同棲する時の生活費はどう分担すれば良いか。彼氏と生活費の配分を相談しよう

最終更新日:2015年10月18日

大好きな彼氏と同棲をすることになってとても嬉しい、でも生活費をどうすればいいか分からないという方は多いです。

そこで、同棲する時、生活費はどう分担すれば良いかについてご紹介します。

1.まずはしっかりと話し合う

大好きな彼氏と同棲をすることに決まって、彼氏も彼女もとても嬉しくて生活費をどうすればいいか話し合うのを忘れてしい、勢いで一緒に住むことになったということはよくある話です。

とても嬉しいのは分かりますが、ここでどうすればいいか話し合うのを忘れていて、後でどちらかの負担が大きくなってケンカになり最悪別れてしまうことすらあります。

同棲が決まったらまず生活費をどう分担するのか話し合いましょう。

お互い納得をする形になるまでとことん話し合うことで後でケンカにならずにすみます。

ここの話し合いで大事なのは、結婚するための貯金をどうするかもしっかりと話し合うことです。

意外とここを話すことを忘れていたので、結婚までの資金が貯まらずにいつまでたっても結婚をすることができずに何年もたってしまったということは意外とよくあることです。

いつまでに結婚をするかを具体的に決め、結婚式をするか、いくら貯まったら結婚するか等具体的に決めて置くことで確実に結婚への道を歩むことができます。


2.折半にする

彼氏も彼女も稼ぎが同じなら、折半にするパターンが1番多いです。

完全に折半にすることでお互い気持ちよく過ごすことができるのがメリットです。

また、生活費さえしっかりと払えば後のお金は自分で自由に使うことができるのもメリットです。

それに完全に折半にすることで家事も半々にしようと言いやすいので、家事の事でケンカをせずにすみます。

デメリットは、完全に半々なのでケンカをしてしまった時や彼氏への愛情が薄れてしまった時に、特に女性側がもう半分出せば一人暮らしができるか、実家に帰れば半分以下の負担ですむから今よりも快適に暮らせるのでは?と思いあっさり別れる事になってしまうことです。

半々にするカップルはお互いに自立心が高いので、少しでも「この人とは生活しにくいな」と感じたらすぐに別れ話になりやすいので気をつけましょう。


3.彼氏の方が若干負担が多め

同棲で1番多いパターンがこの彼氏の方が若干負担が多めのパターンです。

ゴールインまでするカップルも1番多く、男女ともにこの彼氏の方が若干負担が多めの提案をすることが多いです。

彼氏は守るものができたということで結婚までの下準備ができるのと、仕事も彼女のために頑張らないとと思うので業績が上がったという方が多いです。

彼女は彼氏に守られているという安心感が生まれ、彼氏を旦那という目線で見ることができるので将来への期待が高まり、ますます結婚したくなります。

また、彼氏がお金を負担してくれているということでお金をより大事に扱わないなと思うので慎重に買い物をするようになるので、結婚前の予行練習をすることができ、結婚してからもスムーズに過ごすことができます。

また、彼氏が若干負担が多めに負担してくれている分、自分が結婚の資金を貯めたいと思う彼女は多く、早く資金を貯めることができるのですぐに結婚をすることにしたというカップルは多いです。


4.彼氏の方が全額負担する

前よりは減りましたが、生活費は男性が全額負担しないとと思っている男性は多いです。

この場合のメリットは、自分は一切の負担がないので働かなくても良くなるか、今までよりも仕事での負担を減らすことができることです。

家事に全力を出すことができたり、インターネット等を使って自分の好きな仕事等を好きにすることができるのもメリットです。

デメリットは、女性側は初めは全額負担してくれるからありがたいと思いますが、こういう男性は古風な考えを持っていることが多く、自分は生活費を全部入れているのだから家事は女性が全てすると考えている事もあります。

ですので、一切家事を手伝ってくれないというパターンもよくあります。

彼女が風邪を引いたりと病気になってしまった時も一切手伝ってくれないという事もあり、そういう時に別れ話が出やすくなってしまいます。


5.彼女の方が全額か多めに負担する

近年増えているのが彼女の方が全額か多めに負担をするパターンです。

このパターンも実は上手くいきやすいです。

初めから彼女がしっかり働き、彼氏が彼女を支えるという考えをお互いが持っているので、お互いがお互いを尊重し仲良くすることができます。

ですので、同棲して上手くいくとすぐに結婚をするカップルは多いです。

子どもが生まれてからも彼氏が面倒をきちんと見てくれるという安心感から何人も産む女性もいます。

このパターンは同棲の際の話し合いもすぐにすむので、付き合ってすぐに同棲、結婚と展開が早いので周りが驚くということもよくあります。

同棲時の生活費は事前にきっちりと話しておこう

同棲する時、生活費はどう分担すれば良いかについてご紹介しました。

この生活費の問題は、カップルの数だけあるのでしっかりと話し合い、同棲してからケンカにならないようにしましょう。

同棲するということは結婚までもう少しです。

ここでケンカになり、別れることがないようにお互いとことん話し合い、幸せな同棲生活を送って下さいね。