「わりと」が口癖の人の心理とは

最終更新日:2017年3月22日

自分自身や周りに「わりと」が口癖の方はいませんか?

そこには実は様々な心理が隠されているのです。

ここでは「わりと」が口癖な人の心理についてご紹介します。

1.物事をあまり深く考えない気持ち

「わりと」という言葉は、とても曖昧な言葉です。

ですので、物事をあまり深く考えたくない気持ちが強い心理の人はこの「わりと」という言葉が口癖になりやすいです。

物事を深く考える事が面倒で逃げていたり、自分の心に入って欲しくない、自分の本当の考えを読まれたくないという気持ちがが「わりと」という言葉で出ているのです。

周りにこのタイプの人がいる時は「わりと」という言葉を使い、深く考えないといけない時でもはぐらかして逃げている事が多いですので「もう少しよく考えて」等もう少し踏み込んで聞いてみましょう。

多くの場合はこれでしっかり考えるようになりますが、それでも深く考える事から逃げているようなら「まだもう少し考える事があるはず」とさらに踏み込んでみましょう。

自分がこのタイプの場合は、やはり深く考えるようにする事が大切です。

物事を深く考えずに出た言葉はやはりとても薄っぺらいです。

そしてその薄っぺらい考えは周りの人に見抜かれています。

薄っぺらい言葉ばかり使っている人は、周囲から信用されません。

皆、大人だから「この人の言葉は大した事ない」と思っていますが、聞いても無駄だと思うので深く聞かないだけです。

ですので、今のままではどんどん周囲から人が離れてしまいます。

ですので「わりと」という言葉を使う前に、もう少し深く考えるようにしましょう。

どんなに拙い言葉でも、深くしっかりと考えた言葉はきっと人の心を動かすことができるはずです。

もっと自分を信じて、きちんと考えるようにしましょう。

2.自分に自信が無い

「わりと」という言葉を使う事でハッキリとした事を言わずにすむ事は多いです。

ですので、この言葉が口癖の人は、自分に自信が無いので、ハッキリと自分の言葉を言うのが苦手という心理が考えられます。

このタイプの人は、自分に自信が無いので発言する回数が少なめです、したとしても「わりと」という言葉を使い、控えめな発言をする事が多いです。

ですので、このタイプ人に強めに「もう少し自分の考えをハッキリ言って」というのは逆効果です。

萎縮してしまい、より自分に自信が無くなって発言しなくなってしまいます。

ですので「あなたならもう一段階踏み込んで考える事ができるはず」とあなたならできるという言葉を強調して言うようにしましょう。

そして、考えを言ってくれた時は「その考えはとても参考になる」等褒めるようにしましょう。

そうする事で自分に自信が付くので、もっと積極的に意見を言ってくれるようになります。

自分がこのタイプの場合は、やはり自信を持って自分の意見を言えるようになる事が大切です。

自分の発言に自信を持つために大切な事は、考えに考え抜く事です。

これ以上の自分の意見は無いと思えるほどしっかり考える事で、自信を持って発言できるようになります。

それが例え受け入れられなかったとしても、自分の言葉で自分の意見を言えたという事に気持ちがスッキリとするはずです。

3.自分の考えに絶対の自信がある

実は、自分の考えに絶対の自信がある場合も「わりと」という言葉が口癖の人は多いです。

この場合「わりと」と言う言葉で柔らかい雰囲気は出しますが、その後に続く言葉が「自分はこう思う」等断定した、ハッキリとした言葉を使う事が多いです。

柔らかい言葉の後にハッキリとした言葉を使う事で意見が受け入れられやすくなる事をこの心理の人は知っています。

ただ、この場合心理の人は自分の考えが絶対だと思っています。

自分だけが絶対に正しい、他人が違う事を言ったとしても、自分が正しいから相手の意見はねじ伏せる事ができると思っています。

他人の意見を受け入れる事ができない、とても視野の狭い人間です。

ですので、周りにこのタイプの人がいた場合少々厄介です。

もし、同僚や年上の場合はできるだけ関わらないようにしましょう。

もし関わらないといけない時は、自分の意見を言うのではなく事実のみを淡々と述べるようにしましょう。

事実のみを淡々と言う事で話す時間を短くする事ができます。

年下の場合は、自分が絶対に正しいと思ったままでは成長する事ができないという事を分かってもらう事が大切です。

成長できる人は、いくつになっても新しい考えをどんどん受け入れる事ができます。

もっと成長してもらうために、凝り固まった考えは捨てて人の意見を受け入れるようにアドバイスをしましょう。

「わりと」が口癖の人の心理を知ろう

「わりと」が口癖の人は、上記のような心理が考えられます。

特に自分が物事を深く考えるのが面倒だったり、自分の心を見られたくないからという心理で使っている場合は、実は相手にそれを見抜かれている事が多いです。

それに、意見をハッキリ言えない人は信用されないので、もう少しよく考えて自分の意見をハッキリと言うようにしましょう。

そうする事でもっと多くの人から信用してもらえるようになります。