二股をかける男性の特徴。浮気性な男性を見抜こう

最終更新日:2016年2月21日

二股をかけられて悲しい思いをした経験がある方、いませんか?自分だけを見ていてくれていると思っていたのに、別な女性と同時進行されていたなんて……と、落ち込んだことでしょう。

これからは、そんな男性に引っかからないように、二股をかける男性の特徴を押さえておきましょう。

1.器用である

二股男性とは、二人の女性に均等に愛を注ぐことができるのですから、群を抜いた器用さを持つ男性ということで間違いないでしょう。

二人の彼女に、別な相手の存在を悟られないように振る舞ったり、デートの予定がかぶらないようにスケジュールを組んだりできるわけですから、その器用さは、こんな二股をかけることに活用するのが勿体ないほどです。

二股などできない普通の男性なら、別な女性と同時進行しようとしてもきっとできず、片方に気持ちが偏ってしまったり、不自然になってしまうなどのミスが生じて、すぐにバレてしまうことでしょう。

そんな事態にならないように上手に立ち回れるのは、才能じみたものすら感じてしまいます。

その器用さを、もっと別な場面で生かせば良いのにと、つい思ってしまいますね。


2.嘘をつくことに抵抗が無い

二股をかけていると公言しながら二人の女性と付き合い続ける男性はきっと少ないはずです。

両方、もしくはどちらかに、「お前だけだよ」と嘘をつきながら、交際を続けるのがよくあるパターンですよね。

でも、まともな神経を持った人なら、彼女という親しい存在に嘘をつき続けるなんて、良心が痛みそうなもの。

ところが二股できる男性は、そんな良心など持ち合わせてはいません。

その心の痛みを感じずにいられるからこそ、二股などという罪深い行動に出られるのです。

よく「呼吸をするように嘘をつく」と言われるほど、嘘が当たり前の人がいますが、二股男性はそんな人種に当てはまるのでしょう。


3.誠実さが無い

「嘘をつく」ことと似てはいますが、それとはまた少し違った特徴で、「誠実さが無い」というのも挙げられます。

他人の心を踏みにじったり、女性が自分にかけてくれる愛情を嘲笑うような不誠実な行動をとれるのは、ちょっと普通の男性ではあり得ません。

どれだけ相手の心を弄んでも、自分のためだけに嘘をつき続けても、彼本人の心には全く罪悪感が無く、楽しく交際できるのです。

「人でなし」という言葉がぴったり来るような、こんな男性は、きっと恋愛以外でも他人を蔑ろにして過ごして来たのでしょう。

二股できるくらい女性への人当たりが良くても、よくよく観察すれば、そんな「人でなし」な部分が見え隠れしているはずです。

それをうまく察知して、自分の心を踏みにじられないようにしたいですね。


4.優柔不断で来るものを拒めない

二股をしてしまう心理として、他人の心がわからないわけではないけれど、どうしても来るものを拒めない、という人もいるようです。

既に彼女がいるにも関わらず、別な女性の求愛を断りきれなかったり、「二股でもいい」と言う女性の押しに負けてしまったり。

これは一見相手を傷つけたくない彼の優しさのようにも見えますが、実はそうではありません。

女性の求愛を断って、自分が恨まれたり、罪悪感に苦しんだりしたくないだけの、利己的な心理によるものです。

こんな表面上の優しさは、本当は認めてはいけないのですが、彼のそんな部分に惚れこんで、自ら二股に身を投じる女性もきっといるはずです。


5.その時良ければ良い、刹那主義

二股をかけることを厭わない男性すべてに見られるのが、「その時だけ良ければ最高」という、刹那主義者だということ。

通常、ある程度の年齢になったら、結婚などの未来を視野に入れた交際が当たり前になって来ますが、二股男性は、そんなことを考えるのが面倒で、今だけを楽しく過ごすことを最優先します。

結婚まで考えていなくても、普通の神経の男性なら、二股をかければいつかは修羅場になることを想定に入れそうなものですが、そんなマイナスな結果が訪れることから目を逸らして、いつまでもうまくやれると思い込んでいるのでしょう。

こんな刹那主義は、男女交際以外の面でも表れやすく、貯金することを考えず浪費するとか、仕事が嫌なら嘘をついて平気で休むとか、色々と先のことを考えない行動が見られます。

ですから、もしも二股を解消して、自分一人の彼氏にすることができたとしても、きっと結婚のことなんて考えてはくれないでしょうし、再度二股の関係に溺れることが目に見えています。

二股しやすい男性には近づかないようにしよう

このように、二股しやすい男性というのは、ちょっとやそっとの性格改善ではどうしようもない特徴を兼ね備えている人が多いものです。

また、これらの特徴を持つ男性は、二股に限らず、不倫や浮気などにも抵抗なく足を踏み入れやすいはずですから、仮に結婚したとしても安心はできません。

ですから、最初から、このような男性には近づかない方が良いでしょう。