お腹まわりのダイエットをして痩せる方法5つ。無理せず徐々にウエスト周りのダイエットをしよう

ダイエット 自分磨き最終更新日:2019年6月18日

痩せようと思って運動や食事制限をしても痩せてほしいところが痩せなかったという経験はないでしょうか。

ダイエットと言っても、痩せたい場所に対して効果的なダイエットをしなければ部分痩せは出来ません。

ウエストが太くてスカートが入らない、お腹がポッコリしているなど、太ったことにすぐに気が付くのはお腹周りですよね。

女性は特にタイトなスカートや、スッとしたパンツなどの格好をしたときにお腹が出ていたら恥ずかしい思いをしますよね。

女性がお腹周りを痩せさせるためには何をしたら効果的なのかをご紹介します。

フラフープ運動を行う

お腹周りを痩せさせるためには、やはり運動が不可欠です。

しかしあまり筋肉が無くてうまく運動できなかったり、運動をすること自体が苦手な女性も多いものです。

頑張ってキツい運動で痩せようと思っても、運動が3日も続かなくて諦めてしまうなんていう女性も少なくありません。

そのような運動が苦手な女性にオススメなのはフラフープです。

フラフープといっても子供の時に遊んだようなものではありません。

最近ではダイエット専用のフラフープが売られていますので、ぜひそういったものを使ってください。

このダイエット専用のフラフープは、フラフープの内側が波のようになっていて普通のフラフープよりもお腹周りのお肉が刺激されるようになっているのです。

そのフラフープを使って、運動をすることから始めてみましょう。

まずは、朝と夜に3分間ずつ回すことからやってみて、慣れてきたら5分間ずつ回すことを目標にスタートしてみましょう。

久し振りにフラフープ運動を行うという方や、はじめてフラフープ運動を行うという方ですと、はじめのうちはなかなか感覚が掴めないでしょう。

フラフープが回せずにすぐに地面に落ちてしまうということもありますが、諦めずに続けましょう。

続けていれば必ず上達し、5分間以上簡単に回せるようになります。

そして、どんどんと上達して長時間回せるようになれば徐々にフラフープをする時間もさらに増やしていくと良いでしょう。

普段はあまり刺激を受けることのないお腹周りを毎日刺激することで、みるみるうちにお腹周りがスッキリしていきますよ。

呼吸を意識する

呼吸を意識することで、お腹周りを痩せさせるという方法です。

ある程度大きく息を吸い、その息を吐くときにお腹がへこむまで思いっきり吐き出しましょう。

この呼吸法を普段の生活で心がけるようにします。

すると、普段からお腹をへこませるクセが付きますので、少しずつお腹がへこんできます。

お腹をへこませることを意識していると、その時に普段使うことの無い筋肉を使うことができますので、自然とお腹周りの近畿肉鍛える事が出来るのです。

通勤中や、普段家事をしている時などに意識して呼吸をするだけで、無理なくお腹周りが痩せていきます。

運動などと比べると効果が出るまでには少し時間が掛かりますが、その分生活の中に簡単にとりいれることができます。

どうしても運動が苦手だという方や、忙しくて運動をする時間がとれないという方には特にオススメです。

根気強く行うことで、必ず効果が表れてきます。

お風呂でお腹をマッサージをする

なかなかダイエットが続かないという人も多いものですが、日常生活の中の習慣に取り入れてしまえば案外自然と続けられるものです。

最もカンタンにダイエットが出来るのはお風呂の時間です。

あなたはお風呂の時間に、バスタブにただ浸かってボーッとしていませんか?そのようなお風呂の時間を過ごしていてはもったいないです。

その時間を利用して、お腹周りをマッサージしてみてください。

お風呂のお湯で身体も温められていますし、脂肪の消費がされやすい条件が揃っているお風呂でマッサージを行うことで、とても効果的に痩せられます。

最近はダイエットによく効くカプサイシン入りやジンジャー入りの入浴剤などもありますので、それを使ってダイエット効果を高めるのもとてもよいでしょう。

そして、最後にバスタブから出て身体を洗うときにダイエットソルトを使って強めに揉み込むようにマッサージをしましょう。

毎日続けることで、その一連のマッサージが習慣になっていきダイエットをしているという感覚をあまり持つこと無く痩せられます。

生活の中にウエストねじりエクササイズを取り入れる

お腹周りのお肉を効果的に落とすためには、ウエストをねじるようなエクササイズを行うことが近道です。

このウエストをねじるという動きを、普段の生活の中に取り入れてみましょう。

例えば、洗濯物をたたむときなどはこのエクササイズを行う絶好のタイミングです。

洗濯物をたたむ際、あえて洗濯かごを自分の真後ろに置きましょう。

そして、その場に座り、洗濯物を畳んでください。

洗濯カゴが自分の真後ろにありますので、必然的に振り返らなければいけなくなるはずです。

こうすれば自然とウエストねじりエクササイズができてしまうので無理なくこのエクササイズを続けることができるでしょう。

ただし、その際は必ずウエストからしっかりねじることを意識してください。

手だけ後ろに回りたり、首からねじったりしてしまうとウエスト痩せの効果は得られにくくなります。

また、首だけねじったような動きをした場合には、首を傷めてしまう原因にもなりかねませんので十分に注意してください。

ウエスト周りに効果のあるヨガをおこなってみる

ヨガはダイエットにも心身をリラックスさせるためにも万能なエクササイズです。

また、ヨガマットさえあればどこでも行うことができますのでとても手軽です。

ヨガは、部位ごとにポーズが分かれていますので、ウエスト周りに効果のあるヨガのポーズをおこなってみるのもオススメです。

特にオススメしたいヨガのポーズをご紹介します。

まず、ヨガマットの上にあおむけに横になりましょう。

ヨガマットがないという方は、カーペットやたたみ、ベッドの上など身体を横にしても痛くない場所を選んでください。

次に、両手を肩のラインまであげてから、そのまま横に伸ばしましょう。

それができたら、両方のヒザを折りたたみます。

そして、両方のヒザをまずは右側にたおしてみてください。

その際に、肩が浮かないところまでたおすのがポイントです。

そして、顔をヒザの方向とは逆側、つまり左側に倒します。

こうすると自然とウエストがねじれますので、ウエスト周りのお肉に刺激を与えることができます。

このポーズをキープしたまま、深い呼吸を5回程度おこなってください。

鼻から大きく吸って、同じく鼻から細く長く吐き出すのがポイントです。

5回の呼吸が終わったら、次に両ヒザを左側にたおします。

そして、顔はヒザの反対側、つまり右側にたおしてください。

そのまま、同じように5回程度深い呼吸を繰り返します。

このポーズを毎日おこなえば、少しずつウエスト周りがスッキリしてきますし、リラックス効果もありますので、ぜひ試してみてください。

継続的なダイエットでお腹周りをスッキリさせよう

どの方法も3日程ではすぐに効果が出るものではありません。

ダイエットは短期間に痩せやすければ痩せやすいほどリバウンドしやすくなってしまいます。

逆に徐々に痩せるほどダイエットを継続している時間が長いわけですからリバウンドしにくいです。

自分に合ったダイエット法を一日の生活の中の習慣として取り入れて、お腹周りをスッキリさせましょう。

 

    「お腹まわりのダイエットをして痩せる方法5つ。無理せず徐々にウエスト周りのダイエットをしよう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/22(火) 23:46

    フラフープ楽しく続けられそうでいいですね。もう何年もやっていないのでやれるか?というところからの始まりですがやってみたいです。

この記事への感想を書く