同棲解消をスムーズにしたい時に使える理由

最終更新日:2016年10月26日

せっかく同棲をしても、やっぱり解消したいと思うことがあります。

しかし、それを正直に伝えてしまうと、相手は嫌な気分になってしまうことでしょう。

上手に相手の気分を損ねないで同棲を解消するには、どのような理由があるでしょうか。


1.親の介護のため実家に帰ると言う

相手の気分を損ねずに同棲を解消したい時、親の介護を理由にしてみましょう。

親の介護をするために実家に帰る必要があると言えば、相手も「それでは仕方がない」と思ってくれるはずです。

親の介護は、誰でも抱える問題です。

今までは元気だったけれど、だんだんと足腰が弱ってきて、何かと手伝いが必要となります。

今は親の介護の問題は、何かとテレビや雑誌などのメディアでも取り上げられているので、同棲している相手も介護問題は意識しているかもしれません。

子どもが親の介護をするのは、一つの義務でもあります。

他の誰かや同棲相手に代わってもらうことはできません。

それを分かっているからこそ、親の介護のために実家に帰ると言われたら、同棲解消に同意するしかなくなります。

親が年齢が高くなって、どうしてもヘルプする必要が出てきたと言えば、相手も「仕方がない」と納得してくれるでしょう。

同棲解消は残念でも、それが理由で気分を損ねることはありません。

親の介護は、誰にとっても見過ごせない問題であり、同性愛手にとっても他人ごとではないからです。


2.仕事を理由に同棲ができなくなったと伝える

同棲を解消したい時、相手の気分を損ねないようにするには、仕事を理由にしてみるのも一つの手です。

例えば、仕事上で転勤の可能性があることを伝えて、そのために引っ越しせざるをえないと告げれば、相手も気分を害することなく、同棲解消をしてくれることでしょう。

転勤のために引っ越しするのは、社会人で働いている限り、誰にでも起きうることです。

また転勤まではいかなくても、部署が変わって仕事が忙しくなることを理由に、会社の近くに引っ越しをするように促されたということを伝えれば、相手も同棲解消に同意をしてくれるでしょう。

自分との同棲が嫌になったと言われれば、誰だっていい気分はしません。

しかし仕事が理由なら、相手のプライドも傷つかないので、スムーズに同棲を解消しやすくなります。

同棲を解消したいと思ったら、相手に仕事を理由に引っ越しをすると告げてみるのです。

転勤や部署の配置転換を理由に、同棲解消を申し入れれば、きっと納得してもらうことができるでしょう。


3.家族に同棲がばれたことを理由に同棲を解消する

相手の気分を損ねないで同棲解消をするなら、家族に同棲がばれたということが理由になります。

同棲することに対して反対する家族はまだまだ多く、それを伝えて同棲を解消したいと言えば、相手も納得してくれるでしょう。

同棲していることがばれて、家族に注意されたと言えば、たいていの交際相手は躊躇するはずです。

二人が後々結婚を意識しているとしても、一度生活を別にして、双方の家族に挨拶をして結婚式をした後に再び同居すればいいと、特に年配の家族は思うはずです。

そういう考えは、現在の日本ではだまだスタンダードな考え方でもあるでしょう。

それなのに無理に同棲を貫いてしまうと、相手の家族との間にしこりが残ってしまいかねません。

それを避けるためには、一度同棲の解消をしておいた方がいいだろうと、相手も納得してくれるはずです。

同棲解消をしたいと考えたら、同棲が家族にばれたことを理由にしてみるのです。

いつか二人が結婚するとしても、とりあえず周りとのいざこざを避けるために、同棲を解消しようと考えてくれることでしょう。


4.大家さんに契約違反だと言われたことを告げる

家を借りる時、物件によっては複数の人間の同居を認めていないものもあります。

もし自分が借りている家に相手が住み着いて同棲しているなら、大家さんに同棲が見つかって、契約違反であると言われたと伝えてみましょう。

そうすれば、きっと相手の気分を損ねずに、同棲を解消することができるでしょう。

物件によっては、シングルの人を対象にした部屋もあります。

それなのに、いつの間にか居住者が増えていたりすることは、やはりまずいことでもあります。

厳密に契約書に書いてなくても、大家さんや不動産会社から問い合わせがあったり注意を受けたと言えば、きっとこのまま同棲していてはまずいだろうと、考えてくれることでしょう。

「私は同棲を続けてもいいのだけれど、余計なトラブルになると困るから」と伝えれば、相手も分かってくれるでしょう。

万が一にも契約違反だと訴えられたらとんでもないことになってしまいます。

次に家を借りる時にも、どんな支障が出るか分かりません。

そのことを伝えて、同棲解消を申し出れば、相手も仕方がないという風に考えて、同棲解消に同意してくれるでしょう。

同棲をスムーズに解消しよう

相手の気分を損ねないで同棲を解消する理由となるのは「同棲解消は仕方がないことだ」と思わせるのがポイントです。

本人の希望ではなく、何かの事情でそうなるなら、相手も納得しやすいでしょう。

丁寧に相手に事情を説明すること、そして納得してもらうことが、相手の気分を損ねずに同棲を解消するためには必要です。