付き合った途端すぐに飽きる人の心理とは

最終更新日:2017年1月26日

好きだと思って付き合ってみたものの、すぐに飽きてしまい、別れに至ってしまうケースが多いという人がいます。

なぜ恋人と付き合ってもすぐに飽きてしまうのでしょうか。

その人に隠されている心理を覗けば、解決策が見えてくるかもしれません。

1.追いかけている恋が好き

片思いの時は、相手の気持ちを知らないために、自分が追いかける恋をしていることになります。

「あの人を振り向かせたい」「あの人と仲良くなりたい」と思って、追っている状態になるでしょう。

恋人と付き合ってもすぐに飽きてしまう人の中に多いのは、追いかけている恋が好きというもの。

追っているうち、手に入らないうちが恋としてピークの瞬間であり、恋人という関係になって両思いになると、気持ちが低下してしまいます。

恋人になるということは、追いかけている恋が終わり、時に追われることもある。

相手が自分のことを好きだと分かってしまえば、追いかける恋ではなくなってしまいます。

片思いの時は本当に好きだと思ったのに、手に入った途端飽きてしまうのは、相手を追いかけることが少なくなってしまうからでしょう。

2.自分の中での彼へのイメージを美化しすぎた

恋人になる前は「きっと優しい人なんだろうな」「きっと自分のことを大事にしてくれる人だろう」と、彼に対して自分の中でイメージを膨らませます。

このイメージを自分の都合よく捉えている人は、恋人になって違いに気付くことで、冷めてしまうこともあります。

例えば、自分のことを大事にしてくれそうな彼だと思っていたのに、実際に付き合ってみると友達との約束を優先させる人だった。

こうした時に「イメージと現実で違う」とギャップを感じてしまい飽きてしまいます。

片思いの期間が長い、もしくは片思いの時にあまり接点を持っていなかった人は、相手へのイメージを自分の中で作るでしょう。

ただ、そのイメージと異なる部分を見つけてしまえば、一瞬にして冷めてしまうこともあります。

3.恋に恋している

「○○くんのことが好き」という自分が好きで、実際には彼のことを本気で好きではなかったというケースは、恋人になってすぐに飽きてしまいます。

結局は彼のことを好きではなかったということで「○○くんが私を見てくれた」「○○くんと話せた」と浮かれている状態が好きなのでしょう。

恋に恋する女性は多く、その恋が本物かどうか付き合ってから知るケースも多いです。

自分では「好き」と思っていたけど、付き合ってみると「なんか違う」「ドキドキしない」と冷めている自分に気付くのです。

このような人は、常に恋をしていたいだけの人。

その人じゃなければならないという理由もなく、自分にとって身近な存在であったり、理想に近く見えたことで好きだと錯覚していたのでしょう。

本気の恋愛を知るまでにはまだ時間がかかり、恋に恋している自分の存在に気付く必要があります。

4.全部を知ってしまって面白味がない

恋人になると、相手のことを知ろうとするために、色々なことを聞くでしょう。

「今までの恋愛経験は?」「趣味は?」「どんな食べ物が好き?」と、付き合う前からも含めて早い段階で知りたいこと全てを知ってしまうことがあります。

こうなってしまうと、相手に疑問や好奇心がなくなり、飽きてしまうパターンになってしまうことも。

それ以上知りたいことがない、全てを知ってしまったという心理になれば、飽きてしまうのも仕方ないかもしれません。

恋人と付き合っていく上で、相手のことを知りたいという興味を持ち続けていないと、そこに飽きが生じてしまいます。

興味を持っている段階は「好き」ですが、興味の持てる部分がなくなってしまえば「好きではない」になってしまう。

付き合ってもすぐに飽きてしまうのは、相手のことを全部知り尽くしてしまうことが理由であり「興味が持てる所がない」が心理状態でしょう。

5.他の人に目がいってしまう

片思いの時、いわゆる自分がフリーな状態の時は、一人の人を追いかけて一途に思っていられる。

しかし恋人という関係になってしまうと、途端に周りの他の異性も見えてしまうようになるという人もいます。

恋人関係になったということは、相手も自分を思っているという安心感が得られます。

ただその安心感からは「物足りない」「他にも欲しい」といった欲張りな心理も出てきてしまいます。

相手が振り向くまではその人しか見えない。

でも振り向いた瞬間他の人も見えてしまうようになる人は、気が多い人に多く見受けられます。

手に入った安心感があるのに、他にもっと求めてしまうのは、欲張りな自分がいるからなのでしょう。

付き合ってすぐ飽きる人の心理

好きだと思って恋人になったものの、すぐに飽きて終わりを迎えてしまう人は少なくありません。

もしその理由が、自分の心理的なものだったら、恋愛の仕方自体変えてみる努力も必要かもしれません。

本当に相手のことを好きだと確信が持てるのか、付き合っても飽きないでいられるのか、付き合う前に確認することで、相手も傷つけずに済むことでしょう。