電車であえて真ん中に座る人の心理とは。座席の位置で分かる気持ち

最終更新日:2016年6月27日

電車で移動する時、いつも真ん中に座ってしまうという方はいませんか?そこには様々な心理が隠されています。

ここでは、電車であえて真ん中に座る人の心理についてご紹介します。

1.入口付近の混雑を避けたいと思っている

電車であえて真ん中に座る人は、入口付近の混雑を避けたいという心理の人です。

電車に乗る人の心理には様々なものがありますが、入口付近に座ったり立ったりしている人は、すぐに降りるから早く移動をしたかったり、移動するのが面倒だったり疲れている人が多いです。

そんな入口付近は常に混雑しているので、あえて電車の真ん中付近に座る事で混雑を避けてゆっくり座りたいと考えているのです。

真ん中付近はあまり人が移動せず、安定した状態の事が多いです。

ですので安定した状況を好む人は真ん中を好みます。

このタイプの人は、突発的な事に弱い人が多いです。

自分がこのタイプだと自覚をしている場合は、まずは何かあったら一旦落ち着く事に集中しましょう。

突発的な事が起こってしまった時、慌ててしまうと考えがまとまらず、どうしていいか分からなくなってしまいます。

ですので、突発的な事がおこってしまった時こそ落ち着くようにしましょう。

一旦深呼吸をして「リラックス、リラックス」と自分にいい聞かせ、周りが慌てている時でも、周りに惑わされずに自分のペースを維持する事を意識しましょう。

目を閉じて視界を真っ暗にするのも効果的です。

余計なものが目に入ってしまうと落ち着くことに集中しにくいからです。

落ち着いて考える事で突発的な事がおきても対策を考えやすくなり、困難な状況を打破する事ができます。

慌てやすい性格や不安になりやすい性格の方は、普段から緊張しやすいタイプですのでリラックスする事を考えるくらいでちょうどいいです。


2.真ん中に堂々と座れる人は大胆不敵な精神力を持っている

「電車で真ん中に座るのはちょっと」という人が多い中、真ん中に堂々と座る事ができる人は大胆不敵な精神力を持っている人です。

自分を信じて、何も恐れない堂々とした人で、カリスマ性を持っている人もとても多いです。

自分をしっかり持っていてイザという時でも慌てないハートを持っていますので、頼りにされる事が多いです。

頼りになる人ですので、本人にはそのつもりは無くても皆から「リーダーになって」と頼まれてリーダーになるケースも。

堂々とした意見で皆をまとめるのがとても上手ですので、このタイプの人がグループにいる場合、まとまりのあるグループになります。

本当に強いタイプの人で、自分をしっかり持っている個性派です。

人と違う事をするのを恐れないですし、人からどう見られても気にしません。

人からどう見られるか気にするよりも自分のしたい事をしたいという考えの持ち主です。

また、一人で行動をする事も平気です。

一人で新しい事をするのが大好きでどんどん色々な世界へ飛び込んでいける勇気を持っています。

ですので、周囲から「この人みたいになりたい、憧れる」と思われている事も少なくありません。

大胆不敵な精神力を持っている人の一番の特徴は、器がとにかく大きい事です。

どんな事があっても「そういう時もある」と受け入れる事ができますし、どんな性格の人でも「こういう考えもあるんだ」と受け入れる事ができる器の大きさを持っています。


3.人間関係を築くのが上手い

あえて電車の真ん中に座る人は、どんな人が隣に座っても全く気にしない人が多いです。

人が好きで、人と常に接していたいと思っている心理状態ですので、人間関係を築くのがとても上手です。

誰に対しても堂々と親しみを込めて接する事ができるので友達がとても多いです。

愛嬌のある笑顔で誰に対しても平等に接する事ができるので、老若男女問わずすぐに「この人は裏表のないとてもいい人だ」という事を分かってもらえます。

ですので、誰とでもすぐに仲良くなる事ができます。

人と話す事が大好きで、自分が話すのも好きですがそれ以上に色々な人の話を聞くのが上手です。

どんな話にでも興味を持ち、また人の話を引き出すのも上手なので「この人と話しているのはとても楽しい。

つい話さなくてもいい事まで話してしまった」という方はとても多いです。

このタイプの人は、ネガティブな事を言わない人が多いです。

ネガティブな言葉は人間関係を悪くしてしまうという事を知っているからです。

どんな事でもネガティブな事を言わずにポジティブな言葉で返します。

ですので「元気になりたい時はこの人と話したい」と思われている事がとても多いです。

なぜ電車の座席で真ん中に座るのかを知ろう

電車であえて真ん中に座る人の心理についてご紹介しました。

電車で真ん中に座る人の心理は様々ですが、基本的に上記の3つのパターンがとても多いです。

基本的に電車の真ん中に座る人は、強いメンタルを持ち堂々としている人が多いです。

ですので、もし自分が少しメンタルが弱いなと感じたら電車の真ん中に堂々と座ってみましょう。

堂々とする事に慣れる事で少しずつメンタルを強くする事ができるようになります。