デートで男性からダサイと思われる女性の服装6つ。デートの雰囲気を壊す服は着ないようにしよう

デートの服装最終更新日:2019年6月12日

男性とのデートとなると、服装選びに時間がかかってしまうのも当然のことですよね。

彼にダサいなんて思われたら最悪です。

しかし何を着ていくか悩み過ぎてしまって、結局はいつもと同じ服装になってしまうなんてことってありませんか。

そんな時に限って相手の方がオシャレに気合が入っていると後悔しますよね。

またせっかくのデートなので彼氏や思い人にかわいいと思ってもらいたいと思っている人は多いでしょう。

今回は、可愛いと思ってもらうために着てはいけないデート時の服装を紹ご介します。

男性からダサイと思われないように、これらのアイテムは避けましょう。

トップスが白のTシャツ、ボトムスがジーンズの組み合わせはダサいと思われる

柄にもよりますが、ジーンズにTシャツではオシャレを頑張ってきたとは思ってもらえません。

男性から見れば「この子はデートだと思ってもらえていないのかな?」と思われたり「俺ってただの友達?」と思われてしまうかもしれません。

ボーイッシュなファッションやシンプルなファッションでも似合うとびきり美しい女性やものスタイルの良い女性でない限りは、男性からはダサイ服装だと思われてしまいます。

どうしても白のTシャツにジーンズというファッションでデートをしたいのであれば、そのお洋服に合わせる小物には女性らしくてオシャレなものを選びましょう。

例えば、Tシャツのシンプルさをなくすために女性らしい華奢なゴールドのネックレスをつけてみましょう。

そしてバッグはなるべく小ぶりでアクセサリー感覚で持てる華やかなデザインにしてみたり、足元はスニーカーではなくある程度ヒールの高いパンプスにしてみたりなど、必ず小物で工夫するようにしてください。

また、ネイルを塗ったりヘアスタイルをばっちりきめるなどして、服装はシンプルだけどほかの部分は気合を入れるようにすると良いでしょう。

スウェットでデートは最悪

いくらスウェットが流行っているからとはいえ、デートにスウェットを着ていくのは論外です。

特にはじめてのデートにスウェットでいってしまうと「部屋着で来た」と勘違いされるかもしれません。

相手が、スウェットを外出するときに着るような方ならまだ良いでしょう。

しかし着ない方の場合「そんな恰好で隣を歩いてほしくない」とさえ思うかもしれません。

また、最近ではスウェットで外出している方もいます。

しかしもともとスウェットは体操着や部屋着として作られたものであるため、どうしてもそういったイメージを抱いている男性は多くいます。

男性から「この子ダサイし、常識がないな」と思われない為にも、スウェットはデートの時には着て行かないようにしましょう。

ジャージをデートで着ていくのも論外

中学生や高校生などの部活帰りのデートなら、ジャージでのデートも青春真っただ中という感じで良いでしょう。

ですが、社会人の方や休日の部活のない学生の方々がデートにジャージを着ていくと、相手の男性は確実に戸惑ってしまいます。

「どうして自分とのデートの時にこの子はジャージで来たのだろう?」「自分に恥をかかせたいのかな?」「俺のことが嫌いなのだろうか?」とさえ思われてしまいかねないのです。

公園やスポーツ施設などでバドミントンデートをしたり、ダンスの練習を兼ねたデートをしたり、ランニングデートをしたりと何か身体を動かす目的のあるデートなら話は別です。

しかし基本的にジャージは絶対にやめておきましょう。

また、もしもそういった身体を動かすスポーツデートをするような場合にも、必ず着替えは持って行っておくようにしましょう。

スポーツが終わったあとに、オシャレなカフェでランチをするとなった時、汗をかいたままのダサイジャージでお店に入ってしまうと、せっかくのオシャレな雰囲気も台無しですよね。

