服装なんてどうでもいいと考える人の心理とは。なぜ服に興味がないのか理由を知ろう

人の特徴最終更新日:2018年9月27日

あなたの周りにファッションに疎い人はいませんか?見た目はキレイ、またはかっこいいのに、服装には全く気をつかっている素振りを見せない人。

一体なぜ服装にこだわらないのでしょうか。

今回は、服装なんてどうでもいいと思っている人の心理について説明します。

1.自分に対して自信を持っているので、服装なんてどうでもいい

容姿に対して確固たる自信を持っている人は、服装まで気にする必要がありません。

どんなに服装が悪くても、自分はモテると自負しているからです。

そういう人は、見た目だけでなく、性格や、話術などにも自信を持っています。

服装に頼らなくても、異性や同性から注目されると思っているのです。

こういう人は、ナルシストの傾向が強いです。

自分の事が好きすぎて、別に服装なんか気にしなくても、他人からも嫌われないと思っているのです。

服装なんか気にしなくてもオリジナリティーで勝負できるという自信があります。

2.ファッションにお金をかけたくないので、服装なんてどうでもいい

服装にお金をかけることに意味を感じない人は、別に何を着てもいいと思っています。

節約が趣味の方は、服装なんかにお金を使うより、趣味や友達同士の付き合いにお金を使う方が有意義な使い方だと思っています。

そういう人は、服は着れればいいと思っているので、服装にこだわりません。

このタイプに人は、プレゼントなどで服をもらってもあまり嬉しくありません。

ファッションに特にこだわりがないため、プレゼントで洋服を貰っても得したという感情が湧いてこないのです。

3.目立ちたくないので、服装なんてどうでもいい

服装が個性的だと、周りから目立ってしまうため、服装に無頓着になってしまう心理が働きます。

普段からおとなしい性格の人や、控えめな性格な人は、服装の事でいちいち話しかけられたり、変な印象を持たれたくありません。

無難な格好をすることで、平静を保つことが出来るのです。

友達同士で出かけるときも、ひとりだけ服装に気合を入れると目立ってしまうため、地味な格好をします。

また、かっこいい人や、可愛い人は、あえて目立たない服装にすることも考えられます。

普段から服装に気をつかっているとモテすぎてしまいます。

芸能人も同じです。

プライベートは地味な格好をする人が多いです。

そういう人は、あえて目立たないように服装は地味なものを着ているのです。

4.自分なんてセンスがないとあきらめているので、服装なんてどうでもいい

いつも買う服は自分で選ぶけど、周りの人からは何も言われなかったり、不評だったりすると、自信を無くしてしまいます。

小さいころや、学生時代から服装に関して悪く言われてしまうと、自分はセンスがないんだと、オシャレすることを諦めてしまいます。

なので、無難な服を着て、誰にも突っ込まれないようにしようとします。

ファッションを常に褒められる人は、どんどん向上心が増していってよりキレイに、オシャレになっていきます。

せっかく頑張って服を選んでも、みんなから何のリアクションも得られないようなら、服装なんてどうでもいいと思ってしまいます。

5.めんどくさがり

ファッションに興味がないわけではない人でも、めんどくさいという気持ちが勝ってしまう人は、着る服も適当に選んでしまいます。

親に買ってきてもらったり、自分でも真剣に服装に関して考えたことがありません。

めんどくさがりの人は、着る服も近くにあるものを着たり、動きやすい服装になったり、休日なんかは毎日同じ服を着ていたりします。

異性からモテたい、みんなからダサく思われたくない、という心理を、めんどくさがりの人は超越してしまって、もうどうでもよくなってしまっています。

ファッションに気を使いたくても、めんどくさいし、動きたくないんだから仕方ありません。

6.見た目より中身重視なので、服装なんてどうでもいい

外見よりも、中身を見てほしいと思っている人、いますよね。

男性だったら、服装を気にしている奴や女々しい奴だ、チャラいなんてイメージを持っている人もいます。

そういう人は、服装に振り回されない精神を持っているのです。

確かに見た目より心を見てほしいと思っている人は、服装なんて気にしません。

人それぞれポリシーがあります。

親の教育で、外見よりも中身が大切だと言われて育ったり、親戚からの影響も考えられます。

7.モテないので、服装なんてどうでもいい

あまりにも異性にモテなさ過ぎて、もはや恋愛を諦めてしまった人は、服装に気を使ってもどうにもならないと悟ってしまっています。

服装に時間をかけても無駄、どうせモテないし、とどうでもよくなってしまっています。

この服を着ればカッコよく見える、可愛く見えると、自分の見せ方を考えられる人はオシャレですが、モテない人は「どうせ、服装なんて変えても何も変わらない」と、投げやりな考え方になってしまいます。

服装なんてどうでもいいと考える理由を知ろう

服装なんてどうでもいいと思っている人の心理をご紹介しました。

自信がありすぎて、何を着てもいいと思っている人がいたり、服装以外にお金を使いたい、めんどくさくて近くにある服を適当に着ている、など、色々あって面白いですね。

あなたの周りに服装に興味がない人はどんなタイプでしょうか。

チェックしてみてください。

 

    「服装なんてどうでもいいと考える人の心理とは。なぜ服に興味がないのか理由を知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/06/08(金) 00:22

    服装にこだわらない人の理由がこんなにも色々あるとは考えてもみませんでした。参考して周りの人を見てみたいと思います。

この記事への感想を書く