同棲が嫌になった時どうすれば良いか

最終更新日:2017年3月17日

初めは大好きな人との同棲は楽しいことばかりだったのに、いつの間にか現実を見ると大変なことが多くなっていきます。

いつしか楽しかった同棲生活が嫌だと感じるようになっても、いく当てがなければ我慢するしかないのでしょうか。

同棲していることが嫌になった時の対処法を紹介します。

1.何が嫌なのか相手に伝える

同棲生活が長くなるほど相手の嫌な部分が見えてくるので、同棲が嫌になってしまうこともあります。

そんな時は相手に対して、自分が何が嫌だと思っているのかをはっきりと伝えましょう。

お互いに相手の嫌な部分が見えてくるものですが、何も言わなければ改善することもできません。

同棲しているのならば相手に遠慮することなく、しっかりと嫌なことははっきりと伝えるべきです。

これから何十年と一緒に同棲をすることになるかもしれないのに、ずっと我慢してストレスを溜めたまま同棲するのは無理ですよね。

共同生活とはお互いが悪い所があれば直すことで、一緒に楽しく生活することができます。

自分が嫌だと思うことがあれば、はっきりと相手に伝えましょう。

2.同棲生活のルールについて話し合ってみる

同棲していることが嫌になった原因が、自分たちが作ったルールにあるのならば、もう一度しっかりと話し合ってみましょう。

こういったルールーは初めはしっかりと話し合って決めるものですが、同棲生活が長くなると曖昧な感じのままになってしまいます。

そのためいつしかどちらかの負担が多くなったり、嫌だと思いながらもルールに従うことで、毎日の生活がつまらないと感じてきます。

同棲するには自分たちのルールが必要不可欠ですが、そのルールが嫌になったらはっきりと相手に伝えて話し合ってみましょう。

同棲しているカップルは同じ屋根の下でルールに従って生活をしています。

そのルールが精神的に自分を苦しめていることが同棲生活が嫌だというなら、話し合うことが大切です。

だんだんとルールについて話し合うことも少なくなっていくので、真面目でしっかりと決めたいタイプの人はストレスが溜まってしまうでしょう。

3.あえて冷たい態度をとって相手の反応を見る

カップルにもありがちですが、長く続くほど相手への態度が冷たくなったり、愛情を感じなくなってくるものです。

好きな人と同棲して一番近くにいるのに、同棲生活が嫌だと感じるのは、相手に対してかなりのストレスが溜まっている証拠です。

そこで相手に対して一度冷たい態度をとってみて、相手の反応を見てみるのもいいでしょう。

相手が何も感じず普段通りならば、きっと昔よりも愛情が冷めてしまっているのかもしれません。

逆にしきりに謝ってきたり機嫌を伺うようならば、何か隠し事をしているのかもしれませんし、本当に好きだと思ってくれているのかもしれません。

いずれにしても一緒に住んでいるならば、より相手のことに対して真摯に向き合うことが大切です。

それが同棲していて相手から感じないのであれば、冷たい態度をとって試してみるのもオススメします。

相手の気持ちがはっきりと分かれば、嫌だと思っていた同棲生活もやり直そうと頑張ることができるかもしれません。

4.お互い干渉しないで家庭内別居をする

誰もが同棲生活がうまくいくとは限りませんし、好きだけど一時的に仲が悪くなる時期もあるものです。

別れるのは簡単ですが離れたら後悔するのも分かっているので、そんな時は家庭内別居をして様子を見てみましょう。

家庭内別居はお互いのことを干渉しないことがルールなので、同棲生活と独身生活の中間の生活をすることができます。

お互いが好きなことをやってストレス発散すれば、自然と関係も良くなっていくかもしれません。

同棲生活自体が嫌になる時期もあるので、一時的にでも家庭内別居をして様子を見て、それでも嫌なら出ていくという選択肢を選びましょう。

5.同棲生活に期限をつけて様子を見る

自分の中で同棲生活が嫌だと思っても、一時的なものかもしれませんし、出ていたら後で後悔するかもしれません。

家を出ていくのは簡単ですが、同時に破局もするので悩みどころですよね。

そこで同棲生活が嫌だと感じたら、同棲生活に期限を決めてみましょう。

できれば話し合ってみることが一番いいですが、自分が嫌だと思っていることが期限内に改善できなければ、同棲生活を解消することを決めます。

原因はいろいろあると思いますが、相手に対しての不満ならば改善するか相手次第ですし、生活自体のルールならば話し合って直すようにしましょう。

一度嫌だと思ってしまうと改善するのは難しいですが、それでも相手が必死で嫌な部分を直そうとしてくれる姿を見れば、心が揺らぐかもしれません。

期限を決めることでどちらにせよスッキリ決められるので、結論は様子を見て判断しましょう。

同棲が嫌になったら自分の気持ちに従おう

同棲生活は好き同士な人が一緒に住むものなので、お互いが一緒にいたいという気持ちが一番大切です。

そのためには家事の分担や助け合いなども必要ですが、無理をして一緒にいることはありませんよね。

気持ちが変わることもあれば、一緒に住んだことで相手の嫌な部分が見えてくることもあります。

同棲生活が嫌になった時は、自分の気持に素直になって行動することをオススメします。