遺跡巡りが好きな人の心理や性格とは。遺跡からロマンを感じる人たち

人の特徴最終更新日:2018年4月28日

昔から人気がある趣味の一つに遺跡巡りがあります。

遺跡が好きな人は日本はもちろん、世界を回る人もいます。

ここでは、そんな遺跡巡りが好きな人の心理や性格についてご紹介します。

1.歴史好きなロマンチスト

日本はもちろん、世界中にたくさんある遺跡巡りが好きな人で一番多い心理この歴史好きなロマンチストという事です。

歴史には物語があります。

どれも昔、実際に起こった事でその物語はどれも驚くほどドラマティックです。

大河ドラマや時代劇、小説等を通して歴史を好きになったという人は多いです。

坂本龍馬や織田信長等の登場人物が織りなす物語はいつの時代も多くの人をワクワクさせ、歴史好きな人を増やしています。

そしてドラマティックな物語が好きな人は男女問わずロマンチストです。

遺跡巡りを通してその時代の人がどういう思いでここですごしていたのか等想像をするのを好みます。

特に古代等現代と離れている時代の事を色々考えるのは楽しいという人は多いです。

「ここでこういう事をしていたのではないか」等その場にいるだけで想像が膨らむので、遺跡巡りは最高に楽しいという人もいます。

2.美しいもの、変わったものが好きで独自の価値観を持っている

どのように美しいと思うのかは人それぞれですが、遺跡巡りが好きな人は遺跡に絵画のような美しさを感じている心理の人もいます。

この心理の人は写真で見るのもいいですが、実際に自分で移籍を巡って自分自身で本物を見たいという人が多いです。

本物を見て写真を撮ったりその場に立って風景等を色々見たりする事で得られるものがあると考えています。

このタイプの人を好きになったら、その独自の価値観を理解する事が重要です。

全てではなくとも多少なりとも理解する姿勢を見せる事が大切です。

このタイプの人は自分を曲げないので、自分の価値観を理解しようとしない人だと判断されたらそこで恋愛が終わってしまいます。

逆に、その人の価値観を理解しようとする姿勢を見せる事で好感度がグッと上がります。

さらにそこに自分なりの考えを付け加える事ができればベストです。

このタイプの心理や性格の人は色々な人の価値観を知りたいと思っているからです。

ただ、自分の価値観を押し付けすぎたり、全く受け入れなかったりする場合はナルシストで他人を知ろうとしない傾向にあるので諦めた方が無難です。

3.特定の歴史上の人物が好きで、その人になりきってみたい

遺跡巡りが好きな人の中には、歴史の全てを好きというわけではないけれど、特定の歴史の人物が好きで、自分自身がその歴史の人物になりきってみたいという心理の人もいます。

その人がかつていた場所に自分も立つ事で「今、自分は大好きな歴史上の人物がいた場所と同じ場所にいる」と感激できます。

この心理の人は少々オタク気質がある人が多いです。

自分が好きになった歴史上の人物について何でも知りたいと思うのです。

遺跡巡りもその中の一つです。

遺跡を巡り、そしてその場に立ちその登場人物になりきる事で心が満たされるのです。

このタイプの人は、歴史上の人物に関する本やグッズ等を収集するのも好きな事が多いです。

4.旅行とセットにする事で非日常感を味わえる

遺跡巡りと旅行をセットで考えている人もいます。

遺跡巡りと旅行をセットにする事で非日常感を味わえるからです。

特に遠くへ旅行にいく事で遺跡巡りから家に帰るまでずっと非日常感を味わえます。

非日常感は旅の醍醐味の一つです。

自分がこのタイプで、非日常感を味わう事をポジティブに考えているなら問題はありません。

ですが、非日常感を味わう事で「現実に戻りたくない。

ずっと遺跡巡りをしながら旅行をしていたい」と思ってしまう場合は注意が必要です。

ストレスが溜まっている可能性があるからです。

遺跡巡りや旅行でそのストレスが解消できればいいですが、強いストレスが溜まっている場合は解消しきれずに現実に戻り、そしてまた現実が嫌になり遺跡巡りと旅行をするというループになってしまいます。

こうなるとせっかくの遺跡巡りや旅行が心から楽しめなくなってしまいます。

この場合は、心から遺跡巡りや旅行を楽しむためにまずは現実を変える事を優先する事をオススメします。

何らかの対処をしてまずは現実を今よりもストレスが溜まりにくい環境にしましょう。

一人で悩んでいる場合は家族や友人等に打ち明け、解決のために協力をしてもらいましょう。

そして現実が楽しくなった時、本当に心から遺跡巡りや旅行が楽しくなるでしょう。

遺跡巡りが好きな人の心理や性格を知ろう

遺跡巡りが好きな人の心理や性格についてご紹介しました。

遺跡巡りが好きな人は歴史が好きな人です。

そして、歴史が好きな人はロマンチストな性格である事が多いです。

また、遺跡そのものを芸術と捉えている人もいます。

遺跡を一枚の絵画のように捉えているのです。

遺跡巡りは、色々な事を知る事ができるとても楽しい趣味です。

まだ巡った事が無いという人は是非色々な場所へ行ってみて下さいね。

きっと数々の遺跡があなたに素晴らしい時間を与えてくれるでしょう。

 

    「遺跡巡りが好きな人の心理や性格とは。遺跡からロマンを感じる人たち」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く