骨太な女性がダイエットする時のコツやポイント3つ。身体のバランスが大切

最終更新日:2015年5月31日

女性にとって、華奢な体は憧れです。世の中の多くの女性が、一度はダイエットに挑戦したはず。
しかし問題は生まれ持った体格。もともと骨が太い人は、思うようにダイエットが進まないのではありませんか?

今回は骨太な女性がダイエットをする時のポイントやコツについてお話します。

1.体重よりを全体のバランスに重点を置く

生まれつき骨が太い人がどんなに体重を落としても、どうしても体重や目に見える細さには限界があります。単純に骨の質量が多ければその分重みも増しますし、脂肪のように減らすことができないためです。

骨太の女性の場合、ダイエットをする時は細さや体重よりも全体のバランスに意識を向けるようにしましょう。どんなに骨が細い女性でも、全身にメリハリのない痩せ方をしては魅力が台無しになってしまいます。それよりも筋肉がバランスよくついて健康的な体の方が、元が骨太でも魅力的に見えるもの。

体全体のバランスを整えることによっていくらでもスタイルが良く見えることを、ダイエットの際には心得ておきましょう。

2.ウエストを集中的に締める

大人の人間の体には、骨が約206本あると言われています。これらの骨が生まれつき太く、がっしりとしている方が華奢な体になるのは絶望的に思えるかもしれません。

しかし痩せられるポイントは存在するのです。

それはウエスト。人間の体が多数の骨でできているとしても、ウエストの部分が硬い骨で覆われている人はいないでしょう。どんなにもともとの体型ががっちりとしている人でも、ウエストがきゅっとくびれているだけでスタイルが良く見えますよ。

よって骨太の人がダイエットをする際には、ウエストを徹底的に締めると効果的です。

3.むくみを解消する

生まれつき骨太の人がダイエットをする場合、どんなに体脂肪を減らしても華奢に見えないという問題が出てくるかと思います。やはり元の体型ががっちりしていると、なかなか細く見せるのは難しいですよね。

しかしよく自分の体を観察してみてください。少しでもむくんではいませんか?

女性はもともと体質としてむくみやすい傾向にありますが、間違ったダイエットをしている場合はそれが顕著に表れます。
ダイエット中のむくみの原因は、極端な食事制限。あまりにも栄養が偏ってしまうと血液のバランスが崩れ、その結果水分を溜めこむ体質になってしまうことがあるのです。

ダイエットはとにかく体を壊さないことが大前提。間違った方法を続けていると痩せて綺麗になるどころか、逆効果になってしまいます。
むくんでしまったらマッサージなどで解消しつつ、体調を見ながら少しずつ減量をするようにしましょう。

身体のバランスを整えることが大切

ダイエットといえば体重や華奢な見た目に着目しがちですが、実際は体のバランスさえ整っていれば十分魅力的に見えるもの。

生まれ持った体格は、自分ではどうにもなりません。それでも体格を生かしてスタイルよく見せることは、考え方次第で十分可能なのです。
骨太だから痩せないと躍起にならず、体型をうまく利用し、いかにスマートに見せるか研究することから始めるようにしましょう。