ヒョウ柄、ゼブラ柄が男ウケしない3つの理由。男性は保守的みたい

最終更新日:2014年11月29日

よく洋品店でヒョウ柄やゼブラ柄のアイテムをみつけるとかわいいって思うことってありますよね。
女友達同士ならこれかわいいよね、っと盛り上がれるアイテムかもしれません。

しかし、男性は同じ感覚ではないようです。
それはなぜなんでしょうか。どうして女性と違って受けが悪いのでしょうか。

1.男性は保守的

案外、保守的な男性は多いものです。ヒョウ柄などのアニマル柄はどちらかというとチャレンジしている雰囲気ですね。

保守的な男性としてはそういった派手な柄を身につけている女性、とういうことで一緒にいると落ち着かないのかもしれません。
逆に好みはありますが白一色やピンクなどの清楚な色調の服装である女性が男性受けがいいと思います。

アニマル柄では好みが大きく分かれるところでもありますが、派手なイメージを持たれてしまい、保守的な男性には受けがよくないことが多いのです。
またアニマル柄は若い、ギャル、遊び人のイメージを持っている男性も多いようです。

特に年代の古い30代以降の男性はより保守的で典型的な女性らしさというものを求めています。
実際に違うのにアニマル柄を身についているだけでギャルっぽいイメージを持たれてしまい、遊ぶのにはいいけど彼女にはしたくないといイメージで扱われてしまうのです。

2.自分だけの彼女でいてほしい

また、イメージなのですがアニマル柄は遊んでいるような、開放感のあるイメージがどうもあるようです。
男性は自分はいろんな女性に囲まれたい割には、彼女には自分だけの彼女でいてほしいという独占欲があります。

アニマル柄を身につけていると付き合っても他の男性と遊んでしまうのではないのか、といった偏見をもってしまいがちなのです。
自分の彼女になる人にはできれば他の男性の影がない方がうれしいものです。

しかし、アニマル柄は開放的だから他の男性の友達もたくさんいるのではないかというイメージも持ってしまうのです。
そこで自分の彼女にはアニマル柄を身につけないで欲しいと思ってしまうのです。

そういうわけでアニマル柄を身に着けている女性をみるとそれだけで彼女候補から外してしまう男性も少なくないはずです。

3.安っぽい女にみえてしまう

また、アニマル柄は若いだけではなく安いイメージも持たれがちです。
自分の彼女はそんな安っぽい女性であってほしくないと思っている男性も多いです。

遊ぶにはいいけど彼女には適さないと思われてしまうかもしれません。
実際につきあうことになってもアニマル柄を着ている女性を連れて歩きたくないと思うようです。

そこには男性の見栄の心理が働いています。
知り合いに会った時に安っぽい服装をしている女性を連れて歩いていると思われたくないという気持ちからです。

女性は男性のアクセサリーでは決してないのですが、見栄っ張りの男性の中にはそういった理由でアニマル柄を着ている女性にいいイメージを抱かない人も多いです。

アニマル柄が原因で彼女候補から外れることも

もちろん趣味は人それぞれですが、以上のような理由でアニマル柄は男性受けがよくない場合が多いです。

あくまでもイメージの問題でしかないのですが、アニマル柄を身に着けているだけで彼女候補から外す、という例はよくあるようです。
本命の男性とのデートの時は好みがわかるまでアニマル柄を避けた方が無難かもしれません。