ひとりぼっちが寂しい時の対処法。サークルなどに入り交友関係を作ろう

最終更新日:2015年12月23日

独り暮らしや友達が少ないなど、他の人よりひとりの時間が多いと孤独感を感じて人恋しくなったり、寂しさも募りますよね。

誰かと話したい、一緒にいたいという時は日々生活している中で結構あります。

今回はそんなひとりぼっちが寂しい時の対処法をご紹介します。

1.地方情報誌を活用

各地域で、情報誌を無料配布されていたり新聞折り込みなどにも入っている、教室などの募集チラシ。

例えばダンス教室が毎週月曜日と木曜日、月額◯◯円など、あらゆるジャンルで募集が掲載されていて、自分の好きなジャンルから通えそうな費用や曜日などを選べるものです。

場所も地域情報誌だけあって近場が多く、そういった習い事のようなものは初めての人でも始めやすく、費用も安価なものばかりが掲載されているので、たくさん集まります。

そういった事を始めると、同じように初心者の人もいて、交流もうまれやすく、自分のスキルアップも同時にできます。

友達をまず増やす事から始めたい、けど不安という人はこういった習い事のようなものから始めてみると、まわりも同じような初めての人が多く馴染みやすいので気持ちがラクに入れるでしょう。


2.趣味をつくる

人はなにかに集中している、夢中になっている時は他事など見向きもせず、というよりほぼ見えない、頭に入らない状況になります。

寂しさを感じる時は心に隙間ができた時、なにもする事がなくなって、ふと気持ちがゆるんだりした時に感じます。

であれば、夢中になれるなにかを見つけてみてはいかがでしょうか?

毎日手軽に続けられるものであればどんなものでも良いでしょう。

スマホのゲーム、ポイントアプリ、編み物など、意外と自宅で手軽にできるものってたくさんあります。

無趣味だという人も例えば、料理が好きで毎日自炊しているならば、それをこだわってみるのも趣味を作る第一歩であり、それをしている時間はその事だけしか考えていないはずです。

そういう小さなものをたくさん見つけて日々重ね合わせていくと、寂しく思う時も少なくなるでしょう。

3.イベントなどにでかける

自分が好きなものの中に例えば、電車や車があったりした場合、そういった関連のイベントに出向くというのも良いかもしれません。

そういった固定のもののイベントは、そのものに夢中になっている人が集まり、グループで訪れるという感じでもなく、自分自身の好みの領域なので1人で訪れる場合が多いです。

そして、その場でそのものについて話しかけてくる人も多いものです。

同じ好みの領域で知識などを語り合いたい、知り合いたいという人もたくさんいます。

こういった固定の好みは、まわりにどれだけいるか?と考えた時、意外と共有できる人はいないもので、では誰と共有できたりするか?と考えるとイベントやショーに来る同じ好みの領域を持つ人となるわけです。

そこから交流も深まりますし、夢中になっているものも同じなので馴染みやすく、1人でも気にする事なく入り込む事ができます。


4.Twitterなどの繋がり

今の時代、スマホを持っていない人はほとんどいないというくらいの世の中になりました。

Facebookは実名登録なので、自分がつぶやく事などには気を付けないといけないのですが、Twitterなどはニックネーム登録ですので、気軽につぶやく事ができます。

フォロワーが増えればそれだけ会話も増えますし、日中問わず会話できる為、寂しく思う時はなにかつぶやいてみると、フォロワーの誰かが話し相手になってくれたりします。

ニックネーム登録でお互い素性などわからない者同士であっても、友達です。

近年、こういったもので悪用などのニュースがあったりして、始める事への不安も感じる人もいるかもしれませんが、フォロワーの人は良い人もたくさんいます。

相談にのってくれたり、笑わせてくれたり、顔も知らないけど相手を思いやったりする事ができる人も多く、つぶやく事で救われる事もあります。

こういったものを始めてみるのも良いでしょう。

セキュリティ上、連絡先など個人情報は一切入れる事もないですし、もしヤダなと思うタイプの人からフォローされてもブロックでき、自分と他のフォロワーとの会話も見えないようにもできますので安心して始められます。


5.サークルなどに参加

大学生などでサークルというものに入っている人は多いと思いますが、社会人でもこういったサークルというものが存在します。

大学生のサークルとはもちろん社会人なので大人なサークルではありますが、ビジネスに関連しているものもあれば、スポーツ、趣味系などもあり、職場公認のものもあれば、そこで働いている仲間内で始めたものもありで、その内容は様々です。

誘われたら交流を深めるチャンスですし、仲間が募集されていれば率先して参加してみましょう。

ひとりぼっちの寂しさを解消しよう

ひとりぼっちで寂しく思う時は、心にちょっとした隙間を与えた時に感じるものです。

その隙間がなるべくできないように、なにか夢中になれるものを見つけ、それをもとにして友達などを増やし交流を深め、更にひとりぼっちでいる時間などを減らしてゆくと、寂しく思う暇もなく充実した日々を過ごす事ができるでしょう。

始める事に早いも遅いもなく、みんな始める時は初心者なので、気軽に参加できるものは参加したりしてみましょう。

交流や繋がりをつくる事が寂しさを解消する第一歩です。