きっと相手の男性も「一刻も早くこのオシャレなカフェを出たい」と思ってしまうことでしょう。

全身黒などの単色コーデはファッションセンスが無いと思われる

1色でオシャレにコーディネートすることはオシャレ初心者にはとても難しいです。

単色コーデでよく見かけるのが、全身真っ黒のコーディネートです。

全身真っ黒のコーディネートは一見するとオシャレなようにも見えます。

しかしそういったコーディネートでは女性特有の可愛らしさが薄れてしまうのでオススメできません。

場合によっては「こいつ真っ黒じゃん。ダサイな」と思われてしまいます。

また、組み合わせや着方によっては相手の男性にスーツのようなイメージにも見えてしまい、威圧感を与えてしまいます。

男性にとってはせっかくの休日でリラックスしたいのに、一緒にいるあなたが黒づくめのファッションでいると緊張して全く気が休まらないという可能性があります。

あなたがよほどオシャレに興味があって、自分のコーディネートに自信があるという場合以外には単色コーデは危険です。

男性に「ダサイ」と思われてしまう危険性どころか、威圧感を与えてしまう場合もあるので、デートのときは控えておきましょう。

毛玉のついたセーターはだらしなさが透けて見えてしまう

冬になるとよく着るようになるセーターですが、あなたはきちんと毛玉を気にしてお手入れをして着ていますか。

毛玉がいっぱいついているセーターを着ていると、みすぼらしく感じられます。

「この人は新しいセーターを買うお金もないのだろうかそれにしてもボロボロだな」とネガティブでかわいそうなイメージを相手の男性に与えてしまいます。

それに、毛玉のついたセーターは何より清潔感がないように見られてしまいます。

「こいつきたねーなあダサイうえに、洗濯や掃除もできてなさそう」などと最悪な印象を持たれてしまうこともあるでしょう。

そうならないためにもデートの前にセーターに毛玉はついていないか、必ず確認しましょう。

もしついていたら、毛玉クリーナーなどできちんと取るということを心がけましょう。

その際に、面倒くさいからと言って毛玉を手で引っ張って取ると、セーターの繊維を傷つけてしまいニット部分がぼろぼろになって余計汚い印象になってしまいます。

最悪の場合セーターに穴があいてしまうこともありますので、面倒くさがらずに専用のクリーナーを使いましょう。

毛玉のついたタイツはダサイ女性と思われる

毛玉のついたセーター同様、タイツにも毛玉がついているとダサイと思われてしまいます。

タイツには見えない部分に意外とたくさんの毛玉がついているものです。

特に靴と擦れるかかと部分や足首部分、またスカートやパンツの布と擦れる太もも部分やウエスト部分にも毛玉がつきやすいのです。

レストランのお座敷の席などにいくことになり、靴を脱ぐシチュエーションがあった場合、その毛玉が相手の男性にばっちり見えてしまいますので要注意です。

必ず履く前に毛玉がついていないかをチェックしてみましょう。

ダサイ服=TPOをわきまえてない服と考えてデートに臨もう

「この子、ダサイな」と男性から思われてしまう服装は、すべてTPOをわきまえていないものです。

時と場合と場所に合わせた服装をきちんと選ぶことで、男性にもダサイ服装であると思われなくなります。

デートする相手にダサイ女性だと思われないためにも、TPOをわきまえて洋服選びをきちんと行いましょう。

ぜひ素敵なファッションで、楽しいデートにしてください。

 

    「デートで男性からダサイと思われる女性の服装6つ。デートの雰囲気を壊す服は着ないようにしよう」への感想コメント一覧

  1. 1. risa2018/05/03(木) 15:05

    さすがにデートでジャージやスウェットはアウトですよね。女性同士でのお出かけとしてもどうかと思います。毛玉のついたセーターやタイツにしてもデートで使うのは無神経な人というイメージが出来上がってしまいます。華美でなくてもいいから常識があって可愛らしい服装が男性には好かれますよね。

この記事への感想を書く