人に嫌がられる口癖とは。言わない方が良い口癖たち

最終更新日:2017年3月22日

口癖は、思わず口から出てしまう言葉です。

言う回数が多くなる口癖の中には口癖にすると嫌われてしまうものも数多くあります。

ここでは、言っていると人に嫌がられる口癖についてご紹介します。

1.「私なんて」

「私なんて」という言葉が口癖の人は、多くの人から嫌がられてしまいます。

これは「私なんて」と自虐するのを聞くのが嫌だという人が多い事と、この口癖の人は「私なんて」の後に自分の事をぐちぐちと話し出す人が多いからです。

この言葉が口癖の人が身近にいたら、話が長くなる可能性が高いので、すぐに「私、ちょっと用事があるから」とその場を立ち去るようにしましょう。

自分自身がこの言葉が口癖になってしまっている人は、今すぐにやめるようにしましょう。

周りの人は大人だから言わないだけで、実は心の中で関わりたくないと思っている人が多いです。

代わりにポジティブな言葉を口癖にする事で嫌われる人から好かれる人になる事ができます。

似た言葉に「どうせ」という言葉もあります。

これも、マイナスの言葉なので人に嫌がられる口癖です。

これが口癖になっている人も徐々にやめるようにしましょう。

2.「いや、それは~」

「いや、それは~」も人に嫌がられる口癖です。

最初に否定から入る事で、相手の意見を拒否しているからです。

これが口癖の人は、自分の意見が絶対に正しいと思っている事が多いです。

そして他の人の意見は決して聞き入れません。

相手の意見を聞き入れる事は、負けだと思っているからです。

非常に負けず嫌いで、何を言っても聞き入れないとても厄介な人です。

柔軟性が無いので、周囲の人も「この人には何を言っても無駄」だと思っています。

この口癖の人が周りにいる時は、絶対に自分の意見を曲げないのであまり相手にしないようにしましょう。

それか相手の言う事に反論せずに適当に聞き流す事で相手は「この人は納得している」と思うので、会話を短くする事ができます。

自分がこれが口癖になってしまっている人は、今すぐやめましょう。

会話をしたくない人だと思われてしまうので、そのうち周囲の人が話をしてくれなくなってしまいます。

相手の言う事を受け入れ、その上で自分の考えを述べる事で会話をしたい人になる事ができます。

3.「私が~してあげた」

「私が~やってあげた」等「私が~してあげた」が口癖の人は人に嫌がられやすいです。

した側は「私が~してあげた事で皆が感謝している、満足している」と思っていますが、実は相手からしたらありがた迷惑になっている事が多いです。

それに、本当に助かったのしても「私が~してあげた」という余計なお節介な行動や言動は相手に不快感を与えてしまいます。

ですので、相手は非常にウンザリしている事が多いです。

それに、これが口癖の方は見返りを求めている事が多いです。

「あの時、私が~してあげたよね?」といい、自分が困った時に相手に無理に協力してもらおうとします。

周りにこれが口癖の人がいたら、できるだけ「自分一人でやってみます。

大丈夫です」と言い、できるだけ一人で頑張るようにしましょう。

最初からこれが口癖の人に忙しい事や困っている事を悟られないようにする事も大切です。

4.「疲れた」「だるい」「しんどい」

人に嫌がられる口癖で特に嫌がられやすいのが、この「疲れた」「だるい」「しんどい」といったネガディブな言葉です。

特に、ここ一番で頑張らないといけないときにこの言葉を口癖のように言う人は嫌われるどころか無視をされてしまう事もあります。

この言葉を言う心理には一生懸命やるなんてかっこ悪い、だるい雰囲気を出している自分がかっこいいと勘違いしているケースがとても多いです。

ですが、それは違います。

やはり、一生懸命何かに取り組んでいる人こそ本当にかっこいい人です。

それを否定する人は人から嫌われてしまいます。

周りにこれが口癖の人がいたら、その人の存在は無視して自分は一生懸命努力をしましょう。

「だるい」「疲れた」が口癖で何もしない人と努力をして前向きに、ひたむきに頑張っている人のどちらが魅力的なのかは一目瞭然です。

多くの人があなたのそんな姿を見て「自分も頑張ろう」と思ってくれます。

自分自身がこれが口癖の人は、もちろん今すぐやめるようにしましょう。

そのうち誰からも相手にされなくなってしまいます。

「頑張る」「きっと努力は実る」等前向きな言葉を口癖にするようにしましょう。

5.「はあ」

何かを言う時にまず頭に「はあ」と口癖で言ってしまう人は、人から嫌がられやすいです。

適当に行動をしていると思われてしまうからです。

本気度がイマイチ伝わらない人は人から本気で相手にされなくなってしまいます。

ですので、物事を言う時は頭に「はあ」と言わずに言いたい事をスパッというようにしましょう。

そうする事で本気度が伝わります。

嫌がられる口癖はやめよう

言っていると人に嫌がられる口癖についてご紹介しました。

やはり、マイナスでネガディブな言葉を発する人は人から嫌がられやすい傾向にあります。

周りにこれらを口癖にする人がいるなら、自分にも悪影響を及ぼす可能性があります。

あまり関わらないようにしましょう。

また、自分自身がつい上記のような言葉を言ってしまうなら、今すぐやめましょう。

そしてポジティブで前向きな言葉を口癖にするようにしましょう。

そうする事で多くの人に愛されるようになります。