忙しい彼氏に電話をする時に注意したいポイント7つ。忙しい彼の負担にならないように電話をかけよう

恋愛最終更新日:2019年6月21日
彼氏に電話をかけるか悩む女性

大好きな彼は忙しくてなかなか会えないし、せめて声が聞きたいと電話をしたくなりますよね。

しかし仕事で忙しい彼からすれば、電話は仕事と同時進行で進めにくく一旦手が止まってしまうので出来ればLINEかメールで連絡してほしいというのが正直なところ。

でもこのまま彼のペースに合わせていたら、いつのまにか連絡頻度も減り自然消滅なんてこともあります。

そんな悲しい終わり方にならないように、忙しくても嫌だと思わせないような電話の仕方を覚えて、お付き合いが長くできるように頑張っていきましょう。

1.彼が1日の中で仕事が忙しくない時間を知る

まず初めに、彼の1日のルーティンを知ることが大事です。

生活のリズム、仕事が忙しい時間、比較的暇な時間など彼との会話やメールを返してくる時間帯で、彼の空いている時間が分かってきますよね。

彼も忙しいとは言えど全く休憩しないということはありません。

「この時間帯なら仕事はしていないはず」「今は忙しい時間だから避けておこう」と、自身の中で気持ちを切り替えることも可能になります。

それでも彼がいつ空いているのか分かりにくい時は、先に直接「何時くらいに休憩していることが多い?」とさり気なく聞いてしまうのも一つの作戦。

彼の1日の流れを把握してしまえば、あなた自身の不満や不安が溜まることも最低限にとどめることができますし、彼にとっての負担も減らすことができるでしょう。

2.余計な無駄話は電話では話さない

声が聞けて嬉しくて出来るだけ長く話したい気持ちはありますが、彼からすれば忙しい時にどうでもいいことをべらべら話されてもストレスがたまるだけです。

ましてや毎回無駄に思われるような話を長くしてしまっては「どうせ長くなるだけだから出ないでおこう」と、電話自体に出てくれなくなる可能性もあります。

ここはぐっと我慢して、次に会う日程を調整するなど、何か目的がある場合に電話をすること。

そんな予定がなくてもどうしても何か話したい時は「元気?」「仕事無理しすぎないように頑張ってね」など、彼を気遣うような言葉を使うように心がけましょう。

あまり会えなくても気遣ってくれる健気なあなたの姿に、彼も今度会った時は優しくしようなど考えてくれるようになるでしょう。

3.電話で文句やイライラを伝えない

彼が忙しくてなかなか会う時間も少ないので「本当に私のことが好きなの?」と不安になってしまい、どんどん「なんで私のことをこんなにも放っておくの?」と怒りに変わってしまい、彼への電話が文句や不満になっていませんか?

