部屋が汚い人の特徴。カバンの中身や机も汚い

最終更新日:2016年2月23日

部屋は自分の城です。

憩いの場であり、リラックスできる自分だけの空間です。

綺麗に片付けたり、掃除をしたりするのは当たり前のことのように思えますが、すべての人にとってそれが簡単であるとは限りません。

部屋を片付けられない人にとって、日常と化したその荒れた生活が自分でも気づかないうちに、外での生活にも大きく影響を及ぼすこともあるのです。

そこで今回は外で見て分かる部屋が汚い人の特徴をご紹介します。

1.洋服がしわだらけ

部屋が汚い人でも、外から帰ってくれば部屋着に着替えます。

しかしながら汚れた部屋が気にならない人が、着替えた服を「しまう」「たたむ」「洗う」などということはしないでしょう。

恐らく、ポイッと脱ぎ捨ててそのまま山積みになり、着るときにその山をかき分けながら引っ張り出すといった具合で、クローゼットからの出し入れはしないはずです。

すると洋服はどうなるか。

当然しわになり、臭いが付き、清潔感がなくなります。

動物を飼っていたりすれば、その毛も着いたままでしょう。

しみ、しわ、毛玉、臭い、動物の毛、いずれかの現象が起きている洋服を気にせず来ている人は、部屋が荒れていてそんな細かいことに目がいかない、と考えられます。


2.カバンの中身が汚い

部屋を片付けるのが得意な人は、身の周りを整頓することを特に意識してやっていないでしょう。

それが癖であり、日常であるために物を出す、元あった場所に戻す、余分なものは捨てる、という一連の動作がごく自然にできるのです。

ところが、片付けるのが苦手な人はどうでしょう。

部屋が汚れていくのは、物を元あった場所に戻す動作をしないからに他なりません。

これが持ち物を入れるカバンだったら。

そのカバンもまた部屋同様、出し入れの度に散らかるので「あれがないこれがない」と大騒ぎになります。

勿論、几帳面な人ばかりが得をするわけではありませんが、日常的に使うカバンの中は、整理整頓ができない人よりもしっかりできる人の方がスマートな生活が送れることでしょう。


3.デスク周りが汚い

机は、働く人にとって、自分の部屋のようなものです。

いかなる仕事でも、自分のテリトリーが存在します。

よく使うものの位置や、大事なものを入れる場所、それは仕事をしていく上でとても重要なゾーンであるはずです。

部屋が散らかっている人が良く言う「散らかっていても、自分では何がどこにあるかちゃんとわかっている」というセリフ。

本人がそれをベストな位置だと言うのであれば否定もできませんが、必要な時にすぐに取り出せることは仕事をする上で障害にはなりません。

その逆は大いに障害と成りえますがそれをわかっていながらも、デスクや作業台の上が散らかる人は、当然部屋の中も同じことが起きていると言えます。


4.飲み会や食事中の振る舞いが汚い

楽しい飲み会や食事会に部屋の汚さは、ほとんど関係ないように思えますが、「部屋で見るもの=日常的に見ているもの」です。

飲み会などで、空いたグラスや空のボトルをマメに下げる人はいつも同じだったりします。

テーブルの上に落ちた食べカスや、水滴をこまめに拭く人もいつも同じだったりします。

その場にどんな上下関係があるかにもよることですが、その空間を綺麗にしておこうとする人と、物が増えることやテーブルが汚れていくことを気にしない人、双方の差はやはり、日ごろから身の周りを整理整頓しているか否かというところにあると言えるでしょう。

必要ないものが視界に入っても気にならないということは、日常的に見ている景色の中にゴミや不要なものがあるということに他なりません。


5.物をよくなくす

先ほども出ましたが「あれがないこれがない」という発言。

これを言う人はそもそも自己管理が出来ていないか、もしくは散らかす気はなくとも意識して物をしまっていないということが言えます。

忘れ物は誰しもがうっかりやってしまうことですが、なくし物はトラブルに見舞われるなどの理由がない限りは、あってはならない事です。

使った物を元あった位置に戻すことが出来ない、外でそれをやってしまう人は、家の中でも同様のことが起きていることでしょう。

つまりそれは、部屋の中が散らかっているという証です。

部屋が汚れている人は、仕事の出来にも影響がありそうですね。

部屋が汚いことが必ずしも悪ではないけれども、できればキレイにしよう

部屋が汚いからと言って、必ずしも外での生活に支障を来すわけではありません。

いつもオシャレでいい匂いのする人、そんな人の部屋も実は散らかし放題ゴミだらけかもしれません。

部屋の状態がその人の本質であるとは限らないからです。

人が見ていないと、本当の自分に戻れる瞬間が誰しもあるものです。

その空間が汚れていても、本人がリラックスできることが一番大事です。

しかしながら片付けの下手な人は、自分でも気づかぬうちにボロがでます。

人に見られていないだろうと油断している部分は、どんな人格者にも外見を磨いている人にも必ずあるはずですから、そんな気を抜いた瞬間に片付けが下手なんてことがうっかりバレてしまうこともあるかもしれませんね。