「本当ですか」が口癖な人の心理や性格とは

最終更新日:2017年3月24日

口癖は人によって違います。

そんな口癖の中に「本当ですか」という言葉があります。

そんな「本当ですか」が口癖な人の心理についてご紹介します。

1.再度の確認することにより真実を引き出したい

「本当ですか」が口癖の人は、再度の確認をする事により真実を引き出したいという心理が強い人です。

それがどんなに自分にとって辛い事でも真実は真実としてしっかりと知りたいと思う事ができるとても強い人です。

非常に現実主義で、理想よりも現実、今を大切にするタイプです。

また、真実に一人で耐える強さも持っています。

他の人と理想を分かち合う事もありませんし、一人でいる事も平気なタイプなので、周りの人からは少々冷たい人に思われている事が多いです。

周りにこのタイプの人がいて、自分が現実だけではなく理想も大事にしたい場合はお互い正反対なので話が合わない事が多いです。

ですが、理想も現実もどちらも大切です。

理想ばかりで現実を無視してしまうと色々な事に失敗しやすくなりますし、逆に現実ばかり見て理想が自分の中に無い人は現状が良ければそれで満足してしまうので、成長する事が無くなってしまいます。

理想も現実も両方大事にできるのがベストです。

ですので、お互い避けるのではなくしっかりと話をするようにしましょう。

自分がこのタイプの場合は周囲の人から少々面倒な人だと思われている可能性があります。

「本当ですか」と言われると相手は「自分は全てを話したのに、再度確認されるのは腹が立つ」と思うからです。

この口癖は相手を疑う口癖なので、できるだけ使わないようにしましょう。

本当に真実かどうか確認したい時だけ「本当ですか」と尋ねるようにする事で口癖のように使うよりか真実を引き出しやすくなります。

2.猜疑心が強い

「本当ですか」を必要以上に使う人は、とても猜疑心が強い人です。

このタイプの人は基本的に人を信用していません。

ですので、つい口癖として「本当ですか」と言ってしまいます。

このタイプは、酷くなると家族や友人、恋人すら信用できないという人もいます。

自分以外は全部敵だという心理から簡単に人の言う事を信用できずにいます。

人の事を全く信用できないので「本当ですか」と聞いてそれが本当かどうか確認します。

このタイプの人が周りにいるなら、始めに「最初から本当の事しか言わないから聞いて」と相手に「本当ですか」と使う隙を与えないようにしましょう。

そして、相手の目を見てしっかりと真実のみを淡々と話すようにする事で真実味が増すので、相手はすんなりとその話をすんなりと受け入れるでしょう。

自分がこのタイプの場合は、猜疑心が強いままだとこのまま年をとった時誰も信用できる人がいないままになってしまいます。

誰も信用できる人がいない人生をおくり後悔した人は多いです。

ですので、今のうちに誰か信用できる人を作るようにしましょう。

そのためには「本当ですか」という疑いの言葉の口癖を今すぐやめるようにして、相手の話をすんなり受け入れるようにしましょう。

疑われると、相手がせっかく心を開いて話してくれていても「感じの悪い人。

仲良くなれそうにない」と心を閉ざしてしまいます。

ですので、相手がせっかく心を開いて話してくれているのですから、こちらも心を開いて話すようにしましょう。

そうする事でお互い心を開いて話せるようになります。

これは、友達を作る時、彼氏を作る時、どちらでも共通して大事な事です。

そして一度仲良くなる方法を見つけたら、どんどん多くの人と仲良くなる事ができます。

3.ただの相槌としてつかっているだけ

特に若い人に多いのが「本当ですか」という言葉をただの相槌として使っているだけという心理の人です。

この心理の場合、特に深い意味はありません。

「うん」や「へえ」と一緒で、単なる相槌としての意味しかありません。

周りにこのタイプの人がいて、いくら癖とは言え多用するならやはり疑われているような気がして気持ちがいいものではありません。

ですので「本当だよ。

ひょっとして疑われてる?」と冗談っぽく言ってみましょう。

そうする事で自分の口癖で相手を傷つけた事に気がつくでしょう。

また、自分が上の立場なら「「本当ですか」が口癖になってるよ」と指摘してあげましょう。

そうする事で口癖を直してくれるようになります。

自分がつい使ってしまう場合は、はやり早く直す事を意識するようにしましょう。

人を疑う言葉を口癖にしてしまうのは今後の自分のためになりません。

どうしてもという時以外は控えるようにする事でお互い気持ちよく会話をする事ができるようになります。

「本当ですか」が口癖な人の心理を知ろう

「本当ですか」が口癖な人の心理についてご紹介しました。

「本当ですか」は人を疑う言葉です。

ですので、どの心理であれ会話をする相手を不快にさせてしまいます。

ですので「本当ですか」が口癖になっている人は今すぐにやめるようにしましょう。

そして、本当に信じられないような話を聞いた時のみ使うようにしましょう。

この口癖をやめる事でお互い心を開いて会話を楽しめるようになります。