片思いの人へのLINEが重くならない様にする方法

最終更新日:2016年11月2日

大好きな片思いの男性へメールやLINEを送る時はつい気合をいれすぎて、重くなってしまいます。

そうすると相手がひいてしまうことになりかねません。

片思いの男性にメールやLINEを送る際に重くならない様にするポイントについてご紹介します。


1.毎回質問形式で終わらない

メールなどのテクニックのひとつに、やりとりを続けるために、毎回質問形式で終わらせるようにする方法がありますね。

ですが、これは相手にとっては重く感じる可能性が高いです。

たまに質問形式になってしまうのはいいですが、毎回、返信を必要とするような形でメールを送ると相手が負担に感じてきます。

むしろ、返信がいらないような気軽な内容にするようにしましょう。


2.かまってアピールをしない

寂しいアピール、かまってアピールをあまりにし過ぎると、相手は「うざい」「めんどくさい」でしょう。

「なんですぐ返信くれないの?」「既読スルーひどい」「未読スルーなんで?」などと、相手がうんざりするような言葉は控えるようにしましょう。

自分の気持ちを相手に押し付けるのは相手の気持ちを考えていないということになります。

好きな相手ならば、相手の負担にならないようにしなければいけません。

相手が忙しそうな時は連絡を控えたり、相手が寝ている時間は起こさないように連絡をやめるなど、ちょっとした配慮をすることで、相手が「気をつかえる子だな」と好意的に感じてもらえるでしょう。

自分の気持ちを押しつけてばかりでは相手は振り返ってくれずに逆効果になるので気をつけましょう。


3.誘い過ぎは負担になる

好きな相手と近づくために、デートしたり、二人で食事したいのはわかります。

ですが、あまりしつこく誘い続けると、相手はめんどくさくなったり、あなたと連絡をとりあうこと自体が負担になったりします。

誘うのはいいのですが、相手が気軽にのれるぐらいの誘い方にしましょう。

待つことも時には大事です。

一度誘えば、相手はあなたがあなたに気があることはきちんと伝わります。

そのときは誘いにのってくれなくても、その後、あなたが誘わなければ気になってくるでしょう。

あなたに少しでも興味がわけば、彼のほうから忘れたころに誘ってくれます。

誘われるのを待つのも大事です。


4.短文で簡潔にまとめる

好きな人へのメールやLINEでは伝えたいことが多過ぎて、いつも長文になってしまうひともいるでしょう。

ですが、それはかなり重いです。

長文であることは画面を見たら一瞬でわかることでもあります。

まずそこで異様なものを相手は感じてしまい拒否反応がでます。

また、長文の内容に対して短文で返信することにためらいを感じさせ、相手に負担に思わせてしまいます。

相手が気軽にやりとりできるように、メールやLINEの文章は短文で簡潔、わかりやすい内容にするようにしましょう。


5.暗くネガティブな内容はNG

自分のことをすべて知って欲しいと思うと、自分のだめな部分やネガティブなことを彼に伝えたくなってしまうでしょう。

ですが、メールやLINEで暗くネガティブな内容の文章を送るのは相手に気をつかわせるだけでNGです。

もしそういう話をするならば、会って直接話すほうがいいでしょう。

そうすれば相手の反応もわかりますし、どこまで話せばいいのかも雰囲気でつかめます。

文章はこちらが思った以上に重くとらえられてしまうこともあるので、メールなどでは明るい内容だけにとどめておいたほうがいいでしょう。


6.内容のないメールは送らない

内容や意味がないメールやLINEは送らないようにしましょう。

要するに、相手が返信がめんどくさいと思うようなタイプの内容です。

いちいち自分がなにをしたかとか、今日はなにがあったとか、彼がたずねてもいない内容のメールはやめたほうがいいでしょう。

恋人同士なら一日にあったことを報告しあうこともあるでしょうが、恋人でもないのにそういうことをしてしまうと、相手は「どういうつもり?」と迷惑に感じるでしょう。


7.顔文字や絵文字やスタンプは笑える系のものを選ぶ

メールやLINEでは顔文字や絵文字、スタンプなどが使えますよね。

それを上手に使って、やりとりを重いものではなく軽くしてみましょう。

甘えるタイプや意味不明のスタンプや絵文字は避けて、単純に面白くてくすっと笑えてしまえるような種類のものを選びましょう。

だからといってあまりにシュールなものは避けて、ほんわかして可愛いけれど、女を出し過ぎていないほどよい絵文字やスタンプがいいです。


8.サバサバした内容と文章を意識する

あまりに下心があるような、がっついた文章を送ると相手はひいてしまいます。

相手に好感を持ってもらうのが大事なので、文章はサバサバした感じを意識しましょう。

相手を探ったり、ためすような内容はNGです。

あなたとやりとりをするのが楽しい、と思ってもらえるような気軽な感じにしましょう。

片思いの人へLINEを送ろう

相手に特別な感情がある場合のメールやLINEはどうしても思いがあふれてしまい、重くなりがちです。

でもそうなると、相手は驚いてひいてしまうでしょう。

好意が伝わるのはいいですが、明るく爽やかな感じを意識することが大事です。

やりとりで失敗して相手から嫌われてしまわないように気をつけましょう。