本番に弱い性格を改善する方法4つ

最終更新日:2017年2月23日

プレゼンテーションなどでいつも失敗してしまい人もいれば、本番も練習通りに力を発揮できる人など、様々なタイプがいるでしょう。

だれもが本番に成功したいと感じているとは思いますが、緊張してしまうなどしてなかなかうまくいかないことも多いでしょう。

では、本番を成功させるためには、どのようにすればよいのでしょうか。

今回は、本番に弱い性格を改善する方法をご紹介します。

1.練習を多くする

本番に成功するためには、練習が非常に重要な要素になります。

練習を重ねることでうまくなることはもちろんですが、自分はできる、というようなモチベーションを持つこともできるためです。

本番に失敗してしまう理由はいくつかありますが、その理由の1つが、練習が足りないことです。

せっかく素晴らしい成果を出すために用意していても、練習をしていなければ万全の準備をしたとはいえません。

そのため、本番で成功するためには、練習を十分にすることが必要不可欠です。

また、練習を多くすることは、自信を得ることにもつながります。

練習をあれだけたくさんしたのだから大丈夫、練習のおかげで失敗しないようになった、などの自信を得ることは、本番でのメンタルに大きく影響します。

本番で安定した結果を出すためには、自信を持つことも重要でしょう。

このように、本番に弱い性格を改善するためには、練習を重ねることが非常に有効です。

技術力をあげることはもちろんのこと、自身のメンタル面にも大きな影響を与えてくれることでしょう。

2.失敗を恐れない

本番に弱くなってしまう、失敗してしまう理由の1つが、失敗を恐れてしまうことです。

失敗したらどうしようと考えていると、本来の力を発揮できずに失敗してしまう事も多くあるでしょう。

このような事態を避けるためには、失敗を恐れないことが大切です。

完璧なんて無理だから失敗はしょうがない、失敗しても別の部分でカバーできる、などのように、失敗を恐れないことが非常に大切になります。

失敗を恐れてしまうことは、自分のパフォーマンスに制限をかけてしまうことが多くあります。

普段やっていることができなくなってしまったり、ためらってしまう気持ちも生まれてしまうことでしょう。

このような事を避けるためには、失敗を恐れないことが必要です。

失敗を恐れることは、本番に弱い性格を生み出す1つの理由です。

失敗を恐れない気持ちこそが、本番に強い性格を生み出す方法といえるでしょう。

3.イメージトレーニングをする

本番に弱い性格を改善するためには、イメージトレーニングをすることも1つの方法です。

目標を達成している自分、成功している自分をイメージするといいでしょう。

イメージトレーニングをする理由として、人は想像できる物事の方が達成しやすいと言われているためです。

また、想像した物事は現実になりやすいとも言われています。

そのため、失敗している状況を考えてしまうと失敗しやすく、成功している状況を考えていると、成功しやすくなるといえるのです。

また、イメージトレーニングを行うことで、どのような事をすれば成功できるのかを体感することができます。

本番でもイメージ通りに行動を行うことで、実際に成功できるような事も多いでしょう。

このように、本番に弱い性格を改善するには、イメージトレーニングが有効です。

成功している自分、達成している自分をイメージしてみるといいでしょう。

4.完璧を求めない

完璧を求めてしまうと、本番に弱い性格になってしまいます。

失敗してはいけないという気持ちが、パフォーマンスを低下させてしまうからです。

ネガティブな考えは行動を制限させてしまうことが多く、本来の力を発揮できなくさせてしまう原因の一つになります。

このような理由から、本番に弱い性格を改善するためには、完璧を求めないことが大切です。

失敗しても大丈夫、80%の力で頑張ってみる、など、少しの妥協点を用意することが大切になるでしょう。

完璧を求めることをやめることによって、心に余裕を生むことができます。

本番に成功するためには、パフォーマンスを最大限に発揮するためには、余裕を持つことが大切です。

そのため、完璧を求めることをやめ、余裕を持つことが大切になります。

このように、本番に弱い性格の人は、完璧主義の可能性があります。

完璧を求めることは良いことではありますが、過度な気持ちは失敗を促進させることになってしまうでしょう。

適度に余裕を持つことが、パフォーマンス向上には大切です。

本番で失敗しても大丈夫だと考えよう

本番に弱い性格の人は、失敗を過度に恐れていることが多くあります。

失敗してはいけない、完璧にやらないといけない、などの気持ちは、自分に負担をかけてしまうことでしょう。

本番に強くなるためには、ある程度の余裕を持つことが大切です。

自分に自身をもって、最大限のパフォーマンスを発揮してください。