同棲にかかる初期費用はいくら?同棲に必要なお金まとめ

最終更新日:2015年10月17日

大好きな彼と、これから同棲するとなると、嬉しい反面、お金の面で悩んでしまうこともあるでしょう。

まず、同棲開始に伴う初期費用、これはいくらくらいかかるものなのでしょう。

今回は、同棲を始めるに伴う費用についてご紹介します。

1.まずは、不動産会社に支払う費用

ここでは、どちらかの家に転がり込む形の同棲ではなく、二人で部屋探しから始めるタイプの同棲についてご紹介します。

そうなると、まずはお部屋を決めなければいけませんよね。

結論から言うと、家賃の相場は地域によって様々で、一概にいくらかかるとは言えません。

ですが、不動産会社に支払う初期費用としては、家賃の予算の4~6倍と考えておくと良いでしょう。

この内訳は、敷金が家賃の1~2か月分、礼金が1~2か月分、仲介手数料1か月分、前もって払う前家賃が1か月分です。

つまり、家賃が10万円のお部屋に引っ越すなら、40~60万円のお金を、不動産会社に支払う必要があるということです。

また、ペットがいる場合は、これに加えて「ペット礼金」なるものをさらに家賃1か月分の金額支払う必要が出てきます。

ただ、地域によっては礼金のシステムが無いところや、初期費用を抑えたプランを提案している不動産会社もあるので、必ずしも上記の金額がかかるとは言えません。

MAXでこの程度かかると考えておけば良いでしょう。


2.引っ越し費用

お部屋が決まれば、引っ越しを考える必要があります。

別々に暮らす二人が一つのお部屋に引っ越すのですから、通常は、2回分の引っ越し費用がかかると考えておきましょう。

もちろん、トラックなどを借りて自分や仲間内で引っ越しを済ませられるのなら費用はかかりませんが、遠隔地だったり、重たい家電が多い場合は、業者に頼んだ方が良いです。

無理をさせて腰などをやられてしまっては、ご飯をご馳走する程度では済まなくなってしまいますからね。

引っ越し業者にお願いする場合の費用ですが、荷物量などにもよりますが、大体、ワンルームや1DKの荷物量で、5~10万円かかると言われています。

これが2回分ですから、10~20万円と見ておけば良いでしょう。

ただ、海を渡るような遠隔地から引っ越す場合はこれよりもかかりますし、運ばずに処分する荷物が多い場合は、もっと安くなる可能性もあります。

また、エレベーターの無い建物の上階に引っ越す場合や、大型の荷物などを窓から搬入する必要がある場合は追加料金がかかることも。

10~20万というのは、あくまで大体の目安として考えておいてください。


3.家電にかかる費用

これは、カップルの考え方によって変わってきます。

結婚を前提としていない同棲なら、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電は、どちらかが使っているものをそのまま使用することが多いでしょう。

その場合は、使わない方を廃棄する費用だけで済みます。

リサイクルショップに引き取ってもらえるくらいキレイなものなら、むしろプラスになります。

しかし、結婚を前提とした同棲なら、この機会に大き目の生活家電に買い替えるという人も少なくないでしょう。

ただ、全ての家電を大型にするとなると、購入費用はかなりのものになります。

ここで、何か一つだけ買い替えるのなら、冷蔵庫をオススメします。

二人暮らしになると、小さな単身者用の冷蔵庫は絶対に容量オーバーになりますし、一人暮らしに比べて、たくさんの食材を使った料理を作る機会が増えるからです。

ファミリータイプの冷蔵庫は大体10~20万程度しますが、最新のものはエコ仕様なので、大きくても電気代がかからず、長く使うなら高い買い物ではないです。

それ以外の家電は、壊れてからおいおい、ということにしても不便はありません。


4.家具

今までワンルームに住んでいたのなら、ちゃぶ台やシングルベッドくらいしか荷物が無いことが多いでしょう。

二人暮らしのために買い替える必要があるのは、ダイニングセット、二人が座れるソファ、そしてベッドですね。

二人ともちゃぶ台で食事をするのが気にならないならダイニングセットはいりませんが、お部屋に広さがあるなら、あった方が良いです。

また、ソファも必須です。

ケンカした時に、彼氏を寝室から追い出して眠る機会もあるかもしれませんので、そんな時にもソファは活躍します。

ベッドは、同棲開始直後のラブラブ状態ならシングルやセミダブルに二人で寝てもいいと思いがちですが、いずれ、暑苦しく感じる場合が出てきます。

そのため、一つのベッドで眠るなら、ダブルやワイドダブルなどの大きめのものを選びましょう。

部屋の広さが許すなら、今まで使っていたシングルをくっつけて使うとなおベストです。

これらを購入する費用は家具屋さんにもよりますが、ニトリやイケアで安いものを買えば、ダイニングセットで2~3万、ソファ2~5万、ダブルベッドだって5万円台で買えます。

もちろん、リサイクル品などでも良いなら、もっと安くなります。

同棲にかかる初期費用を知っておこう

これらを合わせると、同棲の初期費用としてみておきたいのは、不動産会社に支払う費用+大体50万前後ということになります。

もちろん、これは一般的なもので、削ろうと思えばいくらでも削れる部分があります。

あくまで、ある程度のものを揃える前提でということで考えておいてください。

ブランド家具やぜいたく品を揃えるつもりでないなら、これだけあれば安心と思って良いでしょう。