ダイエット中のイライラを解消する方法3つ。ストレスを溜めないことが大切

最終更新日:2015年5月31日

「ダイエット中で食べたいものが食べられない!」というときには、無性にイライラしてしまいますよね。

でも、ストレス解消のために食べてしまっては元の木阿弥です。
ダイエットの辛さを紛らわす方法を考えてみましょう。

1.空腹を紛らわすためには芋類を

お腹が空いてイライラするときには、いっそ何か食べてしまうのが一番効果的です。

「そんなことわかってる!だけどダイエット中なんだ!」とお怒りになる前に、できるだけ少量・低カロリーで空腹感を抑える方法を試してみてください。
それは、吸収の遅い糖分を取ることです。

空腹のイライラ感は血糖値の急激な低下によって起こります。
吸収の早い糖分はその分血糖値の低下も早くなり、結果としてイライラを招いてしまうのです。

そんなときにオススメしたいのが、芋類です。

間食に少量の芋を取り入れてみてください。
食物繊維の消化には時間がかかるので長く空腹感を抑えられると同時に、ダイエット中に陥りがちな便秘の解消にも一役買ってくれますよ。

2.歯磨きをする

どうしてもイライラするときは、「なにか食べたい!栄養が足りない!」と訴える脳をなんとかして騙してしまいましょう。

その際には、言葉によってああだこうだ考えてみるよりも、行動によって無意識に思い込ませる方が効果的です。
空腹に伴うイライラへの対処法としてオススメなのは、歯磨きです。

歯磨きという行為は、朝の寝起きにする1回以外、ほとんどが食後に行う習慣です。
「どうしても何か食べたい!」というときに歯磨きをすることで、「食事はもう終わった」という錯覚を脳に起こさせることができるのです。

さらに、歯磨き粉のミントの香りには食欲減退・抑制の効果があります。
歯磨きによって「今さっき食べたばかりだし、今はもうなにも食べたくない」と脳に思い込ませることができれば、口中同様イライラ感もスッキリすることでしょう。

3.体を動かしてみる

そもそもダイエットでイライラを覚えるということは、そのダイエット方法に無理があるのです。
生きようとがんばっている体から栄養源を取り上げるだけという不健康なダイエット、もしくは必要以上に痩せた体を作り上げるための無理なダイエットをしていないか、改めて考えてみましょう。

その上で、少し外を歩いてみてください。

自分の体の動きは、以前に比べると軽やかではありませんでしたか?
どんなダイエットをしていても、大小の差こそあれ効果は必ず表れているものです。

軽やかさに納得できたらそこでダイエットを終わりにするもよし、今だけの気が紛れるまで歩き続けるもよし、以降のダイエットには運動も取り入れると決めるもよし。
ときどきは体を動かしてみるというのは偉大なものです。

ストレスをためずにイライラをなくす

ダイエットが辛くなるのは、体が変化にストレスを感じているからです。

今までと違う食事量、生活スタイルへの違和感を訴えているのです。
イライラを覚えないためにも、即効性を追い求めない無理ないダイエットをするように心がけてくださいね。