イチゴ狩りデートをする時の女性の服装!気をつけたいポイントとは

最終更新日:2016年2月23日

冬からゴールデンウィークまで、いちご狩りが楽しめる季節になります。

普段と違ったアウトドアなデートとして、いちご狩りデートも人気です。
2人で楽しむのはもちろん、グループデートとしても人気があります。

しかしデートだからといって女性らしいかわいい服装、ヒールなどはいちご狩りデートにはNG!
意外と男性は女性の服装を見ています。

今回は、いちご狩りデートの際に女性が気を付けたい服装のポイントを紹介します。

1.汚れても良い服装が基本

イチゴ畑は土もあります。
また、イチゴを食べる際に果汁が飛んでしまったりする場合もあります。

デートだからと、お気に入りの服装に身を固めてくるのはNGです。
服装や汚れを気にして、イチゴ狩りを楽しめないのはもったいないですし、パートナーから見ても不愉快な気持ちになります。

汚れても良い、汚れの気にならない服装が基本です。

2.ヒール靴は絶対NG!スニーカーがオススメです

イチゴ狩りはしゃがんだり、立ったりと動き回ります。そのため動きやすいスニーカーがオススメです。

それに、畑ですから土もあります。汚れても大丈夫なスニーカーで臨みましょう。
また、イチゴ狩りは、ビニールハウスの施設でする場合が多いです。

イチゴ畑をきれいに農家の方が整備して下さっています。

そこをヒールで歩き回ると、畑に穴をあけてしまったり、ビニールなどにつまづいてしまったりとご迷惑をおかけしてしまうこともあります。
大切な畑を傷つけてしまわないということも踏まえるとスニーカーが無難な選択となります。

3.スカートはNG!イチゴ狩りデートはパンツスタイルで

イチゴ狩りはしゃがんだり、立ったりと動き回ります。
イチゴを取っているときは、長時間しゃがんで作業をします。

スカートだと、スカートの中が見えてしまう可能性もあるので、絶対にパンツスタイルが基本です。

また、ハウス内には受粉するためのみつばちがいます。
危害を加えなければ刺すことはないですが、念のためにジーンズなどの長いパンツがオススメです。

4.ハウス内は意外と温かいので、薄着になれる服装で

ハウス内は意外と温かいです。
冬でもハウスの中は外気温より温かいですし、動き回るので以外と汗をかくこともあります。

冬でも、羽織ものを準備し、暑い場合は脱げるようにしておくと快適に過ごせます。

5.手ぶらで楽しめる、リュックがオススメ

普段ハンドバックを持っている方も、イチゴ狩りデートの際はリュックがオススメです。

両手が空きますし、ずれて前に落ちてくることもありません。

肩がけショルダーバッグなども良いのですが、立ったり座ったりを繰り返していると前にバッグがずり落ちてきたりする場合があるので、
そうしたことを考えるとリュックの方が良いでしょう。

場違いな服装をしないように気をつけよう

イチゴ狩りデートは、ショッピングや街中でのデートなどとは違う雰囲気が楽しめるのでオススメです。

しかし、服装を注意しないと「場違いだな」と周りに思われてしまうこともあります。
思い切り楽しむことができる服装で、一緒に楽しむことができれば、「この子とは、なんでも一緒に楽しめる」と彼の評価も上がるでしょう。
上記のことに注意して、イチゴ狩りデートを楽しんで下さい。