自分が殺される夢を見た時それが意味するものとは【夢占い】

最終更新日:2016年9月18日

夢の中で自分が殺されてしまう夢を見た方は割といると思います。
自分が殺される夢ははっきり言って見たくはない夢ですし悪夢と考える人は多いでしょう。

もちろん自分が殺される夢は悪い意味合いを持つ場合もありますが、その夢の内容によっては吉夢になることもあります。
なので自分が殺された夢を見たという方はまずは自分の夢の内容を細かく思い出してみてください。
その内容次第でその夢の本来の意味が見えてくるのです。

1.今が頑張りどきだという暗示

自分が殺される夢は一般的に良い夢と言われる場合があります。
古い自分が死んで新しい自分に生まれ変わる、事態が好転するなどが一般的な意味です。

しかし状況がすぐに良くなるという意味ではありません。
現状が曖昧だったり、仕事で焦っていたり上手くいっていない状態の時にも殺される夢を見てしまう場合もあります。

夢は本来ストレスを和らげる役割があります。
しかし悪夢などの怖い夢の場合は目覚めも悪い場合がほとんどですし、ストレスを和らげるという意味では考えにくいので予知夢や警告夢として考えられる場合がほとんどです。

なので殺されるというのは一種の警告として捉えた方が良いでしょう。
本来の意味としては「努力すればいい未来が待っているから、今が頑張り時だ」と夢が教えてくれているのです。

2.周囲に対して不満を持っている

自分が殺される夢はさほど悪くはない意味だとは言いましたが注意が必要な内容の夢もあります。
たとえば苦しみながら死んでいく夢は自分自身が混乱していることを意味します。

大きな選択を迫られていたりどうしていいのかわからなくなっている状態です。
一度冷静になって落ち着くことが大切になります。

他にも殺された後に誰にも気づかれない夢も周りの人達に不満を持っているという意味があります。
自己アピールや自身の努力が重要になってくるでしょう。

3.流血する夢は精神的な疲れか運気上昇の暗示

血が出てくる夢はちょっと怖い内容だと思いますが本来の持つ意味は仕事運や金運、恋愛運を向上させるという意味があります。
しかし自分が刺されて殺されたという夢を見た人は運気が上がるのかといえば全く逆の意味になります。

自分自身が流血してしまう夢は詐欺や罠に騙されてしまうという警告の意味があります。
また精神的に疲れているという意味もあるので注意が必要です。

また吐血した場合には病気などのなる可能性があるので健康状態に気をつけてあげることが大切になります。
なので自分自身が刺されたり血を流したりする夢は注意が必要で他人が血を流している場合には運気向上の暗示ととらえてください。

4.銃やナイフで殺される夢は人間関係や仕事の悩みがある暗示

殺される夢と言っても殺され方でも意味合いが変わることがあります。
たとえば銃で撃たれた場合には自分が痛手を負っていることを表しています。

また銃は離れた場所で用いられる場合がほとんどなので仕事関係で悩みや苦労を意味しています。
やりたくないことをやらされていて不満に思っていることを暗示します。

ナイフで刺される場合には人間関係で傷つけられたことを表しています。

ナイフで傷つけられる場合は近距離で使われるものなので人間関係に問題があることを暗示しています。
このような夢は他人のイライラをぶつけられる標的になっており、自分が被害者であることを表しています。

また逃げようとしたりするのであれば立ち向かうのが怖い、もしくは難しいと考えていることを意味します。
なので現実では勇気をもって自分の意見を主張して非難をはねのけるような行動を行うことが大切です。

3.親に殺される夢は自立を意味する

両親に殺される夢はあまりいい印象を持たないとは思いますが、自立を意味します。
親に対して依存している気持ちから離れたいとう表れです。

特に中学生や高校生などの反抗期や思春期の時期に見る場合があるのでただ怖い夢と感じてしまうのではなく、自分が精神的に大人になろうとしている表れだと思ってください。
またそういった夢をよく見る人は可能であれば一人暮らしを始めるなど親元を一度離れることで新たな道が開けると思うので良いと思います。

逆に両親や兄弟などを殺してしまう夢はその人に幸運が訪れることを暗示しています。
ただ心底恨んでいる際にもこういった夢を見ますのでご注意ください。

自分の夢の覚えている範囲で考察してみよう

夢というのは様々なことを予言したり警告してくれるものでもあります。
殺されてしまう夢は特に自分自身が今どういった行動を取るべきかを教えてくれる夢なので意味合いが良くても悪くても今後どうしていくべきかの良い参考になります。

なのでただ単純に怖い夢というだけで終わらせてしまうのではなく、夢の中で自分がどんな環境でどのように殺されたかなど覚えている範囲で考察していくことが自分の人生にとって大きな影響を与えるきっかけになるかもしれません。

ただの夢というわけではなく様々な意味合いを持つとても重要なものなので夢の内容をじっくり考えるのも自分が生きる上で大切なことだと思います。