合コン後に食事デートへ誘う方法

最終更新日:2015年6月17日

合コンでタイプの異性に出会ったらもっと仲良くなりたいと思いますよね。

その為には二人で食事に行くのが一番です。

では一体どのようにして食事に誘えばいいのでしょうか。

今回は合コンの後に食事デートに誘う方法をご紹介します。

1.「行ってみたいお店があるんだけど、一緒に来てくれないかな?」と誘う

気になっているお店があるから、そこに一緒に来て欲しいという口実で誘う方法です。

「一人で入りづらくて、付き合ってもらえないかな?」と加えると更に自然になります。

この誘い方をする時はあらかじめ行きたいお店を決めておくようにして下さい。

また「本当にただ一人で行きにくくて誘われている」と相手に思わせてしまわないように「一緒に行けたら嬉しい」「○○さんと行けたらいいなと思って」などとあなただから誘ったという雰囲気も出すようにすれば、誘われたほうも悪い気はしないはずです。


2.「もっとあなたのこと知りたいからゆっくり話さない?」と誘う

相手への好意をストレートに表現する方法です。

「こないだはあんまりゆっくり話せなかったから、今度は二人でゆっくり話したい」と伝えた上で「良かったら食事でも行かない?」と誘うのです。

この方法のメリットとしては誘われた側にあなたの好意がしっかりと伝わる点です。

またこのように誘ってOKをもらえた場合はその後の進展も十分に期待できます。

ただし相手がガツガツと押されるのが苦手なタイプだと裏目に出てしまいかねないので、その点は注意が必要です。


3.「○○がおいしいお店があるんだけど…」と誘う

特定の料理がおいしいお店があるという点を強調して誘う方法です。

イタリアンやフレンチ、和食など相手の好きそうなジャンルまたは料理のおいしいお店を選ぶようにしましょう。

こちらも誘う前に本当においしいお店をしっかりとリサーチをしておくことがポイントです。

実際に行ったことのあるお店だとより自然に誘うことができます。

またあまりにも有名すぎるお店よりも隠れた名店のような知る人ぞ知るお店を選ぶと一目置かれること間違いありません。

誘う時には「もし好きだったらどう?」などと相手を気遣う一言を入れると好感度がアップします。


4.「○○食べに行くしかない。行こう」と誘う

「冬といえばすき焼きだよね。よし、食べに行こう」というように季節の食べ物を結びつけたり、相手が仕事が忙しかったと言っていたら「疲れている時はスタミナをつけないとね、焼肉に行こう」などとややこじつけ気味に誘ってしまう方法です。

合コンである程度仲良くなっている相手や、ノリの良い相手にはもってこいの方法です。

強引な異性がタイプの異性ならぐっとくること間違いありません。

季節や時期、ブームなどを的確にとらえて料理を指定している場合はスムーズですし、少しズレている場合でもツッコミを入れてくれると距離もぐんと近づきますよね。

また二つ目の例のような誘い方は相手への気遣いもアピールすることができます。


5.「○○好きって言ってたよね?」と誘う

合コンやその後のやりとりで相手の好きな食べ物をリサーチした上で、相手の好きな食べ物のお店に誘うという方法です。

この方法で誘う場合も、事前に誘いたいお店をピックアップしておき、「○○がおいしい△△っていうお店があるけど行ったことある?」と話を振ります。

相手の行ったことのあるお店だった場合は「連れてってくれない?」という方向に持っていき、相手の行ったことのないお店だった場合は「良かったら行ってみない?」と誘いましょう。

実際に好きな食べ物が同じだった場合は「実は自分も○○が好きで」と食べ物の好みが同じアピールをすると、相手も親近感を持ってくれます。


6.相手のテリトリーに行くから案内してほしいとお願いする

合コン中やその後のやりとりの中で相手の職場の場所や住んでいる場所、よく行く場所がわかっている場合、今度そこに行く用事ができたという口実を作ってしまう方法です。

「周辺でおいしいお店知ってる?もし良かったら連れてってほしい」とお願いしたり、「今度行く用事があるからそこでごはんでもどうかな?」と誘ってみるのです。

万が一相手の都合が悪かった場合、「そしたら今度あなたの都合の良い日に改めてごはんでも行かない?」と持っていきやすいので、万が一指定した日に約束を取り付けられなくても約束が取り付けやすいのがメリットです

合コン後に食事をして二人の距離を縮めよう

6つの自然な合コン後の食事デートの誘い方をご紹介しました。

食事に誘うのにも実はいろいろな方法があります。

誘う相手の性格を見てどのように誘うのか考えてみるといいですね。

またどの方法にしても、食事に行きたいというあなたの気持ちだけが先行してしまわないように、相手の無理にならないよう、気遣う気持ちを忘れないようにすることが大切です。

是非これらの方法を参考にして気になる異性との距離をぐんと近づけてくださいね。