女性向けインテリア小物4つ。部屋を小物でオシャレにしよう

最終更新日:2015年9月28日

断捨離ブームの昨今、さっぱりとキレイになった部屋にどんなインテリア小物を置こうかとウキウキと考えている女性も多いのではないでしょうか。

そこで今日は、お部屋にかざるといいインテリア小物をご紹介します。

1.観葉植物

お部屋の中にグリーンがあると、お部屋全体が明るくなり、ほっと癒される空間となります。

日常的に自然に触れるというのは人間にとってとても良い影響をもたらすとも言われていますので是非インテリアのひとつとしてお部屋に設置してみてください。

またインテリア風水的にも、観葉植物は「悪い気を吸い取り、浄化してくれる」「強すぎるパワーを中和してくれる」という意味合いをもつ小物です。

オススメなのはテレビの横に設置することです。

テレビから出てくる過剰な陽のパワーを観葉植物が中和してくれるからです。

風水的な意味合いを除いても、テレビで目を酷使した後で、観葉植物のグリーンを見つめていれば、目の疲れも和らぐような気もしませんか?

デジタル機器の横に自然のものを置くことで、お部屋を無機質な固い印象から、優しい印象へと変えてくれるのにも、観葉植物は役に立ちます。


2.サンキャッチャー

サンキャッチャーとは太陽の光をクリスタルを通じ、キレイに部屋の中に招き入れてくれるインテリア小物です。

このサンキャッチャー、別名「レインボーメーカー」とも言われ、お部屋の中に太陽の光を虹のように美しく取り込むとともに、幸せも運んでくれるとされます。

欧米ではお守り的な意味合いで窓辺に飾る風習があるそうです。

日本でも風水小物として人気が高いものです。

紐でつるすタイプのものが多いため、窓辺にかざり、キラキラと美しい光が部屋に差し込んでくる様子を楽しむのがオススメです。

また、風水的にも窓辺に飾っていたサンキャッチャーのクリスタルが日中太陽のパワーを体いっぱいに取り込んでくれます。

そのため夜の間もそのエネルギーを活性化して、部屋の中の気を浄化してくれるとも言われています。

見た目にも美しく、風水効果も抜群なサンキャッチャーを是非インテリアに取り入れて下さいね。


3.フォトフレーム

欧米のドラマや映画を観ていると、主人公のお部屋の素敵なリビングボードの上にはところ狭しと家族の写真が飾ってあります。

あんなに沢山、しかも大きさや種類、素材も全然違うフォトフレームなのに、なぜか統一感があって、とてもオシャレですよね。

ただ日本の家庭は欧米と違い、物理的に狭かったり、習慣的にリビングに物が溢れてしまう傾向にあります。

そのためなかなか同じように洗練された雰囲気でフォトフレームを飾ることは出来ませんが、インテリア小物の一つとして是非、フォトフレームを使ってみることをオススメします。

いつも目に入る場所に、大切な人たちの笑顔や思い出の写真が飾ってあることは、心理的にもいい影響をもたらします。

風水でも家族や大切な人の愛を感じられる写真をお部屋に飾ることは吉とされています。

今はおしゃれなフォトフレームが沢山売られている時代です。

安価なものもありますが、是非少しいいものをひとつずつ増やしてみてください。

中に入れたい人やペットの写真がないという方はキレイな花や風景の写真でもいいのです。

季節ごとにフォトフレームに入れる写真を変えてみると、部屋の模様替えにもなり、気分転換にもなるのでオススメです。


4.かわいいクッション

おしゃれな女性は、インテリアもシーズンや気分ごとに変えたいと思うものです。

しかし毎回家具を買い換える余裕も、配置を変える時間もないというときに、小物一つでお部屋のイメージをがらりと買えてくれるのがクッションです。

ソファーや、ベッドの上にかわいいソファーを置くだけでアイキャッチャーとなり、したいお部屋の印象に近づけてくれる便利なグッズです。

ソファーやテーブル、ベッドフレームなどはシンプルでベーシックな色の、飽きのこないデザインを選んで、インパクトのあるクッションで色を差してみましょう。

元気になりたいときはオレンジや赤、ちょっと落ち着きたいときはブルーやグリーンなどのクッションカバーを何種類か用意しておけば気軽に模様替えが出来て、気分転換が出来ます。

そして風水的にも恋愛運をあげたいときはピンクにしたり、金運が欲しいときは黄色にしたりと、簡単にその時欲しいパワーを持つ色を取り入れることが出来るのです。

オシャレなインテリアを目指そう

まずは流行の断捨離と片付けをやってから、すっきりとした部屋に素敵なインテリア小物を並べる・・・想像するだけでワクワクしますよね。

せっかく取り入れるのなら、風水的にもパワーがありながら、見た目も可愛い小物を使って、一石二鳥のインテリアにできたらいいですね。

インテリアのセンスを磨くには、なにもおしゃれな洋書や、高級ホテルを見にいく必要はありません。

インテリアショップや、インテリアの通販カタログなどでもそのセンスを身に着けることが出来ます。

衣替えの季節も近づく今、是非一度インテリアの模様替えも試してみてください。