男性の分かりづらい断り方とその心理。なぜ曖昧な返事で断るのか

最終更新日:2016年5月17日

好きな男性を誘った時、曖昧な返事をされて「これって実は断られてるのかな?」と思った事はありませんか。

そこで今回は、男性が使う分かりづらい断り方とその言葉を使う心理についてご紹介します。

1.「今は仕事で時間がとれない」は付き合う気が全くない

男性が使う分かりづらい断り方で一番と言ってもいいほど使われているのがこの「今は仕事で時間がとれない」です。

好きな女性に食事等デートに誘われたら、どんなに仕事で忙しくても断る男性はまずいません。

本当に忙しかったとしてもそれなら「ごめん、今は忙しいけど忙しくなくなったら必ず一緒に行こう」等次の約束をします。

それがないと言う事は、全く付き合うつもりは無いという事です。

これで男性は女性を傷つけずに上手に断ることができたと思っているのです。

「今は」と言う言葉を使っているので、女性は「ひょっとしたら今はダメだけど忙しくなくなったらチャンスはあるかも?」と期待を持ってしまいます。

ですので、次に男性を誘った時に男性は「あれで断ったつもりだったんだけど、分かってもらえなかったのかな?」思いと驚き、また「ごめん、今も仕事で忙しいから」と断ります。

女性もさすがに二回も断られたら付き合うつもりが無いことが分かるので「その気が無いならハッキリ断って欲しい」と傷ついてしまいます。

男性は、好きな女性から誘われたら必ずどんなに忙しい時でも何とか女性の誘いを受けようとしてくれます。

最初に誘った時そういった態度が全く見られない時は残念ですが脈が無いので諦めましょう。


2.「それなら皆で一緒に行こう」は彼女の気持ちに気づいていて避けている

女性が男性と二人きりで遊びに行こうと誘った時、男性が「それなら皆が一緒にいた方が楽しいから、皆で一緒に遊ぼう」と言う場合、男性は女性の気持ちに気がついています。

でもハッキリ断るのは悪いかなと思っているので「皆と一緒なら」というニュアンスを出す事で遠回りに断っているつもりです。

ここで「皆と一緒に遊びに行ってアプローチをしよう」と前向きに捉える女性もいます。

アプローチをして上手くいく場合もありますが、この場合男性にその気が全く無いのでその可能性はあまり高くはありません。

女性からしたら次の男性にいきたいのでハッキリ断って欲しいですよね。

こういう場合、男性に「皆と一緒に行こう」と言われた時にもう一度「二人は嫌?」と聞いてみましょう。

その時にまた「そういうわけじゃないけど、自分は皆と一緒に遊ぶのが好きだから」等理由をつけて二人きりになるのを避けるならそれは遠回しに断っているという事です。

ここから両思いになるのは難しいですので、次の男性にいく事をオススメします。


3.「今は忙しいからまた連絡する」はその場しのぎをしたいと思っている

好きな男性を誘った時「今は忙しいからまた連絡するね」と言う場合、付き合うつもりは無いけどハッキリ断って傷つけるのは嫌なのでその場しのぎをしたいと思っています。

男性は好きな女性から誘われた場合、今は忙しくても後から絶対に自分から誘いたいのでLINEやメールアドレスを聞こうとします。

男性が女性のメールアドレスやLINEの番号すら聞いてこない場合は全くその気がないという事です。

こういうその場しのぎをする男性は、自分が傷つきたくないととにかく自分が一番大事だという方が多いです。

さらに外面がよく優しいのでよくモテます。

ですが、実は自分が大事なだけのナルシストという男性が多いので、そんな男性とは付き合わないのが正解です。

最初は分かりにくい断り方をされて傷つくかもしれませんが、それでよかったのです。

もっと素敵な男性と出会うようにしましょう。


4.好きなタイプの話になった時にその女性とは全く違うタイプを言う

男性と会話をしている時に話題になるのが好みのタイプの話です。

女性は、男性にアプローチをしたいので好きなタイプに男性を遠回しに表す事を言いますが、男性は女性と付き合うつもりは無いので遠回しに断ろうと女性とは全く違うタイプを言います。

そこで、女性は自分と違うタイプを言われて「これって遠回しに断っているの?それともタイプに近づいて欲しいの?」と困惑してしまいますが、こういう場合男性は「これは多分アプローチされてるんだろうけど、ハッキリ告白されたわけじゃないし自分は女性はタイプじゃないから遠回しに断りたい」と思っています。

わかりにくいですが、タイプの話になった場合男性が自分とは全く違うタイプの女性を好きだと言ったら遠回しに断っていますので諦めて別の男性を好きになるようにしましょう。

男性の断り方を知ろう

男性が使う分かりづらい断り方とその言葉を使う心理についてご紹介しました。

それぞれ微妙に違いますが、その大半は女性を傷つけたくないから曖昧な断り方をしたいという心理の場合がとても多いです。

女性を傷つけたくないと思っているので分かりづらい言葉になってしまいます。

断られているかどうか見分けるポイントは、アプローチをした時に次に繋がるアプローチが男性からあるかどうかです。

ない場合は遠回しにやんわり断っていますので、諦めて別の男性へいくようにしましょう。