居酒屋デートでOKな服装とNGな服装とは。居酒屋に女性が着て好印象を持たれるファッションを知ろう

デートの服装最終更新日:2019年6月14日

少し気になる男性から居酒屋でのデートに誘われた時、あなたならどの様な服装で行きますか?

お座敷がある居酒屋や立ち飲みタイプの居酒屋など、色んなタイプの居酒屋がありますが、バーやレストランとは違い、堅苦しくなく楽しく飲めるイメージがあるのが居酒屋です。

けれど気軽なイメージでもラフすぎるのはどうなの?と案外服装に迷ってしまいますよね。

居酒屋デートで好感のある服装とNGな服装についてご紹介します。

1.汚れが目立たない服装が居酒屋デートではOK

居酒屋ではソースや醤油を使う料理や、油ものの料理がどうしても多くなります。

また広々としたお店もありますが、隣のテーブルとの距離が近かったり、個室のスペースが狭かったりなど、ゆったりとは座れず隣の人との距離が近いことも多々あります。

そんな時、何かを取ろうとして隣の人とぶつかり思わず服に醤油がこぼれてしまったなんてことも考えられます。

せっかくのデートでずっと服が汚れたままでは、お互いに気になって会話に集中できません。

また例えば鉄板系の料理が出てくるお店では、汚れが気になるような素材の洋服だと料理を頼むことを相手にためらわせてしまいます。

もしかしたら、居酒屋なのになんでそんな服を着てきたんだろうと思われてしまうかもしれません。

もし汚れてしまったとしてもあまり目立たない黒やネイビー系の色の服装や、もし汚れてしまってもおしぼりなどで簡単にケアできるような素材の洋服を着て行きましょう。

2.ひらひらした装飾のついた服装は居酒屋ではNG

今「袖コンシャス」や「バックコンシャス」など、たくさん装飾のついた服装が流行しています。

デートでかわいく思われたいという気持ちもわかりますが、ひらひらとした装飾のついている服装は避けた方がベターです。

居酒屋ではテーブルが広いとは限らず、小さいテーブルに所狭しと料理を並べることもあります。

もし袖のフリルやリボンが料理やグラスにひっかかってしまっては、こぼして迷惑をかけてしまうかもしれません。

また背中側にひらひらとした装飾がある場合も、店員さんの運ぶものにひっかかったりしてしまうかもしれません。

せっかくの気合を入れてきた服が汚れてしまっては気分も下がりますし、迷惑をかけてしまうようなトラブルは避けたいものです。

できるだけひっかけたりしないようなシンプルな服装がオススメです。

3.居酒屋では露出の多い服装はNG

露出の多いセクシーな服装は一見男性に人気がありそうに思えます。

しかし向かい合って座る居酒屋の場合、例えばあまり胸元が開いたTシャツやブラウスなどは、相手が目のやり場に困ってしまいます。

また座敷タイプの居酒屋の場合、ミニスカートだと座りにくさもありますし、下着が見えてしまうかもと不安になってしまいます。

露出の多い服装では、気軽な居酒屋でのデートの割に、がつがつしすぎている、もしくは軽い女だと思われてしまうかもしれません。

さりげない露出でデコルテを見せるような服や、足首や手首のチラ見せで華奢さをアピールできるような服装など、適度な露出の服装の方が好感度は高いです。

4.居酒屋デートでは清潔感のある服装がOK

居酒屋デートはカジュアルなイメージです。

しかしデートはデート、あまりにラフすぎるような服装はNGです。

例えば家でいるようなスウェットやジャージではムードも台無しです。

またどうせ汚れるかもしれないと、毛玉だらけのセーターやしわしわのシャツ、襟ぐりがよれよれのTシャツなども、もちろんNGです。

居酒屋とはいえ、あまりにラフすぎて彼に異性として意識されななければ本末転倒です。

清潔感のある服装は必須です。

5.隙のある服装が居酒屋デートではOK

デートということで気合いを入れて、例えばハイヒールで髪の毛はばっちり夜会巻き、シックなドレスと頭からつま先までばっちり決めた服装では居酒屋の雰囲気に合いません。

少しカジュアルな、隙のある服装の方が居酒屋の雰囲気に合います。

タイトなニットで女性らしさを出しつつ、ボトムスはカジュアルなワイドパンツにしたり、ざっくりとしたシャツにスキニージーンズで脚のラインを強調したりなど、女性らしさを感じさせる中にもどこか隙のあるような服装が、男性にとって好感度が高いです。

