派遣社員も産休を取れる。派遣における産休取得時のポイント

最終更新日:2016年4月9日

派遣社員が産休を取るためには、事前に色々な準備をしておくことがとても大切です。

産休を取ることは、派遣社員であっても当然の権利です。

しかし、まだなかなかスムーズに取れないのが現状です。

そんな現状を打破するための「派遣社員で産休を取る際のポイント」をご紹介します。

1.派遣社員における産休の前例があるかどうかを確認する

派遣社員が産休を取るためにぜひ確認しておきたいのは、まず最初に「前例があるかどうかを確認する」ということです。

企業によってはまだまだ産休が取りづらく、場合によっては正社員の女性でさえ産休が取れていないかもしれません。

そのような企業の場合、派遣社員が産休を取りたいと考えて申請してもなかなか難しく、言い方を考えなくてはなりません。

しかし派遣先の企業において、以前に取派遣社員が産休を取ったことがあるなら、同じようにあなた自身も産休を取得しやすいといえます。

前例がある場合、企業側も派遣社員の産休に対する理解や受け入れ態勢が整っていると考えられます。

派遣社員が産休を取った前例があるかどうか、それを確認するのがポイントです。

前例があるかないかによって、会社側への申し出も変わってくるからです。


2.派遣元の会社に産休を取りたいということを伝える

派遣社員が産休を取る場合、派遣先の企業に伝えることももちろんですが、同時に派遣元の会社に産休を取りたいということを伝えましょう。

そして、産休をとるためにフォローしてもらうようことがポイントです。

派遣社員であっても、産休を取ることは可能です。

しかしスムーズに産休を取るためには、派遣元の会社からのサポートはとても大切です。

個人で申請した場合、部署によっては産休を取りたいという希望を全く取り合ってくれないということはあります。

しかし会社を通して申請することで、先方の企業はその要望をおろそかにすることができなくなります。

派遣社員が産休を取るのは「権利」でもあります。

そしてその権利を主張するためには、必要に応じて派遣元の会社に相談したりフォローしてもらうようにしましょう。

派遣社員が産休をとるためのポイントです。


3.契約期間をチェックする

派遣社員で産休を取る際のポイントは、産休中に契約期間が切れないか、その点を確認することが大切です。

もし派遣先との契約が産休中に切れてしまった場合、契約が更新されないことがあるからです。

産休は、通常出産予定日の6週間前から取ることができ、産後8週間は就業できないことが原則です。

その間に契約が切れてしまうと、契約の更新ができないという事も十分考えられます。

ただ会社によっては、産休中は直接雇用に切り替えてくれて計約期間が終了しないように配慮してくれることもあります。

産休の申請をする時には、契約期間がいつまでになっているかを確認し、その上で必要な対応するようにしましょう。


4.産休の引継ぎをしっかりと行う

産休を取るために欠かせないポイントは、産休に入る前の引継ぎをしっかりと行うということです。

特に派遣社員で一度職場を離れてもう一度復帰を望むなら、会社に迷惑をかけたり余計な気遣いをさせないように配慮をするべきです。

産休に入る前の引継ぎをしっかりと的確に行うことで、あなたの仕事ぶりに対しての評価が高まるきっかけにもなります。

そういう点をおろそかにしないことで、派遣先の信頼を得ることができるでしょう。

更に、産休中もこまめに連絡をするようにして、自分が産休を取っている間に不都合が生じないように気配りをしましょう。

頻繁に連絡をすることで、あなたの存在を忘れられないようにするメリットもあります。

引継ぎをきちんと行えば、あなた自身も安心して産休に入れます。

それが派遣社員で産休を取るためのポイントでもあります。


4.産休からの復帰の予定をはっきり伝える

派遣社員が産休を取る場合のポイントは、復帰の予定をはっきりと伝えることです。

いつから職場に戻るかということを明確にすれば、派遣先の職場でもそれに合わせて人員を配置したりしやすくなります。

復帰がいつなのか、そして赤ちゃんのケアについてどのように手配しているのか、その点も伝えましょう。

働きながら子供を育てるなら、例えば保育園に預けることも多いでしょう。

最近は保育園に入園したくても、待機児童が多くなかなか希望通りにはいきません。

仕事に復帰したいと伝えても「生まれた赤ちゃんをどうするの?」と聞かれて返答が曖昧だと、派遣先の企業は「本当に復帰できるのか」不安や疑問を持ってしまうでしょう。

いつから復帰するか、赤ちゃんが誕生した後はその子供はどこに預けるのか、そういう点を早めに伝えるのが、派遣社員が産休を取る際のポイントです。

先方が考える質問や不安点を返答できるように、諸々の手配は早めにすませましょう。

派遣社員でも産休はとれる

派遣社員であっても産休を取ることはできます。

しかしその後スムーズに復帰するためには、不明点をクリアにして、企業側からの質問などには明確に返答できるように準備できるようにしておくことがポイントです。

そうやってマメにコミュニケーションを取れば、産休を取ることに対してより理解をしてもらいやすくなります。

まだまだ産休が取りにくいのが現状ですが、諦めずに一つ一つ丁寧に対処して、産休をしっかりと取るようにしましょう。