お風呂のカビを掃除する方法

最終更新日:2016年2月23日

お風呂場は湿気が多いため、どうしてもカビが生えやすくなります。

しかしこれを放っておくと不衛生ですし、体にも良くありません。

そのため、定期的にカビを除去する必要があります。

そこで、お風呂場にカビが生えている時、どのように掃除したら良いかを、部分別に具体的にご紹介します。

1.お風呂場を換気し、湿気が少ない状態でカビ掃除をする

お風呂場のカビ掃除をする場合、まずは掃除の環境を整えることが大切です。

1番気をつけたいことは、「お風呂場を、湿気が少ない状態にしておく」ということです。

カビは湿気によって繁殖します。

そのため、湿気が多い状態で掃除をすると、カビを除去しても、また新しいカビが生えてきてしまい、今までの掃除が無駄になってしまいます。

必ずお風呂場を乾燥させた状態で行ってください。

まずお風呂場を換気します。

換気扇を強めに回し、窓がある場合は窓を開けましょう。

カビ掃除の場合は、強い洗剤を使うこともあるので、換気をしないと体調が悪くなるので気をつけてください。

そして、お風呂場の水分は予め拭き取っておき、湿気を排除します。

この状態を整えてから、本格的な掃除に取り掛かりましょう。


2.マスク・ゴム手袋・ゴーグルを忘れずに着用し、できるだけ肌を出さない状態で掃除する

お風呂場のカビ掃除を行う際、マスク・ゴム手袋・ゴーグルを忘れずに着用しましょう。

カビは人体に悪影響を及ぼすため、掃除中に吸い込んでしまうと非常に危険です。

なかなかカビが除去できない場合、強い洗剤を使うことがあるので、手が荒れてしまったり、目が痛くなってしまったりします。

それを避けるために、きちんと自分を防御しながら行う必要があるのです。

服装は、できるだけ肌を出さないようなもので行うことをオススメします。

カビやカビ用洗剤が、肌に悪影響を及ぼす可能性が高いためです。

3.まずは天井から掃除し始める

お風呂場は、天井に1番カビが生えやすいと言われています。

しかもこのカビは、下に落ちて来てしまうので、天井のカビを除去しない限り、お風呂場はいつまで経ってもキレイにはなりません。

そのため、お風呂場の掃除をする際には、最初、天井のカビから除去するということが大切なポイントです。

「カビを除去する」というと、「必ずカビ専用の洗剤を使う」と思いがちですが、天井に関してだけは、最初は水洗いで行うことをオススメします。

と言うのも、天井部分に洗剤を付けてしまうと、洗剤が下に零れ落ちて来てしまい、目に入る危険性があるためです。

まずはモップか雑巾で、天井を強く水拭きしてみてください。

これだけで大抵のカビは十分に除去できます。

それでも落ちない時だけ、「アルカリ性の洗剤」をモップに染み込ませて洗剤が垂れないようにし、その状態でカビを拭き取ってください。

そしてそのまま、しばらく放置します。

天井部分に洗剤を使う時は、洗剤の成分が下に落ちてきて、お風呂場全体に充満してしまうため、あまり強過ぎる洗剤を使わないことをオススメします。


4.浴槽やタイルなどのカビに関しても、最初は水拭きで拭き取ってみる

天井の掃除が終わったら、浴槽や床のタイルのカビを除去しましょう。

浴槽やタイルのカビに関しても、天井同様、最初は水拭きで拭いてみることから始めてください。

水拭きで除去できるカビも多いので、その作業だけですぐに終わる場合もあります。

そして、水拭きで落としき切れなかった部分だけに、洗剤を使うようにしてください。

洗剤を使うのはできるだけ少なくした方が、人体への悪影響も少なくてすみます。

5.洗剤の使用は最終手段として考え、「水+酢」「水+酢+重曹」を試してみる

カビ取り用の洗剤は毒性も高く、人体にも悪影響が強いため、できるだけ使わない方向で考えながら掃除をしましょう。

洗剤は、「どうしてもカビが落ちなかった時の最終手段」として考えてください。

まずは水拭きでカビを拭き取り、それでダメなら水に酢を混ぜてカビ部分にスプレーし、その個所を拭き取ってみてください。

それでダメなら次は、「水+酢+重曹」を混ぜてカビ部分にスプレーし、それを拭き取ります。

ここまでやっても除去できなかったカビに対してだけ、洗剤を使うようにしましょう。


6.カビ用洗剤を使う時は、使用上の注意をよく読み、使う分量にも気をつける

カビ用洗剤を使う際は、使用上の注意をきちんと読み、用法を守りましょう。

特に、「混ぜるな危険」という表示がある場合は、絶対に他の洗剤と混ぜてはいけません。

表示がなかったとしても、他の洗剤と混ぜて使うことは望ましくありません。

そのくらい強いものであると思ってください。

そして、使う分量にも気をつけましょう。

カビがなかなか落ちないからと言って、あまりに大量に洗剤を使うと、洗剤から生じた期待が原因で、体調を悪くすることがあります。

お風呂のカビ掃除はフル装備で

お風呂場のカビ掃除は、フル装備で時間をかけて行う必要があります。

そのようにすることで、安全に、しっかりとカビを除去することができます。

面倒だと感じることもあるかもしれませんが、掃除の中でも、人体にリスクが高い部類の作業ですので、1つ1つ気をつけながら行うことが大切です。

カビは1度生えるとどんどん繁殖するため、定期的にお風呂場を点検し、カビ掃除をする際は徹底して除去しておきましょう。