6.素足、ミニスカート、タイトスカートはお座敷の居酒屋ででNG

居酒屋にいざ行ってみると、今日はお座敷タイプかといった経験はないでしょうか?

もしもお座敷タイプだった場合、素足で上がるのを気にする男性もいます。

匂いが気になったり、足の裏が汚かったりしたら不潔だと思われかねません。

どのようなタイプの居酒屋か分からない場合は、靴下やストッキングをはいていくのが無難です。

またお座敷タイプの場合、ミニスカートやタイトスカートだと座りづらかったり、下着が見えないように気にしてしまうこととなります。

お座敷タイプの時は、ロングスカートやフレアスカートを履くのがオススメです。

パンツだと座った時に圧迫感があったり、背中が見えたりすることがありますが、ロングスカートやフレアスカートだと気にせず座ることができます。

7.ぽっこりおなかが目立つ服装はNG

居酒屋ではもちろん飲食をすることとなります。

食事後におなかがぽっこりしてしまう方は、タイトなトップスは控えましょう。

またウエストの締め付けがきついパンツやスカートもやめておきましょう。

相手に太っているという印象を与えてしまうかもしれません。

またおなかが目立つことを気にしてあまり飲んだり食べなかったりすると、あんまり楽しくないのかな?と思われてしまうかもしれません。

おなかがぽっこりしてしまう方は、ゆったりしたブラウスやオーバーサイズのシャツ、ペプラムトップスがオススメです。

またAラインのワンピースもおなかが目立ちにくいです。

ゆったりしたトップスの時はボトムスをタイトにしたり、手首や足首を見せたりなど、華奢さをアピールできると女性らしさが増して好感度が高いです。

8.匂いのきつい服装はNG

居酒屋では様々な食べ物の匂いがします。

あくまで飲食を楽しむ場なので、香水や柔軟剤のいい香りであっても強すぎる匂いの服装はNGです。

よい匂いに思えていても、食べ物などの匂いと混ざって不快な匂いになってしまうこともあります。

また喫煙される方は、タバコの匂いがついていない服装で行くようにしましょう。

禁煙席だとタバコの匂いが目立ち、相手がタバコを苦手な方であれば、気分を害してしまいます。

男性はふわっと香るシャンプーの匂いに好感を感じる方が多いです。

香水は控えめにして、食事を楽しめるようにしましょう。

9.居酒屋デートでの服装以外の注意点

ロングヘアの人はまとめたりするなど、邪魔にならないようにしましょう。

飲食の場で髪の毛をばさばさとさせているのを不快に感じる男性もいます。

またデート中はあまり時計を確認したり、携帯をいじったりしないようにしましょう。

相手に「帰りたい、つまらない」といった印象を与えてしまいます。

他に、店員さんに失礼な態度をとるのはやめましょう。

デートでは他の人に対する態度も見られているものです。

こちらが客側とはいえ、かなり好感度を下げてしまいます。

丁寧に接するようにしましょう。

居酒屋デートにふさわしい服装で臨もう

居酒屋でのデートということは、相手はあなたとの会話を楽しむ気軽なデートをきっと望んでいます。

上記のNG事項を避けながら、気取り過ぎず、けれどラフ過ぎない服装でデートに臨みましょう。

 

    「居酒屋デートでOKな服装とNGな服装とは。居酒屋に女性が着て好印象を持たれるファッションを知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く