アゴに手を当てる癖をする人の心理や性格とは

最終更新日:2017年4月20日

アゴに手を当てる癖のある人には一体どのような心理や特徴が隠されているのでしょうか。

ここでは、アゴに手を当てる癖がある人の心理や特徴についてご紹介します。

この癖がある方や周りにいる方は是非参考にして下さいね。

1.自分に自信がある

アゴに手を当てる癖がある人は、自分に自信がある人です。

本人は気が付いていない場合でも、深層心理では実は自分に自信があります。

その心理がアゴに手を当てる癖となって出ているのです。

自分に自信があるので、いつでもどこでも落ち着いて堂々としています。

この場合、実力があるならこの癖もかっこよく見えますし、周りの人から「あの人はいつでも自分に自信があって堂々としています。

実力もあるから付いていきたい」と思われますが、問題は自分に実力が無いのに自分に自信があるパターンです。

悪いタイプのナルシストで、実力が無いのに自分に実力があると思い込んでしまっています。

さらにプライドも高いのでとても扱いにくいタイプです。

周りにこのタイプの人がいる場合、同僚や上司ならできるだけあまり近づかないようにする事がベストです。

部下や後輩にいた場合は一度きっちりと注意をするようにしましょう。

2.人を見下したいと思っている

アゴに手を当てる癖がある人の中には、人を見下したいと思っている心理の人もいます。

向上心がとても強く、自分が絶対にトップに立ちたい、他の人がトップに立っているのを見るのが嫌だと思っています。

自分の事が大好きで、自分以外の人を認めないという心理の人です。

この心理の人は発言の内容もとても過激です。

特に弱気な人に対してはより強気な発言をして絶対に自分に屈服させようとします。

相手が自分に従っている時間がとても幸せです。

また、自分と同様強気な人に対しては一触即発になる事もあります。

このタイプの人にとって信じられるのは自分だけです。

他の人を信じる事はありません。

そしてそれでいいと思っているので、考えが変わる事はまずありません。

ですので、このタイプの人が近くにいた場合、近づかないようにする事が一番の対処法です。

万が一話をしないといけなくなった時は、相手を上手く褒めて立てる事で満足します。

敵に回すととても面倒で厄介な事になるので、接触を避けるようにしましょう。

3.冷静に物事を考えている

冷静に物事を考えている時、ついアゴに手を当ててしまう癖が出るという方は多いです。

この心理の人は、アゴに手を当てる事で精神的にリラックスして物事を考える事ができる人です。

物事を冷静に考えるにはリラックスする事が一番です。

このタイプの人は、それを本能で理解しています。

どんなに突発的な事態になったとしても冷静に考える事ができるので、周りの人からとても頼りにされています。

また、頭の回転がとても速いので、学生時代優秀な成績だったという方は多いです。

この場合の心理は、冷静に物事を考えたいというだけですので、人を見下したいとか自分に自信が過剰にあるという心理ではありません。

ですので、発言の内容は論理的かつ客観的です。

どんな時でも自分を見失う事は無いので、このタイプの人が一人グループにいてくれたらとても安心です。

感情的に熱くなる事は無いですし、冷静に人に対して注意したり指摘する事ができるので、リーダーよりもサブリーダー向きです。

リーダーが迷っている時に色々な道筋を示す事ができますし、またリーダーの方針が決まっている時はしっかりと支える事ができます。

4.無理に自分を良く見せようとしている

アゴに手を当てる仕草をカッコイイと思っている人は多いです。

ですので、それを癖にする事で無理に自分を良く見せようとしているという心理の人もいます。

このタイプの人は、本当は自分に自信の無い人です。

そんな自分に自信の無い自分を隠すために、アゴに手を当てるのを癖にして周りに見せる事で周りの人から「あの人はカッコイイ人なんだ」と思って欲しいのです。

この場合、しっかりと自分に実力があればカッコよく見えます。

ですが、無理に自分を良く見せようとしている場合、ほとんどの場合実力が無く、実績も少ないので周りの人からはカッコイイどころか滑稽だとすら思われています。

この場合はやはりしっかりと努力をして自分に実力を付けるようにする事が一番です。

努力をせずに見た目だけカッコよくしても、周りから認めてもらえるはずがありません。

実力があってこそ初めてこの癖がカッコよく見えます。

ですので、できる事から努力をして周りから認めてもらえるようになりましょう。

アゴに手を当てる癖の心理を知ろう

アゴに手を当てる癖がある人の心理や特徴についてご紹介しました。

この癖がある人を見かけた時は、実力があるか、発言が傲慢ではないかをしっかりと確認しましょう。

実力があり、傲慢な発言が無い場合は冷静に物事を考える事ができる頼りになる人です。

また、実力も無いのに傲慢な発言をしている場合はプライドが高い少々厄介な人です。

できるだけ近寄らないようにしましょう。