誰でもネガティブに感じる電話には出たくないと思うものです。

特に仕事で忙しいともなれば、彼は面倒に感じる文句やイライラを回避したいと思います。

忙しくても彼女がせっかく電話をかけてくれたという思いで、彼は忙しい合間を縫って電話に出てくれています。

それが不満や文句の電話だったら、あなたの電話には次第に出たくなくなるのは当然ですよね。

4.電話をしていて「楽しい」と思わせることが大事

忙しい彼にとって、電話が「楽しい」と感じるものでなければ電話をしたいという欲を持ってもらえません。

あなたと会話をすると元気が出る、ポジティブになれる、楽しいと感じられると彼に思ってもらうことが日常的に必要になります。

つまり、彼にとって電話が「癒し」になるような会話を心掛けましょう。

忙しい彼が、空いた時間「声が聞きたい」「癒されたい」と思えば、自然と彼の方から電話がくるようになります。

彼との電話の際は、楽しい気分になれるような内容にすること。

一緒に居て楽しい、会話をするとリフレッシュできると感じられるよう、明るく元気な声で会話するように心掛けてみましょう。

5.折り返しが来るまで連続でかけないこと

「電話をしたのに出てくれない、あれから数時間経っている」という状況になると、不安や寂しさからついまた電話をかけてしまいがちですよね。

ただ一言声が聞きたいだけなのにと、あなたにとっては安易な気持ちかもしれませんが、折り返してもない状況での連続の着信は、忙しい彼にとってプレッシャーになります。

急用ではなく、単に電話がしたいだけの場合は、彼からの折り返しの連絡がくるのを待ちましょう。

「また着信が来てる」「早くかけないと」と焦りを持たせてしまいます。

忙しい彼にとって、電話が負担になってしまってはいけません。

負担と感じるようになってしまえば、あなたにかけ直すという行動自体も避けるようになってしまうかもしれないのです。

彼のペースに合わせて、彼が電話に出なかった時は、折り返しかかってくるまで待つことが大切です。

6.強がりや曖昧な表現ではなく、素直にストレートに伝える

忙しい彼であれば、電話が当然のこと、会うこともままならないという状況のケースが多いですよね。

なかなかデートできない、電話もできないともなれば、寂しさや不安が募り、相手を疑ってしまう気持ちすら芽生えてしまいます。

ただそんな時「私のこと好きじゃなくなったんでしょ?」とか「他の人と浮気するからね」と、責めた発言をしてしまってはいけません。

彼のことが好きなのについこのような発言をしてしまう女性は、強がりな場合がほとんどですよね。

本当は寂しくて辛い、不安で胸が苦しいなど、彼をいつも以上に求めているはずです。

こういった思いを持ち電話をする場合は、素直に、且つストレートに伝える方が彼も嬉しいものです。

「寂しくて電話しちゃった」「声が聞きたくなって」と素直に伝えてくれれば、彼も「時間がある時は電話しよう」と思ってくれるものです。

強がりや曖昧な表現をするのではなく、思っている気持ちを電話では素直に伝えるようにしてみましょう。

7.話したいことを事前にまとめておく

あまり時間のとれない彼に電話をする際は、話を予めまとめておくことが必要です。

話し始めてから「あと、何かあったんだよね」「思い出すから少し待って」と長くなってしまわないよう、用件をまとめておくことが大切。

これだけは伝えたい、聞いてもらいたいと思う点をまとめておき、短時間で電話が終わるように気遣うのも彼女としてできる配慮でしょう。

わずかな時間しかとれないような彼であれば、彼がyesかnoで答えられるようにしてあげるのも良いです。

手短に、そしてあなた自身の質問や用件も満たされるよう、予め話をまとめておくと良いでしょう。

8.電話を切る時は、気遣いや感謝の気持ちを忘れないようにする

電話ができ用事が済んだ後は、切る際に「忙しいとこありがとね」「ごめんね時間割いてもらって」と、気遣いや感謝の気持ちを忘れないように伝えましょう。

単なる会話で終わるのではなく、最後に彼が「少しでも良いことをできたのかな」と思うことで、次の電話に繋がります。

気遣いされたり感謝されて、嫌な気持ちになる人はいないですよね。

忙しい彼だからこそ、電話を切った際に、どこか清々しい気持ちにさせることで、電話をすることを「苦」だと思われないようにすることも大事です。

忙しい彼の負担にならないように電話をしよう

大好きな彼が忙しいとなると、電話をかける時にも注意が必要になります。

あなたの電話のかけ方、内容によって、彼が負担と感じてしまっては、電話自体できなくなってしまうこともあります。

そうならないためにも、忙しい彼に電話をする際は、これらのことを頭に入れてかけるべきです。

ケンカや別れの原因になってしまう、すれ違いを生じさせたり、彼へのプレッシャーとならないよう、かける前に意識しておくと良いでしょう。

 

    「忙しい彼氏に電話をする時に注意したいポイント7つ。忙しい彼の負担にならないように電話をかけよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。