続けるのは勘違いされます。

笑顔、特に優しい自然な微笑みというのは、相手に癒しも与えますので、男性からすればホッコリして居心地良く感じ、好意を抱く事もあります。

勘違いされたくない場合は、時々は目を反らす事も大事ですし、微笑むのも楽しい、笑えるポイントポイントで出す方が良いかもしれません。

3.至近距離に入る

隣りに座る時や、呼ばれて近くに行く時などに、あまり至近距離に入らない事です。

顔や身体を近づけ過ぎるのは、男性からすると誘われている、好意的だととらわれやすいので注意が必要です。

隣りに座る時も、カバン1個が間に入るくらいが限界の距離です。

それ以上近づいて座るのは勘違いされます。

また除き込むといった行為や身体を寄せる、男性の顔に顔を近づけるのはもっとも勘違いされやすいです。

長年の友達だとしても、異性である以上、ドキッとしたり気持ちに変化はあるはずですので、気を付けましょう。


4.視線

よく上目使いという言葉を耳にしますが、お酒の席などでの上目使いは勘違いされる原因です。

ほろ酔いでトローンとした目で上目使いをされると男性心をくすぐるものです。

そこにニコッと笑顔を見せると、そのギャップがたまらないといった気持ちもあるようなので、自分に対してそうしてきているという事は、好意があるからだと思われてしまうようです。

お酒が入っている時は特に、気持ちが高揚しやすくなりますので、そんな解放感など色々混ざりあい、今までなかった感情も生まれやすいでしょう。

5.どっちとも取れる返答

会話の中で男性側が自分の事をどう思うか?や自分ってどんな風なイメージ?など聞かれた時に、曖昧な返答をする女性がいますが、それが勘違いされる原因です。

好意的な意味合いや言葉を入れましょう。

例えば「みんなはどうかわからないけど、私はそういう部分好きだよ」といったような、私は他の人とは違う、そういうところが好きという内容などは、本当に好意がない限りは避けるべき受け答え方です。

男性も少し立ち止まってよく考える人もいますが「好き」という言葉は好意があると取るのが当然です。

でも、良い表現をしたいというのであれば、そういった気持ちを表すような言葉ではなく「いいと思うよ」といった「いい」を用いると当たり障りない返答になるでしょう。


6.思わせ振りな対応

勘違いされる原因は、思わせ振りな対応や態度にもあります。

例えば、誘われた時に「行く」と即答することが挙げられます。

それがグループであるなどの場合はまた少し変わってきますが、2人きりの誘いである場合、こちらが暇だから行くという意味合いでも、男性からすると好意をもってくれてるから来てくれるんだと勘違いされます。

そもそも、男性と2人きりで会うのは、友達でもあり得なくもないですが、友達以上恋人未満の段階だったりも多いので、そちらの方向に考えられてしまう可能性もあります。

また、過度に優しくしてあげたりするのも勘違いされやすくなります。

世話焼きでやってしまう事でも、勘違いされるのがイヤであればほどほどにしましょう。

勘違いさせないようにしよう

自分の中ではそんなつもりはなくても、些細な事で男性は勘違いしてしまう事が多いものです。

もし自分がこれからもその気持ちがないのであれば、その男性に対して失礼でもありますので、女性としては気を付けましょう。

思わせ振りな対応や態度、言葉や視線、ましてやボディタッチや至近距離に入るのはもっとも勘違いする行為と言えます。

思い当たる点があるのであれば、そういった事は控えると良いでしょう。