一人が好きな男性の落とし方

最終更新日:2016年9月6日

「俺は一人でいるのが好きだから」と、どれだけ好意をアピールしてもなびかない男性は、思いのほか少なくません。

そんな、孤独を愛する男性をモノにするためには、どんなアプローチをするべきでしょうか。

一人が好きで、恋人なんて欲しくないという男性へのアプローチ法をご紹介します。

1.彼の都合に合わせられる従順な女のフリをする

一人が好きな男性が恋人を作りたくない理由としては、やっぱり自分の時間が削られることを恐れているからです。

デートや電話など、彼女に構ってあげる時間を割くくらいなら、自分の好きなことをした方が有意義だと思っているのですね。

でも、そんな彼でも100%恋人が欲しくないと思っているわけではありません。

自分の時間を大事にしつつ、気が向いたときに恋人と楽しいことをしたいと都合よく考えている男性は、きっと少なくないでしょう。

そんな彼のペースに合わせられる女のフリをすれば、相手も「この子となら楽しく付き合えるかも……」と思って心を許してくれるはずです。

付き合い始めるまでは、彼を振り回したり、自分の都合に合わせさせたりするのは抑えて、彼の心を掴みましょう。


2.「私も一人が好き」アピールをする

また、孤独主義の男性は、同じく孤独主義の女性を好む傾向にあります。

構って欲しいタイプの女性が相手なら自分の時間を奪われる危険が大きいですが、孤独を愛する同士の恋愛なら、お互いに都合の良い時だけ一緒にいて、あとは各々一人で好きなことをすれば良いからです。

あなたも「私も一人でいるのが好きなの」とアピールすれば、彼の共感を得られて、仲良くなれる可能性大です。

まずは「一人の時間っていいよね」と話しかけ、共通の話題を作るところから始めましょう。

あなたが寂しがり屋の構ってちゃんだとしても、それは彼を射止めるまでは隠し通して下さいね。


3.さり気なく一緒にいる時間を増やし、慣らしていく

一人が好きだと豪語する男性は、案外女性慣れしておらず、一人で過ごす以外の時間の使い方を知らない人もいます。

モテないことを「一人でいる方が好きだから」と置き換えて、プライドを守っているというわけですね。

この手の男性は、女性と一緒にいることに慣れてしまうと、一人でいるよりも彼女と一緒にいた方が楽しいと感じてくれるようになります。

もし、モテなさそうなタイプなのに孤独主義を気取る男性にアプローチするなら、さり気なく一緒にいる時間を伸ばしていってみましょう。

一緒にいると言っても、付きまとったり、うるさいほどに彼と接触しようとしてはいけません。

あくまで「気が付いたらそこにいた」くらいに気配を消して、彼と過ごす時間を伸ばしていくのがコツです。


4.彼のことに立ち入らないようにする

「一人が好き」ということは、自分だけのテリトリーを守りたいということ。

それは、自分の恋人であれ侵害されたくない部分をたくさん持っているとも言い換えられます。

男性は総じて、女性のことを知りたがりでお節介だと思っているところがあります。

女性のそんな特徴が嫌だという理由から、恋人を作りたがらない人は少なくありません。

そんな守りの堅い彼と付き合いたいなら、彼のことをたくさん知りたくてもうるさく質問したり、余計なおせっかいを焼かない努力をしましょう。

「私は個人主義だから」と主張して、お互い立ち入らない付き合いができる女性ということをアピールし、彼の好感度を上げましょう。


5.身体の関係を持ちかける

こちらは本当に最後の手段になりますが、いくら一人が好きな男性でも、人並みに性欲はあるものです。

普段から女性を近くに置いていないことも手伝って、ボディタッチなどの積極的なアプローチには弱いところがあります。

どうしても彼のことが好きで、何とかしてモノにしたいと願うのなら、あなたの方からキスを迫ったり、それ以上のことを誘ってみて下さい。

それまでの二人の関係にもよりますが、友達以上恋人未満くらいの間柄なら、恋人に進展する良いきっかけになるはずです。

特に、相手の女性に好意はあるけれど、一人の時間を壊されることが嫌で一歩引いてしまうような男性には効果てきめんです。

やはり、肉体的に親密になってしまうと、どれだけ孤独主義でも離れがたくなってしまうものです。

ただ、このアプローチ法は「諸刃の剣」とも言える危険なものですので、彼があなたに対して満更でもないと確信している時に使って下さいね。

「一人が好き」という気持ちを尊重しつつアプローチしよう

一人が好きだと主張する男性は、女性との付き合いよりも一人の時間の方が価値があると考えている傾向があります。

とは言っても、余程の女性嫌いでない限り、死ぬまで恋人を作らないつもりでもないはずです。

あなたがもし、彼の気持ちを尊重した付き合いができる女性なら、さり気ないアプローチによって交際に進展させることは不可能ではないでしょう。