言葉がきつい人の心理とは。なぜきつい言葉を吐き捨てるのか

最終更新日:2016年6月23日

「あの人、ちょっと言葉がきつくて付き合いにくいな」という方が身近にいたり、ついきつい言葉を言ってしまう人はいませんか?

ここでは、そんな言葉がきつい人の心理についてご紹介します。

1.どんな状況でも媚びたくないと思っている

いつも、どんな状況でも誰に対しても言葉がきつい人は、どんな状況でも媚びたくないという心理の人です。

自分に自信があり、いつでも自分の力だけで生きていきたいと思っています。

このタイプの人は、自分の実力を何より信じ、実力をどんどんつけたいと思っているので努力する事を惜しみません。

いつでもどこでも努力をして常に自分を磨いています。

また、人と一緒に行動するのがとても苦手です。

どんな時でも自分を貫きたいので、大勢で行動するよりもむしろ一人で行動をする方を好みます。

言葉はきついですが、その潔い生き方に憧れるという女性はとても多いです。

媚びたくない人は、部下や後輩よりもむしろ上司や先輩に対して言葉がきつくなる人が多いです。

上司や先輩に対して媚びていると思われたくないので、自然と口調がきつくなってしまいます。

ですので、部下や後輩からは尊敬されますが、上司や先輩といった上の立場の人から特に疎まれる状況になってしまう事が多く、それが原因で損をしている事もあります。

ですが、本人的には「媚びていると思われるくらいなら、損をした方がいい」と自分を貫いた事に満足しています。

周りにこのタイプの人がいる時は、ビクビクせずに堂々と話す事を心がけるようにしましょう。

媚びない人は、同じように媚びずに堂々としている人を好みます。

お互い堂々とする事でいい人間関係を築く事ができます。


2.心に余裕が無くなっている

前はとても優しかったのに、最近口調がきつくなっているという方は、心に余裕が無くなっている心理状態になっています。

心に余裕が無いので、他の人に気を使う事ができなくなっているのです。

もし、自分が今いっぱいいっぱいで心に余裕が無くなっているという時は、口調がきつくなっていないかよく自分自身を振り返ってみましょう。

口調がきつくなってしまうとさらに心に余裕が無くなってしまい、それが原因で落ち込んでしまうので悪循環になってしまいます。

さらに周りの人から「あの人は性格がきつい人」と誤解を与える事になってしまいます。

自分で心に余裕が無いと自覚している人は、心に余裕を持たせるようにする事で口調を柔らかくする事ができます。

心に余裕を持たせるようにする方法で一番大切なのは、自分にも他の人にも優しくする事を忘れない事です。

他の人には優しくしても自分に厳しいと心も体も疲れきってしまいます。

心に余裕が無い時は、疲れきっている時です。

ですので「ちょっと疲れたから自分へのご褒美でいいものを買おう」「今日は頑張ったからちょっと休むようにしよう」と自分で自分に優しくしてあげましょう。

そうする事で徐々に心に余裕が出てくるので、口調がやわらかくする事ができます。

友達が口調がきつくなっている時は、友達の悩みを聞いてあげましょう。

友達も悩みを打ち明ける事で心が楽になりまた前のように楽しく話す事ができるようになります。

3.自分が偉い事を自慢したい

後輩や年下、部下等自分よりも立場が下の人に対してだけ口調がきつい人は、口調をきつくする事で自分が偉い立場である事を自慢したい人です。

きつい口調で話す事でいかに自分が偉い立場にいるのかを周囲の人に示しています。

このタイプの人は、1の媚びない人とは真逆で自分よりも立場が上に人に対しては思い切り媚びるのが特徴です。

自分よりも立場が強い人には媚び、自分よりも立場が弱い人に対しては偉そうにする人は当然多くの人からは嫌われています。

こういう人が身近にいる時は、できるだけ近づかないようにする事がベストです。

思わず腹が立つ事も多いですが、同じことを考えている人が周りに大勢いるばずです。

味方がたくさんいるので、話し合ってどう対処していくか相談するようにしましょう。


4.その人の事を好きな場合も

男性が自分にだけきつい言葉で話す時は、実は好きだからこそきつい事を言ってしまうという心理の人もいます。

とても不器用な人で、そうする事で自分の事を考えて欲しい、振り向いて欲しいと思っています。

ですが、それはあまりに自分勝手というものです。

きつい態度を取られた方は傷ついてしまい、相手を好きになるどころか嫌いになってしまいます。

男性は、女性が本気で男性の事を嫌いになってから初めて自分が間違っていたという事に気がつくのです。

この場合、男性からいきなり告白をされて驚く事もあります。

「私はあなたにきつい口調で話しかけられてとても傷ついた」という事を必ず伝えましょう。

その後、男性がとても反省しているなら付き合う事を考えてみましょう。

ただ、トラウマになるほど傷ついている場合はしっかり断り、別の男性と素敵な恋をするようにしましょう。

きつい言葉をかける人の心理を知ろう

言葉がきつい人の心理についてご紹介しました。

言葉がきつい人の心理には様々なものがあります。

言葉がきつい人が周りにいる場合はできるだけその人の事を考えないようにしましょう。

考えれば考えるほどストレスになってしまうのでよくありません。

自分自身がついきつい言葉を使ってしまう時は、心に余裕を持つ事と他の人への思いやりの気持ちを忘れないようにしましょう。