いつも片思いで終わっちゃう。今度こそ両思いになる方法。

最終更新日:2016年1月22日

「好きな人と両思いになりたい」これは恋をする女性であれば誰もが感じることですよね。

しかしどういうわけか毎回片思いのまま終わってしまうという女性も多くいるのではないでしょうか。

そんなあなたのために、両思いになるための方法をご紹介します。

1.自分の態度を見直す

片思いのままで終わってしまう人の中には、自分でも気づかないうちに片思い相手に対して好き避けをしてしまっている人がいます。

本当は好きな相手と仲良くなりたいし笑い合いたいのに、どのように接したらよいのかがわからずに相手を避けてしまうような行動を好き避けと呼びます。

この好き避けは自分に自信のない女性に多く見られます。

「自分の行動や言葉が相手に不快感を与えてしまったらどうしよう」相手との会話の中でこんなことが頭によぎってしまい、たまらずうつむいたり会話の中でそっけない態度を取ってしまうことがあります。

他にも相手から話しかけられそうな雰囲気を察知すると、気づかなかったふりをして避けてしまうこともあります。

このような行動は相手の男性から「もしかして嫌われてる?嫌なことでもしたかな?」と思われてしまいます。

また、相手の事が気になってつい目で追ってしまうというのは恋をしている女性ならよくあることです。

そんな時に好き避けをする人が相手と目が合ってしまうと恥ずかしくなって目をそらしてしまいます。

このようなことが続くと相手を嫌な気分にさせてしまいますよね。

今一度自分の態度を見直してみて、早急に対処をすることをオススメします。


2.積極的に自分を知ってもらう

相手の方からアプローチをしてもらいたいと思い、相手が動くのを待ってしまいがちな女性っていますよね。

しかし相手にあなたの気持ちが伝わっていなければ相手も動くことはありません。

積極的にあなたから彼に自分の事をアピールしていきましょう。

もしも好きという気持ちを表現するのが苦手ということであれば、まずはあなた自身を彼に知ってもらうことから始めましょう。

例えば会話をする時に聞き役ばかりになるのではなく、自分の考えや趣味などの話をするようにしましょう。

彼との意外な共通点が見つかると、彼もあなたに興味を持ってくれます。

また共通点の話題から積極的にコミュニケーションを取っていくことで親密度もアップしますよ。


3.彼にとって安心できる存在になる

恋人になる条件は両思いであることですが、それ以外にもお互いにとって安心できる存在であるということが大きなポイントとなってきます。

あなたが明るく元気なタイプであれば、時には聞き役に徹して温かく彼を受け入れるということも大切です。

また明るさだけではなく、時には不安な気持ちもさらけ出してみてください。

だんだん彼もそういった気持ちを出してくれるようになり、お互いに深い話もできる関係になるでしょう。

お互いのいろいろな面を知ることが安心感へとつながります。

そして彼と直接会っていないときに頻繁に連絡を取りすぎていませんか?特にメールやLINEは注意が必要です。

女性はこまめに連絡をするのが好きな人が多いのですが、反対に男性は苦手だという人が多いです。

苦手なLINEが頻繁に送られてくると、返さなければいけないというプレッシャーから疲れてしまいがちです。

もし彼から返事が来るのが遅いと感じたら少し控えめにしてみてください。

好きになると自分が見えなくなってつい突っ走ってしまうという人も多いと思いますが、一度冷静になって彼の反応を見てみてくださいね。


5.友達以上恋人未満を脱却する

好きな人と仲もいいしボディタッチだってするのになぜか恋人になれないということがあります。

彼もきっとあなたの好意には薄々気が付いているのですが、一歩踏み出せずにいます。

しかし恋人未満の期間があまりに長くなりすぎると、お互いに今の生ぬるい関係で妥協し始めてしまいます。

あまりに心地良くなると今の関係が壊れてしまうことが怖くなり告白して恋人になるところまでいかないのです。

そうこうしているうちに相手に恋人ができてしまったりする可能性もあるので、早めに脱却しましょう。

まずはただの友達ではないということをアピールする必要があります。

あなたといると素の自分でいられる、安心できる。

そのようなことを言って彼の事を特別視しているということを伝えましょう。

あなたが本当に自分の事を好きなのか?告白してもいい状態なのか?と半信半疑で告白に二の足を踏んでいる男性であれば、これでスイッチが入ります。

それでもだめならいっそのことあなたから彼に告白しましょう。

彼から告白してほしいのに。

そう思っていることが片思いのまま恋が終わることに直結しています。

恋人になれさえすれば彼からロマンチックな言葉もた臭く聞くことができるようになるでしょう。

そのためにも告白を決断することをオススメします。

彼と両思いになろう

恋愛は駆け引きでもあります。

お互いの様子をうかがっているうちに恋が冷めてしまうなんてこともあるので、両思いになるためには自分を変えるということが必要になることがあります。

自分の行動は彼からどう見られているか、自分は彼にとってどのような存在か振り返ってみてください。

今の自分の状態を知り、ぜひ念願の両思いを手に入れましょう。