平日休みの職業とは。土日は仕事で平日お休みな職種たち

最終更新日:2017年11月7日

平日に有給を取って出かけたら、働いている世代の人がのんびり休日を楽しんでいて驚いた、という経験はありませんか?

実は平日がお休みの仕事はあなたが思っているよりも多いかもしれません。

平日がお休みの仕事に就くと、平日に銀行や行政機関にいけますし、デパートはすいていて、旅行にいくときにもホテルや旅館の宿泊代が土日に比べて割安になります。

実際にどんな仕事が平日にお休みをとれるのかご紹介します。

1.コンビニやスーパー

パートで募集の多い職場です。

身近にあるせいで見落としがちですが、コンビニやスーパーのアルバイトやバートは平日にお休みが取りやすいシフト制のお仕事です。

主婦の方がレジ打ちをしているイメージが強いですが、学生のアルバイトさんも意外といます。

学生と土日出勤の希望がかぶることも多いので、面接のときには土日に出勤したいことを必ず告げ、シフトの希望をなるべく早く出すようにしましょう。

こつこつと長くやっていれば、パートリーダーなどに昇格し、土日に欠かせない人材として活躍することもできます。

家の近くで働けば、通勤のストレスもありません。

2.コールセンター

年中無休のコールセンターも最近は多くなりました。

アウトバウンド(電話営業など)は平日が多いですが、インバウンド(問い合わせ窓口など)は土日も営業しているところが多くあります。

コールセンターもシフト制の職場が多く、土日に出勤する代わりに平日にお休みを取ることができます。

土日祝日に出勤できる人を歓迎している求人が多いのですが、シフトを組むときには土日休みを希望する人が多いことに驚くかもしれません。

土日に出勤して、平日は休みを満喫していると、職場の人から「いつも土日に出勤してくれてありがとう」と感謝されることもあります。

3.飲食店アパレルショップデパート家電量販店

土日にお客様が集中する飲食店やアパレルショップはむしろ土日にお休みが取りにくい職業と言えるでしょう。

飲食店、アパレルショップは小規模な店舗が多いので、お客様が多く来る土日は猫の手も借りたい忙しさになります。

その分、平日の定休日があったり、シフトで平日にお休みが取れたりします。

同じようにデパートや家電量販店も土日に客足が伸びますので、店員さんは平日にお休みを取っていることが多いです。

まかないがあったり、従業員割引が受けられたり、新商品にいち早く触れられたりするので、平日休み以外にも嬉しいメリットがあります。

4.テーマパーク、アミューズメント施設、レジャー関係者

デパートや家電量販店と同じように、世間がお休みの時に混雑する施設です。

土日や連休中の遊園地の混み具合はあなたも経験したことがあるでしょう。

遊園地などでお客様をご案内する花形職業だけでなく、受付スタッフや、ショップの販売スタッフ、清掃員など職種は様々です。

美術館や博物館などの文化施設や、温泉施設、ホテル旅館などのレジャー施設も土日に混雑します。

こういった施設は、平日に定休日があったり、平日にお休みがとりやすかったりします。

そのかわり、大型連休などはお休みが取りにくくなるので、就業前にその点もよく考えておきましょう。

5.美容院不動産会社

美容院や不動産会社は定休日が決まっている職場です。

地方によって違いますが、例えば東京では美容院は火曜日、不動産会社は水曜日が多いです。

大きな美容院や不動産会社では受付や事務スタッフとして潜り込む方法もありますが、美容師免許や宅地建物取引主任者(宅建)の資格を取得して、手に職をつける方法もあります。

特に宅建は通信教育でも試験対策ができるので、不動産会社で受付のアルバイトをしつつ、宅建を取得する方法もあります。

ただし、美容師も不動産の営業も激務のため離職率が高いと言われていますので、就業前によく自分の適性を見極めるようにしましょう。

6.警備員

女性の警備員も最近は増えてきました。

普通の施設でも女子トイレや授乳室に入っても警戒されにくい、子供が迷子になったときに道を聞きやすい、女性利も具合が悪くなった時に声をかけやすいなどの利点があり、女性警備員の需要は意外と高いのです。

危険がともなうイメージがあり、なかなか就業のハードルは高いかもしれませんが、アルバイトで働くことはもちろん、未経験でも正社員として募集している会社もたくさんあるので、収入を安定させることもできます。

警備に関する国家資格をとったり、検定に合格したりすることで、給料アップも狙えます。

7.医療関係

日曜日や祝日がお休みの病院も多いですが、探せば平日休みで土日に診療をしている病院や、24時間365日空いている病院もあります。

医者や看護師などの難しい国家資格に挑戦しなくても、通信講座で勉強ができる医療事務の資格を取るという選択肢もありますし、無資格でもできる受付や事務の仕事もあります。

また、老人ホームや介護施設など、年中無休のため、シフト制の職場もあります。

無資格でできる仕事もありますが、介護職員初任者2級などは比較的短期間でとれるので、そのような資格を取るのも手です。

医療関係の資格は、街のドラッグストアで働ける登録販売者を始め、理学療法士、介助福祉士、診療情報管理士など、多岐にわたるので、仕事の選択肢も幅広くあります。

平日休みの仕事は沢山ある

他にも、宅配業、消防署や警察署、タクシー運転手、ウエディングプランナー、ダンスやジムのインストラクターなど、平日にお休みがある職業はたくさんあります。

それらの職業に共通するのは、土日に仕事をしている、という点です。

もしあなたが平日にお休みを取りたいと思っているのなら、求人を探すだけでなく、土日に営業している施設やその中で働いている人を意識的に探してみるのも良いでしょう。