いい女になる方法5つ。素敵な女性になっていこう

最終更新日:2015年10月9日

誰もが目指すいい女という種類の女性はいったいどんな女性なのでしょうか。

男性にとってのいい女や女性にとってのいい女などあるかと思いますが俗にいういい女になるためにはどうすればいいのでしょうか。

いい女になれれば仕事も恋愛も困ることはなさそうなので人生を彩るために挑戦したいものですね。

そこで今回はいい女になる方法をご紹介します。

1.やりすぎないキレイさ・可愛さ・おしゃれさ

いい女になるためには、まず外見が大事になってくるでしょう。

とはいえ、万人が美人になれるわけではありませんし、美人が全員いい女というわけではありません。

そのため、自分の素材をしっかりと最大限に生かしているということが大事になってくるでしょう。

さらに、いい女といわれるために見せてはならないといわれているのが「焦り」だそうです。

そのため、変に流行を追いすぎていたり、がっつりメイクや大き目カラーコンタクトですっぴんが全く想像できなかったり、ぶりっこをしすぎて可愛い自分を演出したり…

確かに外見をキレイに可愛く保つ手段かもしれませんがその美に対する「焦り」のようなものはいい女から遠のいてしまうでしょう。

なので、いい女になるためには焦らずに、流行を追いすぎない求めすぎないキレイさや可愛さ、オシャレさなどが必要なのかもしれません。


2.内面を磨く

いい女になるために必須になってくるのが「内面」でしょう。

例えば、美人だったりスタイルが良かったりしても、いじめをしていたり悪口を言ったり、男をもてあそんで人を傷つけたりするような女性を「いい女」だと感じる人は少ないでしょう。

そのため、男性からも女性からも「いい女」だと思われない場合は、内面もキレイにする必要があるでしょう。

内面をキレイにするというのは具体的にいえば、誠実である・悪口を言わないなどのほとんどが当たり前のことです。

ですが、それをなかなかできないのが人間でしょう。

そのため「いい女」と思われる女性が少ないのかもしれません。

小さなことからでもいいので、いい女になるために親切をしてみたり、悪口を言うのをやめてポジティブな思考にしてみたり、仕事を誠実にこなしたりしてみましょう。

そうするときっと誰かがあなたのことを「いい女」だと思ってくれることでしょう。

3.コミュニケーションをとる

人から「いい女」だと思われるためには、人とコミュニケーションをとる必要があります。

社交的にみんなと仲良くなれないと、あなたの「いい女」要素をわかってもらえないかもしれません。

そこで、男性からも女性からもいい女だと思われるためには、人とのコミュニケーションをとるように心がけましょう。

その時に注意してほしいのが「悪口を言わないこと」です。

人とのコミュニケーションをとるときに一番盛り上がっててっとり早いのが悪口や噂話ですが、盛り上がる反面その代償は大きく「いい女」からかけ離れてしまうでしょう。

なので、悪口を言ったり悪口に乗らないように心がけましょう。

大勢とコミュニケーションが取れ、社交的で友好的な人はいい妻でいい母親を想像させるので意外と男性にもいい印象を与えますし、中年以上の男女にも受けがいいかもしれません。

大勢と関わるのが苦手という人は、まずはみんなに笑顔で親切に接することから始めてみてはいかがでしょうか。


4.趣味がある

いい女というのは「輝いている女性」とも言えるでしょう。

つまりは、仕事や恋愛、プライベートなどが充実しているということのようです。

なかなか仕事や恋愛がうまくいかないという方は熱中できる趣味を探してみましょう。

SNSなどで仕事の時間以外は趣味をして楽しんでいる様子をアップしたり、趣味が同じ人たちで集まってコミュニケーションを広げるなどをして人生を充実させてみましょう。

人生において何か一つでも楽しんでいる女性というのは輝いているのかも…。

いい女を目指すなら何か一つ夢中になれるものを探してみてはいかがでしょうか。

5.都合のいい女にはならない

男性に「いい女」と思われたいのに「都合のいい女」になってしまうということがあるようです。

それは、男性に合わせすぎてしまうのが原因かもしれません。

いい女というのは男性の要望をなんでも聞いて喜ばせるのではなく、男性が追いかけないとほかにとられてしまうと焦るくらいに魅力的な女性で、決して男性の都合に合わせて一喜一憂することはないのかもしれません。

そのため意中の男性と両想いだなと感じでも一歩引いたり、我慢しすぎたりしないようにしましょう。

男性に追いかけされるのが上手な女性ほど、男性にとっての「いい女」なのかもしれませんね。

いい女になろう

「いい女」には様々な定義があるようですが、内面も外見もキレイであってしっかりと自分を持っている女性が「いい女」なのかもしれません。

いい女を目指して努力していきましょう。